Yvonne

雲の峰北緯三十五度の海

梅雨の鳥

2018/06/12 Tue

    子へ運ぶ餌を咥へて梅雨の鳥 /むく

         (こへはこぶえさをくわえて つゆのとり)



 コムクドリ(雌) (2018.6.10 山中湖:山梨県)


 カメラを向けていたら 「早くあっちへ行け!」と怒られてしまった。
 子供たちが待っている巣が、すぐそばにあったらしい。

 


 コムクドリ(雄) (2018.6.10 山中湖:山梨県)


 先日は白鳥にも怒られてしまった。
 湖岸に立ってカメラを向けている私のところに4羽の子供たちを連れて泳いできたのは、愛嬌ではなく、餌を貰えると思ったかららしい。
 野鳥に餌付けをしない私は、餌になるものは何も持っていなかった。
 明らかに怒った表情の親鳥に、嘴で何度も突かれた。



 ヒヨドリ (2018.6.4 山中湖:山梨県)


 親鳥が雨の中で餌を捕っている光景には、物を思わされる。

 (2018年6月12日 山中湖にて)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR