渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 新盆(にいぼん) / 蝉の声

 
   The Forgotten Season (2018/11/09)

FC2ブログ
むささびや山の疲れをさする夜

新盆(にいぼん) / 蝉の声

2018/07/22 Sun

    新盆や妣の俳画に我が一句

         (にいぼんや ははのはいがにわがいっく)



 シジュウカラ(幼鳥) (2018.7.18) 山中湖:山梨県)


 およそ二百枚ほどある義母の俳画を、アルバムの写真を見るように一つ一つ味わいながら整理した。
 ご自分のお句や古今の名句を俳画にしたものだが、その中に思いがけず私の句も一つあった。



    胎内で聞いた気がする蟬の声 /むく

         (たいないできいたきがする せみのこえ)


 2001年か2002年頃に、初めて訪ねた走水神社(横須賀市)で詠んだ句だ。
 詠んだ句を下手な字で墨書しては義母にご披露していたが、この句だけはご披露するのをためらった記憶がある。
 数年経ったある日、義母をお訪ねした際に口頭でご披露したところ、「あら、いい句じゃない」と仰っていただいてホッとしたことを覚えている。
 母の所望でその場で墨書したことも。

 俳画を見ながら、「蟬しぐれ」ではなく「蟬の声」だったことに気が付いた。
 いつの間には、私の記憶の中では「蟬しぐれ」に変わってしまっていたのである。

 改めて比べてみると、「蟬しぐれ」では拙い。
 だんぜん「蟬の声」のほうが良い。
 直しておくことにする。

 自慢にはならないが、私の俳句のほとんどは詠んだらブログという倉庫に格納しておくだけで、整理などしたことがない。
 インターネット上で俳句を始めたからそういう癖が身に着いたのだが、おかげで、現在のブログを始める以前に詠んだ句は、当時のホームページやブログの消滅とともに全て無くなってしまった。
 ネット上から消滅した句は記憶だけが頼りで、心もとない限りである。

 「忘れた句は忘れてもいい句」などとうそぶいてもきたが、投稿した拙句を真剣に選句して下さる方々のお骨折りを思うと、これは傍若無人の傲慢な態度であり、許されるべきことではない。
 私はインターネットから生まれた奇形の俳句未熟児なのだ。
 そう思って改めることにする。

 インターネットには強みもあるが弱みもある。
 強みの一つは情報発信がリアルタイムで行われること。
 弱みの一つは人間の「心」の交感が放置されること。
 俳句は電子計算機の世界ではなく五つ玉算盤の世界だと教わった。
 つまりは何よりも人間性を尊ぶ世界。

 義母にはたくさんの駄句をご披露したが、俳画にして下さったのはこの一句だけ。
 大切にしておきたい。



 シジュウカラ(幼鳥) (2018.7.18) 山中湖:山梨県)


 今日(7月22日)は「雛」の横須賀吟行会。
 「雛」の句会に参加するのは約一年ぶり…汗顔の至りである。
 何より、ご無沙汰をお詫びしてきたい。
 持病の胃痛がひどくならように、力を抜いてハイクしてきたいとも思うが…俳句は二の次で良い。

 句会が終わったら、またハイウェイバスで山中湖へ。
 インゲンやジャガイモが収穫を待っている。


 (2018年7月22日 横須賀にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

こんばんは!

胎内で聞いた気がする蟬の声 /むくさん

良い句ですね~ みなとは、蝉の声の方が好きですよ(*'▽')
横須賀吟行会は、いかがでしたか?
皆様に囲まれて楽しかったことでしょう(^^♪

本日、俳句界8月号が届きました。
むくさんの句もありましたね。御目出とうございます

みなとは、全没!!忘れる位前にも有りましたから
2度目の全没!!でした。
御嶽海の様に (笑) 地道に努力します(*'▽')

Re: こんばんは!

> 胎内で聞いた気がする蟬の声 /むくさん
> 良い句ですね~ みなとは、蝉の声の方が好きですよ(*'▽')
ありがとうございます。
義母のお陰で救われた思いです。

> 横須賀吟行会は、いかがでしたか?
> 皆様に囲まれて楽しかったことでしょう(^^♪
俳句は座の文芸と改めて。
あまりの暑さに良い句は詠めませんでしたが(笑。
老師には無理をされないよう、幹事が引き止めたということで、師にお会いできなかったことが残念です。
体調次第ですが、来月は山中湖からバスで東京の吟行会に行って来れたらいいなと思っています。

> 本日、俳句界8月号が届きました。
> むくさんの句もありましたね。御目出とうございます
ありがとうございます。
推敲の余地が大いにあったと思える句でしたが。

> みなとは、全没!!忘れる位前にも有りましたから
> 2度目の全没!!でした。
本当にめずらしいことでしたね。
他でもまたすばらしい賞を受けられたりと大活躍のみなとさんの輝きは微塵も翳りません。

> 御嶽海の様に (笑) 地道に努力します(*'▽')
いよいよ大関取りですね♪
努力は苦手ですが、私も「地道」を心がけたいと思います。

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR