灯籠や今も引揚桟橋と むく

夕ひぐらし / 夕焼 / 焼酎

2017/08/02 Wed

    夕ひぐらし麓の駅のまだ遠く

         (ゆうひぐらし ふもとのえきのまだとおく)


    拝みしと焦土に伏して夕焼け富士

         (おがみしと しょうどにふしてゆやけふじ)

 追記: 元の句「西日富士焦土に伏して拝みしと」を推敲。(2017.8.3)


    「焼酎」と堂々と言ひ若者ら /むく

         (しょうちゅうとどうどうといい わかものら)



2017.8.2 金時山への次の登山ルート (Google Mapにプロット)


 バースデー記念登山ルートを計画したのですが、あいにく昨日も今日も雨。
 足の疲れもだいぶ取れたので、晴れそうな明日こそ…。
 でも、熊が出そうな道だなぁ。
 一人で登るので、やっぱりサバイバル用のナイフぐらいは用意すべきかも。
 金太郎や大山倍達にはほど遠く、熊に勝てるかどうか…あんまり自信ないですけど。

* * 焼酎 * *

 居酒屋で堂々と「ホッピー!」と言う仲間たち。
 焼酎がだんだんメジャーになってゆくのを見て…世の中変わるぞ!と思った学生時代。
 「下町のナポレオン」(いいちこ)という大分の麦。
 何もなくても全てを持っていると思えたあの頃。



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR