曼珠沙華だよと母の遠い耳へ むく

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯の花(1)

2014/05/02 Fri

 今日の散歩は、地元の人々から御林(おはやし)と呼ばれている里山に登る細道。
 道脇の藪に咲く真っ白な卯の花が目につきました。

 卯の花は空木(ウツギ)の花のことですが、その空木にもいろいろな種類があるようですね。


2014/05/02 卯の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/05/02 卯の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)

 この卯の花はごく普通のただの「ウツギ」だと思います。

 ウツギの木の中は空洞になっています。
 漢字で空木と書くのはそのためでしょうか。

 では、花はなぜ「空」の花ではなく「卯」の花なのでしょう?
 卯月に咲くから?
 卯の花が咲くから卯月と言うのでは?

 どちらの説もあるようで、正しい由来はよく分かりません。
 

2014/05/02 卯の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/05/02 卯の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)

 花弁に丸みがあって姫ウツギに似ていますが、道脇の藪に咲いていたのでどうでしょうか。
 普通のウツギ(卯の花)と姫ウツギとは、花糸(かし)の特徴が違うそうです。
 雄しべの花粉を付けている先端部分を葯(やく)と言いますが、花糸は、その葯を付けている柄の部分のことです。


2014/05/02 卯の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/05/02 卯の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)

 六弁の卯の花。
 花弁が細長いですね。

 ところで、唱歌の「夏は来ぬ」の歌詞には「卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて」とありますが、私が住んでいる環境では、ホトホギスはたまにしか聴くことができません。
 でも、卯の花が咲くようになると四十雀(シジュウカラ)の鳴き声が高らかになって…くると、経験的に勝手に思っています。

 通る人も少ない山の細道なのですが、なぜか野菜の直売所があります。


2014/05/02 背負い籠 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/05/02 背負い籠 (散歩道:神奈川県横須賀市)

 その直売所の前に、今日は竹の背負い籠が置かれていました。
 そして直売所の棚には筍が。


 いつもは無人の直売所の前に、今日はタバコを吸っている同年輩のオジサンが。

2014/05/02 直売の筍 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/05/02 直売の筍 (散歩道:神奈川県横須賀市)

 挨拶ついでに、写真に写っているものよりはだいぶ小さい筍を買ってました。

 (小さい割に4百円とはいい値段。
 小さいほうが柔らかくて美味しいから高いのかな?
 筍って小さい割には重いものだなぁ。)
 …と思いながら家に持って帰り、ビニール袋を開けてみると、なんと3本も入っていました!
 正真正銘の朝採れの筍、早速、鍋に糠を入れて茹でました…が、一人では食べきれそうにありません。

 ある人と筍にまつわる話をしたのは昨日。
 今夜は筍の夢にうなされるかも。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

コメント

Secret

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。