渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 秀句鑑賞-夏の季語:朴散華(ほおさんげ)

 
   The Forgotten Season (2018/11/09)

FC2ブログ
むささびや山の疲れをさする夜

秀句鑑賞-夏の季語:朴散華(ほおさんげ)

2018/05/21 Mon

May 21 2018

高浜虚子

    朴散華とは希望無し誇りあり
 
 川端茅舎(1897~1941年)の「朴散華即ちしれぬ行方かな」という句はよく知られている。朴の花は天上の花とも呼ばれ、白く、大きく、幽玄である。高い朴の木の上枝に下枝にと咲いた天上の花がいつの間にか散って消えてしまった喪失感は、確かに大きい。とぼけた詠いぶりゆえに悲しみを誘われる。
 同じ時期に詠まれた「我が魂のごとく朴咲き病よし」、「朴の花猶青雲の志」の句もある。死を前にして朴の花に格別の思いを寄せていた茅舎が偲ばれる。
 本題の虚子の掲句は昭和26年(1951)の詠とされる。茅舎が逝って4年後だが、門弟である茅舎の「朴散華(ほおさんげ)」の句は、強く虚子の頭に残っていたに違いない。
 茅舎を惜しんで詠んだと言われる「示寂すといふ言葉あり朴散華」という句もあるが、虚子の真意が奈辺にあったか私は知らない。示寂(じじゃく)は菩薩(ぼさつ)や有徳(うとく)の僧の死を意味する。
 対して本題の掲句は、むしろ晩年の虚子が自身の死を見つめる老境を詠んだものかと思う。辞書に、散華とは「①仏に供養するため花をまき散らすこと。特に、法会(ほうえ)で、読経(どきょう)しながら列を作って歩き、はすの花びらにかたどった紙をまき散らすこと。②花と散るの意で、戦死を美化して言う語。」とある。②が掲句の意味に当たらないことは無論である。
 間違った解釈かもしれないが、掲句には、生涯をホトトギスに賭け、未曽有の俳句文化を築いた稀代(きだい)の怪物虚子が、来し方を振り返ると同時に、自らの人生の花道を己の手で最後まで散華する秘かな決意を託した句と言えないだろうか。「誇りあり」はそういう意味に取れよう。
 「希望無し」は投げやりに吐いた言葉ではなく、古武士のごとく自負を包んだ言葉と読み解かなくては、句意を解することが出来ない。眩いばかりの境地である。(渡邊むく)

 【高浜虚子(たかはま・きょし): 明治7年~昭和34年(1874~1959)、愛媛県松山市生まれ。「ホトトギス」を主宰し、今日に直結している俳句文化の礎を築いた。】



朴の花




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさま

> 鍵コメントでしたのでこちらに返信しますね☆
鍵付きでしたか。
気が付かず、失礼しました。

> ロザリンド・フランクリンも掲載されていました!
> 38歳で亡くなるなんて、惜しすぎます・・・。
> ウィルキンスは一時の名声のために、後世を泥にぬってしまったんですね。
> 結局わが身可愛さ・保身のための卑屈な行動は、自分のためにならないんでしょうね。
> この世の真理を見たように感じます。
後世に語られるのが悲劇の主人公ですね。

> 「希望なく誇りあり」
> 幕末武士の姿を連想してしまいました。
拙文をお読みくださってありがとうございます。

> 自棄になるのではない。諦めるのではない。
> 覚悟する・・・という感じでしょうか。
> 独特の自尊心があるのかな。
> でも、なぜか好きな言葉です。
結果ではなく、最後まで努力し続けることが尊いということにもなるでしょうか。
と言葉では言えますが、何も努力しない酔生夢死の私の老境は卑屈です(笑。

コメントありがとうございました♪

No title

こんにちは、ミントです。

久々にここへ遊びにきてみました(*^-^*)
BGMはお休みですか?
とっても楽しみにしています。
再開していただけましたら、うれしいです。

こんにちは!

朴散華とは希望無し誇りあり

此方には、長文の俳句鑑賞ですね<(_ _)>
希望無し・・は、みなとの解釈は 間違っていた事が
今解りました。有難う御座いました(^^;

Re: No title

ミントさま

> 久々にここへ遊びにきてみました(*^-^*)
> BGMはお休みですか?
> とっても楽しみにしています。
> 再開していただけましたら、うれしいです。
BGM、ある閲覧者さまからない方がいいというご意見を頂戴して外しました。
何らか別の方法で季節に合ったBGMをお届けできるようにしたいと思います。
準備ができるまでもう少々お待ちくださいませ。

コメントありがとうございました♪

Re: こんにちは!

みなとさま

> 朴散華とは希望無し誇りあり
>
> 此方には、長文の俳句鑑賞ですね<(_ _)>
丁度いい機会と思って、思ってきたことをまとめてみました。

> 希望無し・・は、みなとの解釈は 間違っていた事が
> 今解りました。有難う御座いました(^^;
むくの解釈です^^
解釈は人によってそれぞれ、それでよいと思います。

今日、御殿場に寄って山中湖に来ました。
御殿場の旧宅?の庭の朴の花はすでに錆びていました。
今年は早かったのかもしれません。
これから咲くと思われる山中湖の朴の花を探そうと思っています。

朴の花と虚子、その門人たちの俳句のことは、御殿場で朴の花を親しく観るようになってから考え続けています。
山中湖がその考えをまとめる場所だと思っています。
浅学で見当違いなことを書いているかもしれません。
これから山中湖で勉強してゆきたいと思っています。

それにしても、初夏とは思えないくらい今夜も冷えます。
明日の朝の最低気温は5℃だそうです。
横須賀と比べると、標高100mにつき0.6℃という気温の変化率は当てはまっていません。
周辺の富士吉田や河口湖と比べても山中湖は寒いです。
こんなに寒いところだとは思わず、ちょっと後悔…なんて言ったらみなとさんに笑われますね(笑。

コメントありがとうございました♪

こんばんは!

明日の朝当地は、10度 日中は、17度の予報ですから
本当に寒い所なのですね。( ..)φメモメモ

>今日、御殿場に寄って山中湖に来ました。
 御殿場の旧宅?の庭の朴の花はすでに錆びていました

 探求心・・感心して居ます!
 それが有るから 物知りなのですね(^_-)-☆
 何時も宵っ張りですが ・・
 オヤスミナサイ(@^^)/~~~

Re: こんばんは!

みなとさま

> 明日の朝当地は、10度 日中は、17度の予報ですから
> 本当に寒い所なのですね。( ..)φメモメモ
えっ、山中湖のほうが寒い?
その時にもよるでしょうが、道理で(笑。
>
> >今日、御殿場に寄って山中湖に来ました。
>  御殿場の旧宅?の庭の朴の花はすでに錆びていました
>
>  探求心・・感心して居ます!
>  それが有るから 物知りなのですね(^_-)-☆
いつも不勉強を恥じています(~_~;;
知っているのは知っていることだけで、知らないことのほうが遥かに遥かに多いと思っています。
せめて、知る機会があるもの対しては敏感でありたいと。
いちばん敏感なのは食べ物に対してです(笑。

コメントありがとうございました♪
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR