渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 冬花火
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

冬花火

2018/12/09 Sun

    火のあればすなはち囲み冬花火

        (ひのあればすなわちかこみ ふゆはなび)


    もの足りぬほどなるが良し冬花火 /むく

        (ものたりぬほどなるがよし ふゆはなび)



 電飾祭~山中湖花の都公園~ (2018.12.9 山中湖:山梨県)

 天地創造 (The Creation)

by Kahlil Gibran (1883.1.6 – 1931.4.10)
訳・渡邊むく

神は自らの命を一つ分けて、美しい女を創られ、
その命に、あらゆる麗しさと優しさの祝福を注がれた。

神は、女に幸せを注いだ盃を授けて、こう戒められた。
「過去と未来を忘れ去らない限り、この盃から飲んではならない。
幸せは一瞬に他ならないものだから。」

また神は、女に悲しみを注いだ盃を与えて、こう諭された。
「この盃から飲みなさい。そうすれば、
生きる喜びの中で刻々と失われてゆく、瞬間の意味が解るだろう。
悲しみはいつ暮れなく充ちているものだから。」

神は、女がこの世に飽きて溜息を吐いたりすることがないように、愛を授け、
お世辞を言われて白けたりしないように、愛らしさを授けられた。

そして神は、女がいつも正しく生きてゆけるように、天の知恵を授け、
見えないものを見る眼を、女の胸の奥に入れ、
生きとし生けるものを愛し慈しむ心を、女の中に創られた。

また神は、天国の天使たちが虹の弦を紡いで織った希望の衣を、女に着せられた。
そして、女を生命と光の夜明けの先触れである混沌の闇の中にしまわれた。

それから神は、怒りの炎を燃やす炉から、乏しい残り火を取り、
無知の荒野から、干からびて息も絶えかけた風を取り、
勝手気ままに流れる河の岸から、角の立った砂を取り、
老いの山すそから、ささくれ立った粗土を取ると、
それらを混ぜ合わせて、男を創られた。

神は男に、欲望が満たされるまでは鎮まることのない
熱情を駆り立てる盲目の力を授け、死の亡霊の命を吹き込まれた。

その可笑しさに、神は涙を流してお笑いになった。
そして、男をいとおしく、また憐れに思われた神は、
男を手元に置いて自らの手で導くことにされた。



 電飾祭~山中湖花の都公園~ (2018.12.9 山中湖:山梨県)


 (2018年12月9日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

お忙しい中連日の写真&俳句UP本当に凄いですね。
愈々冬に突入した感のある寒い日です。(^_^;)

Re: No title

みなとさま

> お忙しい中連日の写真&俳句UP本当に凄いですね。
15年以上も昔、つれづれに訳した詩などを^^

> 愈々冬に突入した感のある寒い日です。(^_^;)
拙切には至りませんが、こちらも、きのうは束の間でしたが初雪がありました。
日中の気温も5度以下、夜は-5度ぐらいまで冷え込むようになりました。
けっこう応えますね^^
野鳥も餌の豊富なところへ移ってゆくものが多いようです。
何種類かの鳥は見られますが。
これからどんな景色に変わってゆくことやら^^

コメントありがとうございました。

こんばんは!

お忙しいのでしょうか?
UPが無いので 少し心配してをります(*'▽')
本日は、忘年句会でした。
風が強くとても寒い夜です。

Re: こんばんは!

みなとさま

> お忙しいのでしょうか?
> UPが無いので 少し心配してをります(*'▽')
> 本日は、忘年句会でした。
> 風が強くとても寒い夜です。

ご心配をおかけしました。
目を病んでおりました。
もう大丈夫です。
山中湖も早朝は-10℃以下まで冷えるようになりました。
みなとさんにとって今年も良い一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR