富士初雪落葉松の大金屏風

春の風邪

2017/04/30 Sun

    春の風邪電話で君に覚られる /むく

         (はるのかぜ でんわできみにさとられる)



十二単の花 (2017.4.29 散歩道:神奈川県横須賀市)


 忙しかった筈のガンコちゃんの一日が落ち着いた頃合いを見計らって、夜になってから御殿場に安着したことを電話で報告。
 その電話の声が変だったらしい。
 風邪か花粉症か、それとも夕寝をしたせいか。

 ちょっとの異常を声で感知してしまう妻とは、考えてみると恐ろしい。
 「キーが1オクターブ高いわよ」なんて言われないように気をつけなくては♪

 「君」は妻ですが、他にもいろいろなシチュエーションにも当てはまるように、と。



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを未来の大人たちに伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR