富士初雪落葉松の大金屏風

黄鶲(きびたき) / 冬籠り

2017/05/16 Tue

    雨晴れて黄鶲に顔ゆるぶ朝
 
         (あめはれて きびたきにかおゆるぶあさ)


 追記:元の句「黄鶲に顔ゆるむ朝雨も晴れ」を推敲。結局最初に戻ったケース。(2017.5.17)


    冬籠り角煮もやはり妻が上
 
         (ふゆごもり かくにもやはりつまがうえ)



愛鳥 (2017.5.6 東山界隈:静岡県御殿場市)


 5月10日に始まった愛鳥週間は今日で終わり。
 この写真は愛鳥週間用に撮ったのでしたが、前回横須賀に帰った時に、カメラのメモリーカードを御殿場に置き忘れてしまったので、今になっての掲載です。(;'∀')

 去年の今ごろはこんな句を詠んだものです。



    バードウィーク鳥観るための家探し /むく
 
         (ばーどうぃーく とりみるためのいえさがし)


 我ながら呑気なものだと、つくづく…。
 決まったから句に出来たようなものですが。

 鳥観るためか、富士見るためか…。
 言えることは、元気をもらうため♪



キビタキ (ストック写真より)


 キビタキ君、なかなか撮らせてくれませんが、たった今も寓居の庭でいい声で鳴いています。
 今朝、「どこからやって来たの?」と聞いたら、「ボルネオ~♪」。
 ホントかウソかは分かりません。

 ボルネオ君、いえ、キビタキ君を、撮らせてもらおうとしたら足元にシマヘビ!
 ヘビを撮ってブログに掲載しても、喜んで下さる方はいないだろうなぁ…。
 と、シマヘビを追い払っているうちに、「バイバ~イ!」とキビタキ君。
 至近距離で絶好のチャンスだったのに…泣けました。


イカル (2017.5.4 東山界隈:静岡県御殿場市)


 イカルを撮れたのは初めて♪
 もう少し良い角度で撮れればよかったのですが…。


* * * * *

 角煮、夏籠りよりは冬だろうと、また嘘を。
 まぁ、四季を問わずに食べていますから。
 (たまにですが。)

 嘘を吐いても良い理由もあるのですが、ま、それは措いておきます。
 秋の嘘から冬の嘘、次は春の嘘かな♪



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

コメントを有難うございます。
ハマナス自生の南限地は島根県だとのことですが、近くの浜辺を歩いていて二か所も見つけた時はビックリしました。

Re: No title

ちょびさま

> ハマナス自生の南限地は島根県だとのことですが、近くの浜辺を歩いていて二か所も見つけた時はビックリしました。
そうですか、島根県が南限。
貴重なハマナスですね。
大切になさっている理由の1つだったんですね。
二十歳の頃、伊豆半島で見たハマユウの北限が三浦半島の城ケ島だと聞いて、それも見に行ったことがあります。
その後、房総半島の、しかも少し内陸部に見事に咲いて(栽培)いるのを見て驚いたことが。
北限が更に北上している植物のことをよく耳にします。
温暖化の影響とすれば、南限はどうなるのでしょうね。
ミカンの北限が伸びるのはよいとしても、リンゴの南限まで北上すると困りますね。
ハマナスの花は私も大好き。
これからもどうぞ大切に。
コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR