渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ まゆみ(檀、真弓)の実

 
   The Forgotten Season (2018/11/09)

FC2ブログ
むささびや山の疲れをさする夜

まゆみ(檀、真弓)の実

2018/11/05 Mon

    実のはぜて真弓いよいよ真くれなゐ

        (みのはぜて まゆみいよいよまくれない)


    まゆみの実ついばむ鳥を見し嬉し

        (まゆみのみついばむとりをみし うれし)


    まゆみの実たんとついばめたんとまけ /むく

        (まゆみのみたんとついばめ たんとまけ)



 コゲラ (2018.11.1 山中湖:山梨県)


 マユミの実

 赤くなったマユミの実が好きだ。
 食べるのがではなく、観るのが。
 この赤くて小さなかわいらしいものが好きなのは、男だからか。
 ガンコちゃんと私とでは、マユミの実に対して少し体温の差があるようだ。

 秋になって四角いマユミの実を見ると、赤く色づく日を心待ちにしている自分がいる。
 実が赤くなれば、それが割れて中からもっと赤い種が顔を覗かせる日が楽しみになる。
 実がたくさん付いたマユミの木は、山に紅梅が咲いたかと思うほど艶やかな風情を醸す。

 マユミの木は実が赤くならないと目立たない。
 五月頃に小さな白い花を咲かせるが、いろいろな樹木が花を咲かせる季節の中では、目を惹くことはない。

 今年の秋、山中湖で驚いたことの一つはマユミの木の多さである。
 マユミの実は、コゲラのほか、メジロ、ヤマガラ、スズメなども食べるという。
 鳥たちが実を食べてあちこちに排泄してくれないと、マユミの木は殖えない。
 落ちた種が鳥の糞にまみれていることも、芽を出すための条件なのではないかと思う。

 山中湖には野鳥が多い。
 だからマユミの木も多い、ということだろう。

    しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 /後藤比奈夫



 マユミの実 (ストック写真)


 (2018年11月5日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

たんと


  まゆみの実たんとついばめたんとまけ /むく

あぁ「たんと」がいいですねぇ

Re: たんと

こんのさま

>   まゆみの実たんとついばめたんとまけ /むく
> あぁ「たんと」がいいですねぇ
ありがとうございます。
「たんとおあがり」っておばあちゃん言葉ですかね(笑。
「天童の家」と、併せて「驢馬の耳」も、リンクさせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR