渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 2019年12月
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

去年今年

2019/12/31 Tue

    目交ひに錦上の富士去年今年 /むく

        (まなかいにきんじょうのふじ こぞことし)





 紅富士 (2019.12.29 山中湖村:山梨県南都留郡)


 去年今年

 天気が荒れそうな予報の中、大晦日の今日は穏やかな一日。
 植木鉢用のプラスチック皿に入れてバルコニーに置いた鳥の水も、
 めずらしく今朝は凍っておらず。
 気のせいか、やって来る鳥たちもいつもより嬉しそう。

 施工業者と詳細打合せが出来るように、新しく住むマンションのリフォーム計画を煮詰めています。
 床、壁、天井、部品、いろいろな設備と、付け焼刃の勉強はキリがありません。
 費用を安くするための勉強、すればするほど高くなる方向に行きそうな。

 みなさま、どうぞ佳いお年を。

 

 (2019年12月31日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

歳の市

2019/12/26 Thu

    相老の風呂敷の紅歳の市 /むく

        (あいおいのふろしきのべに としのいち)





 寒椿 (ストック写真)


 秦野通い

 リフォーム前の新居、市役所、郵便局など、この一週間で三回の秦野通い。
 年内は今日が最後、か。

 リフォームの基本的な計画はほぼ終わった。
 詳細の打合せや見積は年が明けてから。

 桜が咲く頃までには住めるようになるか…$$$\\\。

 

 (2019年12月26日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

雪 / 雪掻(ゆきかき) / 雪明り

2019/12/25 Wed

    いちめん雪クロスビーの唄くちずさむ


        (いちめんゆき くろすびーのうたくちずさむ)





    雪掻の老ばかりなる小十人

        (ゆきかきの おいばかりなるこじゅうにん)





    けさの雪犬より楽しさうな老

        (けさのゆき いぬよりたのしそうなおい)





    妻の着くバス停までの雪明り /むく

        (つまのつくばすていまでの ゆきあかり)





 20センチ以上積もった♪ (2019.12.23 山中湖村:山梨県南都留郡)



 カメラレンズに落ちてくるなよ~ (2019.12.23 山中湖村:山梨県南都留郡)



 富士山を撮りに来たのに… (2019.12.23 山中湖村:山梨県南都留郡)



 村の人も家の周りを (2019.12.23 山中湖村:山梨県南都留郡)




 (2019年12月25日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬の贈り物

2019/12/24 Tue




  冬の贈り物


 わたしが 差し上げられるもので

 あなたが お持ちでないものなど

 なにもありません



 どうぞ 笑顔をお持ち帰りください

 凍えそうな夜みちを灯す ともしびが

 希望が 消えないように

 どうぞ 笑顔をお受け取りください






 ラベルのPavane pour une infante defunteをフジ子・ヘミングのピアノで聴きながら…


 (2019年12月24日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬至粥(とうじがゆ) / 冬至酒

2019/12/23 Mon

    日々の粥けふは冬至とあらたまり /むく


        (ひびのかゆ きょうはとうじとあらたまり)





 雪の朝 (2019.12.23 山中湖村:山梨県南都留郡)


 冬至懐石?

 昼粥。
 ガンコちゃんは留守で、独り。

 夜は山の上のホテルで会食。
 懐石料理は健康食、と改めて思う。
 贅沢ではあるが。

 ふるさとの酒をたらふく。
 むかしの味が戻らないことを、飲むたびに惜しむ。
 3.11後。

 予めホテルに送迎をお願いしたのは正解だった。
 夕方から降りはじめた霙は雪に変わり、帰るころには
 White Christmas♪

 今朝は足跡を付けに樅の木の森に行くぞ!
 オラ、
赤鼻のトナカイだ。
 キャッホー!



 晴れてきそうな今朝の富士山 (2019.12.23 山中湖村:山梨県南都留郡)





        利にうときすね人酔へり冬至酒 /暁台


 暁台は尾張徳川家に仕える武士だったが、若くして職を辞し、武士を捨てて巷間に生きた江戸時代中期の俳人。「芭蕉に帰れ」という蕉風復興運動の担い手の一人として活躍。志を同じくする蕪村と深い交流があった。



 (2019年12月23日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

柚子湯(ゆずゆ)

2019/12/22 Sun

    霊峰へ供ふるごとく柚子浮く出湯 /むく


        (れいほうへそなうるごとく ゆずうくゆ)





 紅富士の湯 (2019.12.4 山中湖村:山梨県南都留郡)


 冬至

 所用繁多。
 饒舌はまた次回。


 (2019年12月22日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬キャベツ

2019/12/21 Sat

    冬キャベツたつぷりきざみ妻旅へ /むく


        (ふゆきゃべつたっぷりきざみ つまたびへ)





 「安産まつり」の彫刻 - 紅富士の湯館内 (2019.12.4 山中湖村:山梨県南都留郡)


 冬キャベツ

 キャベツをよく食う。
 いちばん好きなのは千切りキャベツ。
 芸術的な包丁さばきで刻まれた、とんかつ屋の千切りキャベツは
 特に好き。

 家では醤油で食べる千切りキャベツを、なぜか、
 とんかつ屋ではフレンチドレッシングで食べたりする。
 
 やわらかな春キャベツはよく食べた。
 夏の高原キャベツも。
 秋の…ふつうのキャベツも。

 そして冬キャベツだ。
 きのうの千切りキャベツの硬かったこと。
 肉厚で、歯が折れるかと思った。
 蝶に変身出来そうな気など、さらさらしなかった。

 いちばん外巻きの葉かと思える硬い千切りキャベツを、
 シコシコと噛みながら、いろいろなレシピに思いを馳せた。
 塩もみ、コールスロー、ロールキャベツ
 …苦手な温野菜はパス。

 思いを巡らせているうちに、はたと気が付いた。
 スーパーで買ってきた硬いキャベツは、ほうとう用ではなかったか、と。
 富士北麓名物の、ほうとうや吉田のうどんになら、
 硬い冬キャベツがちょうどいいかもしれない
 …と、本気で食べる気もないくせに。

 明日は冬至。
 地酒と天ぷらが美味い贔屓の店「
庄や」に行って、
 ストーブで温まりながら、たまには南瓜ほうとうを戴くか。
 冬至は南瓜の日…日曜日。
 地元客で混んでいるかも。


 きょうの千切りキャベツは、きのうほど硬くない。
 二枚目か三枚目か、少し内巻きの葉らしい。

 明日からは雪…という予報だから、無理はせず、
 ゆっくり帰って来ていいよ。



 風生庵からの富士山 (2019.12.4 山中湖村:山梨県南都留郡)


 
 富安風生の傑作句の「安産まつり」 (2019.09.04 山中湖村:山梨県南都留郡)


 (2019年12月21日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

山茶花(さざんか)

2019/12/20 Fri

    町に来し山茶花咲かぬ山を出で /むく


        (まちにきし さざんかさかぬやまをいで)





 牡鹿 (2019.11.18 山中湖村:山梨県南都留郡)


 山茶花

 めずらしく小鳥の水が凍っていない朝。
 車はさして解氷の手間も要らず。

 籠坂峠を御殿場へと下るにつれ、
 道沿いの山茶花の紅が、深く目に沁み、
 水自慢の町秦野に近づくにつれ、
 冬紅葉はいっそう色あざやかに。

 市役所前の人工のせせらぎも、
 これから暮らす家のある、小高い丘へ辿る道も、
 なかば銀杏落葉に埋もれ。

 街に住む子のもとに通う妻の便、
 老いゆくわれらの電車やバスの便、
 日々を暮らす便には、あらがうべくもなく。



 冬晴 (2019.12.19 山中湖村:山梨県南都留郡)


 (2019年12月20日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬日影(ふゆひかげ)

2019/12/19 Thu

    冬日影小雀の源氏小町鼠 /むく


        (ふゆひかげ こがらのげんじこまちねず)





 コガラ (2019.11.4 山中湖村:山梨県南都留郡)


 冬の小雀(こがら)

 小雀はスズメよりも小さな鳥。
 からまつの枝からバルコニーへと、
 毎日 水を飲みに来てくれる。

 小雀のグレーの羽のグラデーションには
 気品がある。
 夏よりも冬のほうが美しいように、私は感じる。
 …私だけの印象だろうか?

 夏羽と冬羽が入れ替わる換羽は、
 小雀にもあるのだろうか?
 それとも、冬の小雀が美しく見えるのは、
 日射しが弱くなったせいだろうか?

 ものみなが寂び色になったせいだろうか?
 わずかな華やぎの、こんなにも狂おしいのは。



 日の出前 (2019.12.18 山中湖村:山梨県南都留郡)


 (2019年12月19日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

寒禽(かんきん) / 凍土(いてつち)

2019/12/18 Wed

    寒禽やさびしらといふ言葉ふと


        (かんきんや さびしらということばふと)






    さびしらに鳥凍土を歩みをり /むく


        (さびしらに とりいてつちをあゆみおり)





 ミヤマホオジロ (2019.12.16 山中湖村:山梨県南都留郡)


 冬鳥

 このところ、ミヤマホオジロ、ベニマシコ、キクイタダキを追っている。
 ミヤマホオジロは、ほぼ定点で何回かに一回は会えるようになった。
 番のようだ。

 が、なかなかシャッターチャンスに恵まれない。
 気が付いて警戒しているのだろう。
 たいていトサカを立てている。

 ベニマシコも、ほぼ定点でやっと会えた。
 が、すぐに枯草の中に隠れてしまい、やはりシャッターチャンスにならない。

 キクイタダキは見つけること自体がむずかしい。
 ことのほか小さな鳥だから、ということもある。
 声はすれども…である。

 ガンコちゃんがもう少し辛抱強く待っていてくれるといいのだが…。
 寒いから無理もないが。



 カシラダカ (2019.12.16 山中湖村:山梨県南都留郡)


 年の瀬

 ちょっと雑用に追われる年の瀬に。

 (2019年12月18日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR