渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 2019年07月
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

草引く

2019/07/10 Wed

    引越しの妄想払ひ草を引く /むく

        (ひっこしのもうそうはらい くさをひく)




 センダイムシクイ (2019.5.17 山中湖村:山梨県南都留郡)


 簡単には払えない妄想もある。
 引っ越しの妄想、払った“つもり”だけなのかも。

 さすがに七月、横須賀は暑い。


 (2019年7月10日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

新じゃがいも

2019/07/08 Mon

    新じゃが掘る吾子来る明日の空案じ /むく

        (しんじゃがほる あこくるあすのそらあんじ)




 ムシトリナデシコ (2019.6.18 山中湖村:山梨県南都留郡)


 用事もあり、また参議院選挙もあるので、今日からまた横須賀。

 新ジャガを掘ったのは山中湖の菜園。
 今年植えたのは全て「男爵」。
 まだ小ぶりで、試し掘りといったところ。
 掘っていると、「今日は気合が違うね」とガンコちゃんにからかわれた。
 そんなことはないとは言ったものの…汗は掻いていた。
 まぁ、親父は娘に弱いという世間の相場通りということに。


 (2019年7月8日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊「俳句界」掲載句(2019年)

2019/07/07 Sun

月刊 俳 句 界  掲載句 (2019年)



※ 月刊『俳句界』2019年7月号掲載句を追加更新しました。




        湖うらら水陸両用バスも浮き

        (うみうらら すいりくりょうようばすもうき)
        2019年7月号 俳句トーナメント 石井いさお選
        ※ 山中湖村にて



        花ミモザ巴里の土産の砂糖菓子

        (はなみもざ ぱりのみやげのさとうがし)
        2019年7月号 雑詠 角川春樹選:秀逸
        有馬朗人・稲畑浩太郎・西池冬扇選:佳作



        公魚船あかときの雨よろこびて

        (わかさぎぶね あかときのあめよろこびて)
        2019年7月号 雑詠 今瀬剛一選:秀逸
        櫂未知子・鈴木しげを選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        頬白の背筋伸ばせとさへづれり

        (ほおおじろの せすじのばせとさえずれり)
        2019年7月号 雑詠 佐藤麻績選:佳作



        震災に戦災の廟墨堤春

        (しんさいにせんさいのびょう ぼくていはる)
        2019年6月号 兼題「災」 大高霧海選:佳作



        早咲きの銘は十郎曽我の梅

        (はやざきのめいはじゅうろう そがのうめ)
        2019年6月号 雑詠 有馬明人選:佳作



        句仲間の湯仲間となる梅のあと

        (くなかまのゆなかまとなる うめのあと)
        2019年6月号 雑詠 山尾玉藻選:佳作
        ※ 投稿後「句仇の湯仲間となる梅見あと」と推敲。



        窓に来る鳥にも与ふ寒の水

        (まどにくるとりにもあたう かんのみず)
        2019年5月号 雑詠 西池冬扇選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        とある日の妣の匂ひや寒の墨

        (とあるひのははのにおいや かんのすみ)
        2019年5月号 雑詠 夏石番矢選:佳作



        馬肉食ぶ慣はし杣の年忘れ

        (ばにくたぶならわし そまのとしわすれ)
        2019年5月号 雑詠 茨木和生選:秀逸/加古宗也選:佳作/
        鈴木しげを選:佳作/辻桃子選:佳作/行方克己選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        子の頃の重たき蒲団かけす色

        (このころのおもたきふとん かけすいろ)
        2019年5月号 俳句トーナメント 石井いさお選:ベスト4

※ 選評: 瞼に残るかけす色。(石井いさお先生)



        火のあればすなはち囲み冬花火

        (ひのあればすなわちかこみ ふゆはなび)
        2019年4月号 俳句トーナメント 五島高資選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        初鵙のひと廻りして小谷戸かな

        (はつもずのひとまわりして こやとかな)
        2019年2月号 雑詠 辻桃子選:佳作



        しのぶ草どれも小さな屋敷墓

        (しのぶぐさ どれもちいさなやしきはか)
        2019年2月号 雑詠 茨木和生選:佳作
        ※ 忍野村にて



        善玉の足らぬと言はる秋渇き

        (ぜんだまのたらぬといわる あきかわき)
        2019年1月号 俳句トーナメント 堀本裕樹選


 カテゴリーの“月刊「俳句界」掲載句”をクリックすると、過去の全掲載句を一覧することが出来ます。

文學の森社発行の月刊『俳句界』のウエブサイトはこちら



 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

「雛」掲載句(2019年)

2019/07/06 Sat

   掲載句・掲載記事 (2019年)



※ 『雛』2019年6月号掲載句を追加更新しました。


  『雛』 2019年6月号


        松毟鳥しらびその枝に雪残り

        (まつむしり しらびそのえにゆきのこり)
        2019年6月号 福神則子選



        花ミモザボンボニエールに収めたき

        (はなみもざ ぼんぼにえーるにおさめたき)
        2019年6月号 福神則子選

選評(秀句鑑賞): ボンボニエールとは砂糖菓子を入れる小さな丸みを帯びた菓子器で、日本では皇室のお祝い事に贈られる品として知られている。その器にミモザの花を入れたいとの遊び心はお洒落だ。


        頬白の声に背筋を意識して

        (ほおじろのこえに せすじをいしきして)
        2019年6月号 福神則子選




  『雛』 2019年5月号


        枯葎あやふく撃たれさうになる

        (かれむぐら あやうくうたれそうになる)
        2019年5月号 福神則子選



        紅梅のわけても好きなをのこ吾

        (こうばいのわけてもすきなおのこ われ)
        2019年5月号 福神則子選



        宿木に連雀の来て山湖春

        (やどりぎにれんじゃくのきて さんこはる)
        2019年5月号 福神則子選


東京吟行会 (2018年3月14日) 福神則子先生選


       苗札やハイウェイローズとはどんな

        (なえふだや はいうぇいろーずとはどんな)


春 秋 箋 (『雛』2019年5月号掲載)

 海抜千メートルの山中湖村は山梨県内の全市町村でもっとも寒いとされている。蠟梅も梅も育たず、柿も渋柿しか実らない。そんな寒冷地の冬にも鳥たちは元気。四十雀・小雀・日雀・山雀・柄長・河原鶸・赤啄木鳥・青啄木鳥・小啄木鳥・掛巣・鵙・鴲・鷽・菊戴・瑠璃鶲などの留鳥、尉鶲・鶫・花鶏などの渡り鳥である。湖畔の高木には毬のような宿木が実をたわわに実らせて、この村の春告鳥である黄連雀や緋連雀が来る日を待っている。



  『雛』 2019年4月号


        寒暁の紅富士色の鷽の胸

        (かんぎょうのべにふじいろのうそのむね)
        2019年4月号 福神則子選


        左義長やここにも富士の浅間社

        (さぎちょうや ここにもふじのせんげんしゃ)
        2019年4月号 福神則子選


        双子よとよろこぶ妻や寒玉子

        (ふたごよとよろこぶつまや かんたまご)
        2019年4月号 福神則子選

選評(秀句鑑賞): 割ってみるとまん丸い黄味が二つ並んでいた。思わぬ嬉しさを素直に喜ぶ妻や愛し。寒玉子の「寒」が効いている。



  『雛』 2019年3月号


        さ牡鹿の目のやさしさを悲しめり

        (さおしかのめのやさしさを かなしめり)
        2019年3月号 福神則子選



        日の昇り山湖しばらく冬の霧

        (ひののぼり さんこしばらくふゆのきり)
        2019年3月号 福神則子選

 ※ 原句「日昇りて山湖しばらく冬の霧」添削(則子先生):「添削によって言葉に余裕が生まれる分余韻が増す。」



  『雛』 2019年2月号


        日本のもみぢを描く子カナダの子

        (にっぽんのもみじをかくこ かなだのこ)
        2019年2月号 福神則子選



        妻の着くバスを待ちゐて冬ぬくし

        (つまのつくばすをまちいて ふゆぬくし)
        2019年2月号 福神則子選

選評(秀句鑑賞): 作者がむくさんと分かれば山中湖での作品か。一日早くやって来た作者は妻が乗っているはずのバスを楽しみに待っておられるのだろう。冬日に包まれながら…。


        実のはぜて真弓いよいよ真くれなゐ

        (みのはぜて まゆみいよいよまくれない)
        2019年2月号 福神則子選

東京吟行会 (2018年12月13日) 福神則子先生選


       師いく度通ひ来し道冬もみぢ

        (しいくたびかよいきしみち ふゆもみじ)

 ※ 則子先生のご指摘に基づき後日「師いく度通はれし道冬もみぢ」と推敲。


       激論を交せしあとの燗熱う

        (げきろんをかわせしあとの かんあつう)
        席題:熱燗


        冬薔薇一病を得て人やさし

        (ふゆそうび いちびょうをえてひとやさし)

春 秋 箋 (『雛』2019年2月号掲載)

 山中湖の名物のような霧。秋になって朝晩冷え込むようになるにつれ、夜が明けると湖面から霧が立ちあがる日が多くなる。湖の霧の上に浮かぶように聳える富岳は幻想的ですらある。冠雪の富士は曙光が差すとともに山頂から次第にうす紅を注してゆく。夏の赤富士に対し、これを紅富士と呼んだりもする。週末ともなると、富士山絶景ポイントでは厳寒にも負けないカメラマンが徹夜で紅富士を待っている。



  『雛』 2019年1月号


        塔頭の塀より高き紫苑かな

        (たっちゅうのへいよりたかき しおんかな)
        2019年1月号 福神則子選


        富士澄めりコスモスの色日々に濃く

        (ふじすめり こすもすのいろひびにこく)
        2019年1月号 福神則子選



 カテゴリーの“「雛」掲載句”をクリックすると、過去の全掲載句を一覧することが出来ます。


                月刊「雛」: 編集・発行人 高田風人子 福神則子
                発行所:   〒155-0033 東京都世田谷区代田6-9-10 雛発行所
                誌代:    月900円(年間10,800円)。

 ※ 「雛」の見本誌をご希望の方は上記発行所にご請求ください。
    (または、当ブログのコメント欄にその旨をお書き込みくだされば取次いたします。)
 ※ 「雛」は、長年高濱虚子、星野立子に師事し、ホトトギス本流の諷詠の道一筋に歩んで来られた高田風人子先生主宰の「惜春」の後継誌として発足した、福神則子先生を現主宰とする句誌です。)




 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

涼し

2019/07/05 Fri

    桑の葉へ涼しき風を微笑仏 /むく

        (くわのはへすずしきかぜを みしょうぶつ)




 微笑館入館チケット (2019.6.16 木喰の里:山梨県南巨摩郡身延町)


 “微笑仏”(みしょうぶつ)で知られる木彫りの仏像を生涯にわたって作り続けた木喰(もくじき)上人の故郷山梨県南巨摩郡身延町丸畑に建つ、「微笑館」を訪ねた。


 木喰の里丸畑 (2019.6.16 身延町:山梨県南巨摩郡)


 丸畑は、車がやっと通れるだけの九十九折の細い山道を登り切った山頂の小さな集落だった。


 木喰のふる里案内板 (2019.6.16 木喰の里:山梨県南巨摩郡身延町)


  「微笑館」前の広場の隅に立つ句碑の陰の小さな空き地に、桑の木が10本ほど植えられていた。
 見ると小さな桑の実が色づき始めていた。
 かつて蚕飼(こがい)の村であった記憶を留めるために植えられた木なのだろう。



 微笑館 (2019.6.16 木喰の里:山梨県南巨摩郡身延町)


 木喰上人が彫った仏像は全国各地に存在している。
 その魅力を再発見し、世に知らしめたのは民芸運動を起こした才人柳宗悦(やなぎ・むねよし)である。
 「微笑館」に展示されている微笑仏の数々の木像、そのレプリカや写真を見ているうちに、いつしか私もそのやさしさの虜になっていた。



 微笑館前に建てられた句碑の説明板 (2019.6.16 木喰の里:山梨県南巨摩郡身延町)


 《お詫び》
 FC2ブログの管理画面に入室できない不具合が発生し、しばらく記事を更新できないでいました。
 やっと今日復旧。
 また更新を続けて参りますので、よろしくお願いします。


 (2019年7月5日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR