Moon Over Water - Updated: September 17, 2018

FC2ブログ
花野行くディズニーランドを行くごとく

常夏(とこなつ)

2018/08/25 Sat

    常夏の月のペナンに不時着す /むく

        (とこなつの つきのぺなんにふじちゃくす)



 秋蝶 (2018.8.25) 山中湖:山梨県)


 朝食前に軽く散歩。
 散歩から帰って朝食が済んだら仕事、というつもり。
 ところが、その軽い散歩がついつい長くなってしまう。

 秋あざみに蝶が止まって蜜を吸っているのを見れば足が止まる。
 白い蝶が、次第に妖精の国の王女に見えてくる。
 蝶の接吻を受ける薊はアポロンか。

 あちこちから賑やかに鳥の声が聞こえてくる。
 大きく明るい声のイカル(斑鳩)。
 黒ツグミもまだ鳴いているようだ。
 地鳴きになったキビタキ(黄鶲)の声。
 あるいは雌のキビタキかもしれない。
 …と、気が付けば日がだいぶ高くなっているという具合。

 台風の通過で昨夜までは雨と風が強かった。
 富士山から流れ落ちてくる鉄砲水を誘導する普段は空っぽの水路の底を、今朝はさらさらと水が流れている。
 風で折れた小枝、落ちた青胡桃や青栗などが、木の葉とともに道いっぱいに散らばっている。

 折れた痛みがまだ残っている枝が放っているのであろう樹脂の匂い。
 落葉松(からまつ)のものだろうか。

 逞しくどこにでも生い茂るイタドリ(虎杖)の白い花。
 血管のように茎の赤いアカソ(赤麻)の穂花。
 萩、すすき、ひよどり花、ミズヒキソウ(水引草)、キンミズヒキ(金水引)、ギンミズヒキ(銀水引)、ヌスビトハギ(盗人萩)などなど。
 まことに千草、八千草の秋の到来。
 標高千メートルでは、さすがにクズ(葛)はほとんど見かけない。

 富士山五合目に登った折に、既に嘱託と思われるお齢の林野庁の方に教えていただいたイタドリの話は面白かった。
 落葉松は五合目(標高約2,400メートル)あたりでは生育しないのだが、まずイタドリが生育して、その腐葉土を栄養として落葉松が生育するようになるという。
 こうして、富士山に落葉松が生育する限界標高が少しづつ高くなっていくのだそうだ。
 目の前を指さしてコケモモだと教えてくださったり、富士山での松茸の見つけ方まで伝授してくださったその方は、宝永山の火口周辺の景色をこよなく愛しておいでだった。

 山中湖周辺には楽しみたい場所や楽しみたいものが山ほどある。
 冬でないと目にすることが出来ないものもいろいろ。
 冬になってからも、天気が良いときにはたまに来てみようか…などと思ったり。
 寓居はどちらかと言えば夏仕様のリゾートマンションなので、防寒対策工事をする必要はありそうだが。

 善は急げ!
 ガンコちゃんが首を縦に振ってくれそうな今のうちに…。
 
 暗さの残る朝の林道の薊に止まっているうちに、ふと掲出の古い拙句を思い出した。
 不時着した時ではないが、しばらく滞在したことのあるペナン島は蝶の島として知られている。


 (2018年8月25日 山中湖にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

こんにちは♪

ベナン島とはマレーシアの方ですね。
常夏の島から今は標高1000mの山荘で・・
辺りはすっかり秋模様ですのね。

イタドリを腐葉土として落葉松が成育する話、面白いですね。
自然はうまく回っているのですね。
でも台風はそんなにたくさん来て欲しくないですよねぇ。
8月でもう20号です。。

Re: こんにちは♪

miyakoさま

> ベナン島とはマレーシアの方ですね。
植民地時代の面影が濃い島の中心となる町ジョージタウンは世界遺産にも登録されています。
ヘルマン・ヘッセやサマセット・モームといった文人が愛した町です。
3週間ほど滞在したことがありますが、シーフードが美味しかったです♪

> 常夏の島から今は標高1000mの山荘で・・
> 辺りはすっかり秋模様ですのね。
黄落、蔦紅葉もちらほら。
秋らしさが日に日に増してきました。

> イタドリを腐葉土として落葉松が成育する話、面白いですね。
> 自然はうまく回っているのですね。
落葉松は松の種類の中では唯一落葉することで知られていますね。
落葉松が黄葉して大金屏風となった富士山の山肌はなかなかの景ですよ^^

> でも台風はそんなにたくさん来て欲しくないですよねぇ。
> 8月でもう20号です。。
今年は台風の多い年ですね。
ガーデニングも大変かと。
花の都公園のひまわりは台風前に切り倒され、百日草が再び主役の座に就きました。
災害を伴う台風はもう終わりにして欲しいものですね。
コメントありがとうございました♪
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR