灯籠や今も引揚桟橋と むく

鹿の声

2017/08/06 Sun

    たじろげり鹿の尻声とは知らず /むく

         (たじろげり しかのしりごえとはしらず)

 推敲: 元の句「たじろげり鹿の尻声知らずして」を推敲。(2017.8.9)



愛鷹山遠望 (2017.7.15 足柄峠:静岡県駿東郡小山町)



御山が見えない裾野の景色 (2017.8.3 越前岳(愛鷹山)登山道:静岡県裾野市)


 8月3日 越前岳登山 (2)

 十里木高原の愛鷹山登山道入口から越前岳を目指す。
 登り始めてほどなく、一人で下山してくる三十代ぐらいの男性に遇う。
 「道はどうでしたか?」と訊ねる。
 「ぬかるところもありましたが、大丈夫です。」
 心強いひと言。

 雨上がりの濡れた土に、人の足跡に混じってけものの足跡やけもののものらしい真っ黒な野太い糞が。
 鹿の糞ではない。
 猪か熊か…。
 緊張が走る。
 道を進むにつれて、けものの臭いも漂ってきた(気がする)。

 電波塔から馬の背展望台を目指していると、近くの笹むらの中から「ヒー!」という鋭い音が。
 けものの声らしい。
 さわさわと笹の擦れる音がする。
 けものが動いたようだ。
 一声だけで、それきり啼き止んだ。

 熊ではなさそうだ…猪か?
 一人歩きが心細くなる。
 進もうか、引き返そうか…と立ち止って思案する。
 さっき見たけものの糞を思い出す。
 無理はすまい…と引き返すことに。

 少し下ったところで、一人で登って来る七十才前後の男性に遇う。
 「それは鹿の声でしょう。
 鹿は人間を襲ったりしません」と。
 ホッとして、再び登ることにする。

 馬の背展望台まで、その人と一緒に登る。
 かなりの健脚ぶりである。
 富士市にお住まいと言うその人は、この愛鷹山に年間二百回ほど登ると言う。
 「運動のために来ているので、いつも頂上まで登るわけではありません。
 知合いの登山者も多くいますが、熊に遇ったという人は誰もいません。
 下の案内板に「熊出没注意」の張り紙がありましたね。
 駐車場横の草原に出たそうですが、おそらく迷い熊でしょう。」
 
 馬の背展望台でその人と別れ、ふたたび一人で頂上を目指す。
 道が険しくなる。
 平地よりはだいぶ開花が遅く草丈も低いシモツケソウ(下野草)の薄紅色の花が、勾配を登る鼻先にくっつきそうになる。
 山毛欅(ぶな)の木が多い木の根道と角の鋭い岩の道が続く。

    びいと啼く尻声悲し夜の鹿 /芭蕉

 つづきは次回記事で。





色づき始めたガマズミの実 (2017.8.3 越前山(愛鷹山)登山道:静岡県裾野市)


シモツケソウ (2017.8.3 越前山(愛鷹山)登山道:静岡県裾野市)



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR