渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 春暑し / 桜道(さくらみち)
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

春暑し / 桜道(さくらみち)

2018/03/30 Fri

    阿夫利嶺に空を塞がれ春暑し

         (あふりねにそらをふさがれ はるあつし)


 昨日の日記の続きを。

 御殿場に行く道すがら、桜を愛でに行く場所は東名高速道秦野中井インターから近い厳島湿性公園と決めた。
 この園には、去年の夏に一度カワセミを見に訪ねたことがある。
 池の畔(ほとり)に桜が植えられていたことを覚えている。
 いわゆる「桜の名所」ではないようだが、運よく桜をバックにカワセミの写真でも撮れれば、と。



行きずりの春 (厳島湿性公園:神奈川県横秦野市)


 晴れた大空にどっかりと立つ大山(阿夫利山)を見ながら厳島湿性公園へ。
 公園入口の磴(とう)の上から見下ろすと、こんな花景色が待っていた。



池畔の桜 (厳島湿性公園:神奈川県横秦野市)


 池畔(ちはん)に三脚を立ててベンチに腰を下ろして鳥を待つ人や、カメラを手にした散策の人が十人余り。
 カメラマンの一人が「カワセミはもう来なくなった」と教えてくれた。

 出店一つなく、ひたすら長閑なお花見。
 木道を渡り来る着物姿も混じった数人と、会釈を交わして無言ですれ違ったり。



春惜しむ (厳島湿性公園:神奈川県秦野市)


 花の下で語らう人の邪魔にならないように。

 佳き桜に出会えて満足。



「桜街道」 (はだの桜みち:神奈川県秦野市)


 神奈川県で一番長いと言われる、全長6.2kmの秦野市の桜道。
 秦野はたしかに桜の町だ。
 この近くには「桜ソフトクリーム」を売っている店もあった筈、などと思い出すほど夏めく陽気の中を、御殿場へと向かう。



    信号のすぐ青になる桜道 /むく

         (しんごうのすぐあおになる さくらみち)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

こんにちは♪

全長6.2kmの桜道すごいですね
一度 通ってみたいです
素晴らしい桜の町ですね^^
 

Re: こんにちは♪

トマトの夢3さま

> 全長6.2kmの桜道すごいですね
> 一度 通ってみたいです
花のトンネル、道が狭すぎても広すぎてもというところがありますね。
広めの道でしたが、樹齢を重ねた樹ばかりだったので、道幅にぴったりフィットしていました^^

> 素晴らしい桜の町ですね^^
桜を愛し、桜を大切にしている町の人たちの心が伝わってきました^^

コメントありがとうございました。
>  
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR