渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 郭公(かっこう) / 夏鳥

 
   The Forgotten Season (2018/11/09)

FC2ブログ
むささびや山の疲れをさする夜

郭公(かっこう) / 夏鳥

2018/05/23 Wed

    白湯甘しかつこうの鳴く前に覚め

         (さゆうまし かっこうのなくまえにさめ)


    朝餉より夏鳥大事一万歩

         (あさげよりなつどりだいじ いちまんぽ)


    夜の明けてかつこう日の暮れてかつこう /むく

         (よのあけてかっこう ひのくれてかっこう)



 黄鶲(きびたき) (2018.5.22 山中湖:山梨県)


 2018年5月22日 (晴れ)

 東南アジアから渡ってくる夏鳥のキビタキ。
 標高千メートルの山中湖は少し寒すぎるのでは?などというのは要らない心配なのでしょう。
 どこに行っても美しい鳴き声が聞こえます。
 健気ですね。



 黄鶲(きびたき) (2018.5.22 山中湖:山梨県)


 冬鳥のジョウビタキもそうですが、キビタキも横に張った枝の上に姿勢よく止まります。
 枝に逆さに止まったりすることは出来ないのでしょうね。
 ウグイスのように葉に隠れてではなく、葉のない枝に止まることが多いので、その点では見つけやすく撮りやすいと言えると思います。



 椋鳥(むくどり) (2018.5.22 山中湖:山梨県)


 何かと思って撮ればムクドリ。
 でも、新葉の落葉松のに梢に止まっている姿はなかなか。
 馬子にも衣装?
 いや、シツレイ!



 菜園 (2018.5.22 山中湖:山梨県)


 花の都公園の貸し農園に行き、菜園にサツマイモの苗を植えてきました。
 他よりも少し畝を高くしました。

 先に植えたジャガイモが、しっかり芽を出していました。
 いただいた種芋のほうがよく伸びているのは種芋が熟成されていたからでしょうか。
 買って植えた男爵の芽はやっと出たところ。

 トウモロコシも芽が出たので、被せてあった不織布を取りました。
 まだしばらく取り外さなくてもいいように、不織布ではなくマルチにすればよかったかな。
 カラス、来るなよー!

 まだ空いたままの最後の1畝は豆類を植える予定。
 まだ発芽したばかりなので、もう少し育ってから。
 それまで、あと3日ほど室内で育てます。
 (置く場所がないので、晴れた日は車の中において昼は窓を開けておきます。
 今日は雨予報だったので、屋根のあるバルコニーに置いてあります。
 雨の降りが激しくなるようだったら…一緒に寝ます。)



 五月富士 (2018.5.22 山中湖:山梨県)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR