BGM: Seashore Silence (by The Green Sun)


スプリンクラー見てをり虹の架かるかと むく

木苺の花 / ピクニック / さえずり / 銀杏若葉 / 小手毬 / 浜大根の花 / 十二単 / 鶯

2017/04/24 Mon

    バスの去り行きて木いちご花ま白

         (ばすのさりゆきてきいちご はなましろ)


 提出句「バスの去り行き木苺の花白し」を推敲。


    ピクニックの子「パパ、いいこと考えた」

         (ぴくにっくのこ ぱぱいいことかんがえた)


 提出せず。


    さえずりを浴びて「くるくるすべり台」

         (さえずりをあびて くるくるすべりだい)


 提出句「さえずりの下にくるくるすべり台」を推敲。


    銀杏若葉耳を澄ませばホルンの音

         (いちょうわかば みみをすませばほるんのね)


 追記:提出句「花銀杏どこからとなくホルンの音」を再推敲。(2017.4.26)


    銀色の風のフルート小手毬へ

         (ふぎんいろのかぜのふるーと こでまりへ)


 提出せず。


    小手毬のフリルを君のブラウスに

         (こでまりのふりるを きみのぶらうすに)


    浜大根の花淡色に濃き色に

         (はまだいこのはな あわいろにこきいろに)


 追記:提出句「濃く淡く浜大根の花の色」を再推敲。(2017.4.26)


    杖を手に十二単を見てをられ

         (つえをてに じゅうにひとえをみておられ)


 風人子先生選。(おまけで)


    うぐひすの近鳴き句会なごやかに /むく

         (うぐいすのちかなき くかいなごやかに)


 元の句「うぐひすの一声句会なごやかに」を推敲。(2017.4.25)

 うららかな一日となった昨日の吟行会。
 私の特選2句。

     たかんなにけものの気配ありにけり /則子

 「たかんな」は筍(たけのこ)の古語。
 「気配」を私は「けわい」と読み下しました。
 けものの「気配」を感じたところがスゴイ。
 八百屋の店先や台所の筍ではなく、眼前の竹林に生えている筍が彷彿とする一句。
 豊かな詩人の感性。

     それぞれの歩幅に渚春惜む /十四男

 「渚の砂にくっきりと印されたそれぞれの歩幅が、まるで物差しのように、それぞれの老化進行度の違いを示している」とは巧い嘘で、納得してしまった。
 うららかさの中のペーソス。

 


ピクニック (ストック写真より)



浜大根の花 (2017.4.23 鴨居漁港:神奈川県横須賀市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

こんにちは♪

パパと一緒にピクニック
ほのぼのとした光景ですね
浜大根の花 海を眺めているようですね^^

Re: Re: No title

> トマトの夢3さま
>
> > パパと一緒にピクニック
> > ほのぼのとした光景ですね
> 子供にはまったく弱いです^^
>
> > 浜大根の花 海を眺めているようですね^^
> なるほど、波の音を聴いているのかもしれませんね^^
> かつて、その波音をケータイでガンコちゃんに届けたことが(笑。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR