渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 2019年06月
FC2ブログ
雪渓の細き一条富士の紺

枇杷(びわ) / 立葵(たちあおい) / 蛍

2019/06/15 Sat

    山手線あんなところに枇杷たわわ

        (やまのてせん あんなところにびわたわわ)



    立葵きみのやうだと言ひしこと /むく

        (たちあおい きみのようだといいしこと)




 夏潮 (2019.6.11 観音崎:神奈川県横須賀市)



 アジサイ (2019.6.11 観音崎公園:神奈川県横須賀市)



 ガクアジサイ (2019.6.11 観音崎公園:神奈川県横須賀市)



 戦没船員慰霊碑 (2019.6.11 観音崎公園:神奈川県横須賀市)


 昨日からまた山中湖に。
 気温25℃の御殿場から篭坂峠を越えて山中湖に着くと、外気は19℃。
 午後2時前だったが、涼し過ぎるほど。
 横須賀と8℃ぐらいは違うのではないかと思う。

 村のある家の庭にサンショウバラが咲いていた。
 自生のサンショウバラに見ごろの頃に遇いたいと毎年思いながら、なかなかタイミングが合わない。
 富士山麓で自生している場所は一ヶ所しか知らない。
 いずれ…。

 きょうは山梨県の南部方面にほたる狩りに行く予定だったが、雨のため明日に順延。
 源氏蛍で、「狂いそうなほどの乱舞」だと云う。
 行きずりでの激写はむずかしそうだが、見られれば良い。

 タチアオイのようだと言ったときの君の反応、ちょっと時間がかかったね。



じゃんけんで負けて蛍に生まれたの /池田澄子


 どんな星の下に生まれるかは、蛍も人も自分では選べない。自分を蛍のようだと卑下しないまでも、胸に手を当てて考えてみると、じゃんけんで負けてこの世に生まれたという思いは、確かに私にもある。あの時、あっちの甘い水のほうに誘われて行けばよかったという悔いも一つや二つではない。蛍の句と言えばまっ先にこの句が思い浮かぶ。四十代になってから俳句を始められたという池田澄子さんは、この一句によって一躍知られるようになった。蛍も捨てたものではない。(むく)

 (2019年6月15日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

あやめ草 / ひまわり

2019/06/13 Thu

    あやめ草結び紐なき旅の靴

        (あやめぐさ むすびひもなきたびのくつ)



    小ひまはりフラワーデモの人の掌の /むく

        (こひまわり ふらわーでものひとのての)




 菖蒲田 (2019.6.13 明治神宮御苑:東京都渋谷区)



 スイレン (2019.6.13 明治神宮御苑:東京都渋谷区)


 今日は東京の吟行会。
 明日からまた山中湖へ。



あやめ草足に結ばん草鞋の緒 /芭蕉



 (2019年6月13日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

蝸牛(かたつむり)

2019/06/12 Wed

    石磴や踏みさうになる蝸牛

        (せきとうや ふみさうになるかたつむり)



    蝸牛われもわれもの世の中に

        (かたつむり われもわれものよのなかに)



    右巻きも左巻きもやかたつむり

        (みぎまきもひだりまきもや かたつむり)



    時計回り六月十日のかたつむり

        (とけいまわり ろくがつとうかのかたつむり)



    かたつむりタクトを振つて雨の唄

        (かたつむり たくとをふってあめのうた)



    齧りをるでで虫の音耳寄せて /むく

        (かぶりおるででむしのおと みみよせて)




 アジサイ (2019.6.10 観音崎:神奈川県横須賀市)



 ガクアジサイ (2019.6.10 観音崎:神奈川県横須賀市)



 かたつむり (2019.6.10 観音崎:神奈川県横須賀市)



 多々良浜 (2019.6.10 観音崎:神奈川県横須賀市)


  性暴力を許さない
    フラワーデモ(毎月11日) …いずれ消えるリンクと思いますが。
    性暴力を許さない女の会

 昨日のニュースに鑑みて。
 日本の性犯罪被害者の数はフランスの19分の1、アメリカの30分の1だそうだ。
 裏返せば、泣き寝入りしている性犯罪被害者の数が、日本はフランスの19倍、アメリカの30倍ということにもなろう。
 相次ぐ性犯罪無罪判決。
 被害を受けた女性たちが立ち上がらずにいられないのも当然かと思う。
 話が飛躍するが、共産党支持者拡大に誰よりも寄与しているのは他ならぬ安倍首相自身であるのは皮肉なことだ。
 首相が現在訪問中のイランでは、性犯罪はどんな罪になるのか。
 イスラム法の姦通罪を見習えとは言わないが、随員も含めて、すこし見聞を深めてきてもらいたい。
 この国の、被害者に寄り添うことが出来ない司法の在り様を憂うる。


 (2019年6月12日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

立葵(たちあおい)

2019/06/11 Tue

    明るくてお聖さん好き立葵 /むく

        (あかるくておせいさんすき たちあおい)




 タチアオイ (2019.6.6 横須賀市:神奈川県)


 「6月6日に田辺聖子さん死去」の報。
 享年91歳。

 「…ご一緒にオセイさんにお会いしてみません?」
 「オセイさんって、あの田辺聖子さんのことですか?」
 「ええ、お聖さんってとっても女性らしい方よ。」
 そう仰ったのはポプリ研究家で知られる熊井明子さん。
 香料の業界紙に私が書いた“バラの香水の話”をお読みになった熊井さんが当時私が勤めていた会社に訪ねて下さり、次にお会いした時のことだった。
 文学は門外漢で田辺聖子さんの著書をろくに読んでいなかった私はただただ恐懼し、ご辞退申し上げる他はなかったが、熊井さんはその著作に“王朝文学と香り”に関するお聖さんとの対談を加えられた。

 ともあれ、私が田辺聖子さんの著書に親しむようになったのは、その時の熊井さんの一言に端を発する。
 あれから35年余り。
 小説『ひねくれ一茶』(吉川英治賞)は大好きな小説だが、『新源氏物語』を初めとする古典のお聖さん訳も好きで、遠かった古典がお聖さんによって身近になった。
 それにも増して、カモカのおっちゃんを愛したお聖さんが大好きだ。
 (合掌)。


 (2019年6月10日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

百足虫(むかで)

2019/06/10 Mon

    駆けつけてみれば百足虫とべそ掻いて

        (かけつけてみればむかでと べそかいて)



    風入れに戻りし小家むかで出づ

        (かぜいれにもどりしこいえ むかでいづ)



    むかで退治せよの命令服従す

        (むかでたいじせよのめいれい ふくじゅうす)



    仏心の時に果敢なし百足虫焼く

        (ぶっしんのときにはかなし むかでやく)



    むかで焼く身のしみじみと恐妻家

        (むかでやく みのしみじみときょうさいか)



    むかで殺め夕餉の箸の進まざる

        (むかであやめ ゆうげのはしのすすまざる)



    殺めたる百足虫を夢に見たやうな /むく

        (あやめたる むかでをゆめにみたような)




 コガラ (2019.5.17 富士吉田市:山梨県)



 コガラ (2019.5.17 富士吉田市:山梨県)



 コガラ (2019.5.17 富士吉田市:山梨県)


 (2019年6月9日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

枇杷(びわ)実る / 薄暑光 / 蚊

2019/06/08 Sat

    枇杷の実る路地曲がれば信誠寺

        (びわのみのるろじ まがればしんじょうじ)



    薄暑光師への母への供花を手に

        (はくしょこう しへのははへのくげをてに)



    花ざくろ傘を忘れてまた庫裡へ /むく

        (はなざくろ かさをわすれてまたくりへ)




 ビワ (2019.6.8 横須賀市:神奈川県)



 ビワ (2019.6.8 横須賀市:神奈川県)



    坂多き半島の町枇杷実る /むく(旧詠)

        (さかおおきはんとうのまち びわみのる)




 ザクロの花 (2019.6.8 横須賀市:神奈川県)



    花柘榴ファンファーレ吹くガブリエル /むく(旧詠)

        (はなざくろ ふくふぁんふぁーれふくがぶりえる)




師の墓の蚊にしたたかに刺されしは /高田風人子



 (2019年6月8日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

梅雨に入る / 梅雨

2019/06/07 Fri

    一集に師と妣の稿梅雨に入る /むく

        (いっしゅうにしとははのこう つゆにいる)




 ヤブデマリ (2019.5.29 山中湖村:山梨県南都留郡)


 入梅はまだだが、気象庁からは梅雨入りが発表されたとか。
 実際の気候が暦のそれと差があるのは梅雨入りに限らないし、当たり前。

 義母は風人子先生の名を、風人子先生は義母の名を、互いに知ってはいたが、ついに面識はないままに。
 何度か紹介させていただこうと思ったが、その都度、義母は「畏れ多い」の一点張りだった。
 菩提寺が同じというのは奇しき縁かと思う。

 俳句を始めてから十年余りの間、学びたい師を探し続けた。
 その人が里山を一つ隔てただけという近いところにお住まいだったとは。
 時を空しく過ごしたことは口惜しいが、横須賀に住むことがなければ風人子先生の門を叩くこともなかったかもしれない。
 先生が逝かれて淋しいことこの上ないが、この不思議な巡り合いと先生のお心を死ぬまで大切にしてゆこうと思う。

 雨が激しかったので、墓参は明日に。
 張子の虎は雨に弱く、濡れるときまって風邪を引くので。


-横須賀市制施行70周年記念『横須賀風物百選』(昭和53年刊)より-

浦賀造船所        高田風人子:ホトトギス同人


 明治二十九年、榎本武揚等の主唱によって創立されたのがこの造船所。子供の頃、駅前の一筋町を通ると鋲打つ音が勇ましかった。

   船渠あり春山之を抱きたり     虚子

   クレエンの動き止まずに春の雲  同

   鉄板も蝶の如くに軽やかに     同

   服汚れ春の泥とも油とも       同

 浦賀町即造船所のやうなもの。そして四季それぞれに趣きがある。これらの句は昭和も十八年、機関車がトロを引いて物を運び、起重機がそれを受けて船へ積んでゐた時代。運搬はトラックに変わったが、明治からの船渠は今もって現役である。

   晩涼やフランス船の名フィリップ  立子

 夏の太陽が沈んで涼しくなった造船所。戦後はじめての大型船と騒がれたこの船も、今にして思へばトン数は一万トンに満たなかった。その後、船台が拡張され、起重機のスタイルも変った。進水する船は十万トン以上が殆どになったけれど、船首の薬玉が割れると、今でも鳩が舞い上がる。
 東岸の艤装岸壁の辺りには幕末時代の造船所があった由。起重機の空に鰯雲が拡がったりすると、そぞろ今昔の念に誘われるが、今に残る船台先の記念碑、「浦賀屯営跡」の礎石は、旅順港閉塞に参加した船を解体した時、船底から取出した花崗岩ださうである。



    頬杖をつき梅雨心夕心 /高田風人子


 (2019年6月7日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

芒種(ぼうしゅ) / 麦

2019/06/06 Thu

    帰らばや庵に芒種の風入れに

        (かえらばや いおにぼうしゅのかぜいれに)



    菜園の一畝の麦そよぎをり /むく

        (さいえんのひとうねのむぎ そよぎおり)




 ポピー園 (2019.6.6 花の都公園:山梨県南都留郡山中湖村)



 ポピー (2019.6.6 花の都公園:山梨県南都留郡山中湖村)



 むく農場? (2019.6.6 花の都公園:山梨県南都留郡山中湖村)



 キカラシの花 (2019.6.6 花の都公園:山梨県南都留郡山中湖村)


 帰宅予定表に従って山中湖から横須賀に。
 よりによって暑い日に。

 天気が良かったので、帰る前に菜園の手入れに。
 名札を写真に撮って、渡邊の「邊」が「邉」になっていることに初めて気が付いた。



    老ゆるとは芒種の星を眺めゐて /むく

        (おゆるとは ぼうしゅのほしをながめいて)



 (2019年6月6日 横須賀にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

葭切(よしきり)

2019/06/05 Wed

    よしきりや山疲れして佇つ湖畔

        (よしきりや やまづかれしてたつこはん)



    葭より発ち葭切高く止まりたる

        (よしよりたち よしきりたかくとまりたる)



    上向いても向かう向いても行々子

        (うえむいてもむこうむいても ぎょうぎょうし)



    郭公へ来るなと啼くや葭すずめ

        (かっこうへくるなとなくや よしすずめ)



    葭すずめ扁桃腺の腫れをるよ

        (よしすずめ へんとうせんのはれをるよ)



    よしきりの鳴いて公魚漁果つる

        (よしきりのないて わかさぎりょうはつる)



    よしきりの葭切る様を今日も見ず

        (よしきりのよしきるさまを きょうもみず)



    葭すずめ葭すこやかな山の湖 /むく

        (よしすずめ よしすこやかなやまのうみ)




 オオヨシキリ (2019.6.4 山中湖村:山梨県南都留郡)



 オオヨシキリ (2019.6.4 山中湖村:山梨県南都留郡)



 山中湖 (2019.6.4 パノラマ台:山梨県南都留郡山中湖村)


 (2019年6月4日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

五月闇(さつきやみ) / 虹 / 金魚草

2019/06/03 Mon

    五月闇むささびの巣のあるらしや

        (さつきやみ むささびのすのあるらしや)



    日照り雨大きな虹の中に富士

        (ひでりあめ おおきなにじのなかにふじ)



    富士山の虹に泣けたといふ便り /むく

        (ふじさんのにじになけたという たより)




 ポピー (2019.6.1 花の都公園:山梨県南都留郡山中湖村)



        いろいろな色に雨降る金魚草 /高田風人子

 雨には色がないが、色とりどりに咲く金魚草に降った雨は虹色にも見えよう。いや、実際にそうは見えなくても見えると錯覚させることが出来るのが言葉の持つ呪術性というものであり、詩人の詩人たる所以かと思う。それにしても何とやさしさに溢れた句だろうか。女性ならまだしも、こんな感性を持ち合わせている男性は多くはあるまい。「季題あっての俳句」、「四季を讃美するのが俳句」という先生の言葉が聞こえて来るようだ。◆季題ある故に俳句やホ句の秋/高田風人子。(むく)

 (2019年6月3日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR