旅は秋パンとチーズと地のワイン

著莪(しゃが) / 著莪の花

2017/05/05 Fri

    小流れの水無き床に著莪の花

         (こながれのみずなきとこに しゃがのはな)


    著莪の花なぎ倒し行く農耕機

         (しゃがのはな なぎたおしゆくのうこうき)


    竹林を抜け行く径著莪の花

         (ちくりんをぬけゆくこみち しゃがのはな)


    著莪ですと教えつ門を潜る人

         (しゃがですとおしえつ もんをくぐるひと)


    富士見むと出づるや著莪の花かしこ /むく

         (ふじみんといづるや しゃがのはなかしこ)


 追記:元の句「富士見むと出でてかしこに著莪の花」を推敲。(2917.5.6)


シャガ (2017.5.3 東山:静岡県御殿場市)



「とらや工房」入口 (2017.5.3 東山:静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR