渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 2018年12月
FC2ブログ
火のあればすなはち囲み冬花火

冬花火

2018/12/09 Sun

    火のあればすなはち囲み冬花火

        (ひのあればすなわちかこみ ふゆはなび)


    もの足りぬほどなるが良し冬花火 /むく

        (ものたりぬほどなるがよし ふゆはなび)



 電飾祭~山中湖花の都公園~ (2018.12.9 山中湖:山梨県)

 天地創造 (The Creation)

by Kahlil Gibran (1883.1.6 – 1931.4.10)
訳・渡邊むく

神は自らの命を一つ分けて、美しい女を創られ、
その命に、あらゆる麗しさと優しさの祝福を注がれた。

神は、女に幸せを注いだ盃を授けて、こう戒められた。
「過去と未来を忘れ去らない限り、この盃から飲んではならない。
幸せは一瞬に他ならないものだから。」

また神は、女に悲しみを注いだ盃を与えて、こう諭された。
「この盃から飲みなさい。そうすれば、
生きる喜びの中で刻々と失われてゆく、瞬間の意味が解るだろう。
悲しみはいつ暮れなく充ちているものだから。」

神は、女がこの世に飽きて溜息を吐いたりすることがないように、愛を授け、
お世辞を言われて白けたりしないように、愛らしさを授けられた。

そして神は、女がいつも正しく生きてゆけるように、天の知恵を授け、
見えないものを見る眼を、女の胸の奥に入れ、
生きとし生けるものを愛し慈しむ心を、女の中に創られた。

また神は、天国の天使たちが虹の弦を紡いで織った希望の衣を、女に着せられた。
そして、女を生命と光の夜明けの先触れである混沌の闇の中にしまわれた。

それから神は、怒りの炎を燃やす炉から、乏しい残り火を取り、
無知の荒野から、干からびて息も絶えかけた風を取り、
勝手気ままに流れる河の岸から、角の立った砂を取り、
老いの山すそから、ささくれ立った粗土を取ると、
それらを混ぜ合わせて、男を創られた。

神は男に、欲望が満たされるまでは鎮まることのない
熱情を駆り立てる盲目の力を授け、死の亡霊の命を吹き込まれた。

その可笑しさに、神は涙を流してお笑いになった。
そして、男をいとおしく、また憐れに思われた神は、
男を手元に置いて自らの手で導くことにされた。



 電飾祭~山中湖花の都公園~ (2018.12.9 山中湖:山梨県)


 (2018年12月9日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

寒林

2018/12/08 Sat

    富士へ続く寒林鹿の斃れをり /むく

        (ふじへつづくかんりん しかのたおれおり)



 寒林 (2018.12.1 山中湖:山梨県)


 鹿の霊獣化

 縄文時代(約14000年前~紀元前4世紀頃)については、学問的に不明なことも多いようだ。
 縄文人についても、近年はDNAや染色体に基づく研究が活発になり、従来考えられてきた学説にも影響を与えるようになった。
 が、縄文時代の日本に住んでいた人々の暮らしが狩猟に拠っていたとする説が一般的であることには変わりがない。
 
 稲作は縄文時代末期頃に大陸から伝来したものだと言う。
 それによって、鹿や猪の狩猟を中心としていた縄文時代の人々の生活基盤は、水稲農耕へと大きく変化した。
 縄文時代と弥生時代(紀元前4世紀頃~紀元後3世紀中頃)を文化的に区別する最大の特色が、この変化であるようだ。
 とは言え、大して知識もない考古学や古代史の話をしたいのではない。

 鹿は、縄文時代には単なる狩猟の対象であった。
 弥生時代になると、その鹿を「霊獣」視する傾向が顕著になってゆく。
 つまり、狩猟文化から水稲農耕文化に変化するにつれて、鹿が「神の遣い」になっっていったようなのだ。

 狩猟文化から農耕文化への変化は、非定住生活から定住生活への変化をもたらした。
 つまり稲作が普及した弥生時代は、耕作のために人々が一所に定住するようになった時代とも言えようか。
 それとともに、農耕中心の生活は(狩猟中心の生活に比べ)より多くの人々によるより大きな集落の形成をもたらした。
 さらに、耕作の効率化を求めて共同作業も活発に行われるようになった、と考えられる。

 弥生時代は、やがて古墳時代(3世紀中頃~7世紀頃)へと発展してゆく。
 古墳時代(かつての歴史教育では「大和時代」とも称されていた)は、いわゆる古代国家が生まれた時代である。
 古代史的な話は端折るが、要は、水稲農耕の普及こそが、古代国家を形成せしめた最大の背景であろうかと思われる。
 そして、古代国家は稲作を最大の税収源として発展した(少し論理が飛躍するが)。

 ちょっとひねくれた想像を膨らませてみたい。
 税収の増加を計って強大で盤石な国家を造りたいと為政者が考えるのは、今も昔も変わらない。
 古代国家の為政者は、人々に狩猟を捨て稲作に励むことを奨励した。
 鹿を神の遣いとする考え方はもともと存在していたにせよ、為政者はそれを稲作奨励の口実として積極的に利用した。
 鹿を霊獣視する思想が広まっていった背景には、このような政治的な側面が大いにあったと思われるのである。

 霊獣は鹿に限らない。
 熊、牛、その他、世々の人々は生きとし生けるものに霊性を与えていった。
 一方で、食料が乏しければいつでも霊獣をも食することを辞さないのが人間である。
 いつの時代も、人間は原始性と文明性の狭間で生きている。

 だいぶ大言壮語してしまった。
 この富士の寒林が終の棲家になるかどうかは不明だが、斃れた鹿のように、昨今ますます草食化してきた私である。


 (2018年12月8日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬の鹿 / 冬鹿

2018/12/07 Fri

    やはらかき木の葉の絶えて冬の鹿

        (やはらかきこのはのたえて ふゆのしか)


    さ牡鹿の目のやさしさを悲しめり /むく

        (さおしかのめのやさしさを かなしめり)



 牡鹿 (2018.12.5 山中湖:山梨県)


 自宅

 このところ、横須賀の自宅に帰る用事はガンコちゃんに頼みっきり。
 医者に行くことだとか、私自身でなければ足せない用事もあるので、来週あたり帰ろうかと。
 あれもこれもまとめて片付けることを思うと億劫にもなる。
 何日かかるだろう…。


 (2018年12月7日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬の雨

2018/12/06 Thu

    吾子旅立つ朝には晴れよ冬の雨 /むく


        (あこたびだつあさにははれよ ふゆのあめ)



 ヤマガラ (2018.12.4 山中湖:山梨県)


 冬の旅立ち

 新しい仕事に就いたことに、とりあえずホッと。

 


 ヤマガラ (2018.12.4 山中湖:山梨県)


 (2018年12月6日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬ぬくし / 啄木鳥(けらつつき)

2018/12/05 Wed

    冬ぬくし富士の雪線退りもし

        (ふゆぬくし ふじのせっせんすさりもし)


    瞬膜のゴーグル大事けらつつき /むく

        (しゅんまくのごーぐるだいじ けらつつき)



 朝富士 (2018.12.1 山中湖:山梨県)


 天候不安定

 今週は天候が不安定で、天気予報もよく変わる。
 富士山の山麓だから、というよりは日本列島上空の気圧配置の微妙さによるものらしい。
 今日は、各地ともこの季節としては記録的な温かさになり、夏日になった地方もあるらしい。
 標高千メートルの山中湖はそこまでにはならないが、日中は暖房が要らないほどだった。
 明日はぐんと冷え込むらしい。
 今日の富士山の写真は撮らなかったが、積雪線が上の写真よりさらに上のほうまで後退し、初冠雪のときとほぼ同じぐらいになった。

 「雪線」、単純に雪の線という意味。
 辞書には「万年雪が積もっている部分とそうでない部分の境をなす線」とあるが。

 風邪はだいぶ良くなったが、体調がイマイチで、もう少しのあいだ養生に努めたい。
 お訪ねくださる皆さんのブログへの訪問もサボっていますが、ご容赦のほど。

 


 コゲラ (2018.12.04 山中湖:山梨県)


 おや、目に光がない!?
 瞬膜*を閉じた瞬間だったようだ。

  *瞬膜: まぶたとは別に水平方向に動いて眼球を保護する透明又は半透明の膜。
  第三眼瞼ともいう。
  鳥や爬虫類が瞬きをするとき、目の内側から瞬間的に出てくるため「瞬膜」と呼ばれる。
  (引用: Wikipedia)


 (2018年12月5日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬霧

2018/12/04 Tue

    日の昇り山湖しばらく冬の霧

        (ひののぼり さんこしばらくふゆのきり)



 冬霧に浮かぶホテル・マウント富士 (2018.12.1 山中湖:山梨県)


 冬霧とスモッグ

 霧は自然の気象現象だが、スモッグ(煙霧)は、工業化、自動車社会化、冬期の暖房等を発生源とする大気汚染公害の一つである。
 スモッグ、光化学スモッグという言葉を最近はあまり耳にしないが、ひと頃はよく新聞やテレビを賑わせた。

 
スモッグ(smog)はスモーク(smoke)とフォグ(fog)が合成された言葉だが、和製英語ではなく、霧の都として知られるロンドンあたりで生まれた言葉らしい。
 スモッグという言葉をあまり耳にしなくなったのは、大気汚染公害がなくなったからではない。
 むしろ、地球滅亡への速度はますます早まるばかりである。

 一方で環境汚染に対する社会の関心も高まり、大気汚染公害はNOx(窒素酸化物)、SOx(硫黄酸化物)といった指標で汚染源からの有毒物質排出が規制されるようになった。
 しかし、汚染の深刻化に歯止めをかけるための世界的合意を得るのは、依然として「いばらの道」である。

 世界的合意云々は置く。
 日常生活を見回すと、汚染の深刻化に加担している自分に気付かざるを得ない、矛盾した現実がある。

    スモッグ濃し大企業下の吾が職よ /草間時彦

 俳句の極意の一つは言い過ぎないことであると習いもしたし、また実際その通りだと思う。
 つい言い過ぎてしまう私は、いつも反省しきり。
 草間時彦さんの掲句は自嘲の句には違いないが、そのように見せて、実は言い過ぎない俳人の強い矜持を感じさせる一句である。
 光化学スモッグ…と自分が叫んだところでどうにもならない、一人絶望している句ではない。
 悲嘆の色を滲ませることによって、力に限りある個人が、歪んだ文明に対して、せめてもと警告を発信している句なのだと私は鑑賞する。



    イスタンブル冬霧の濃く機は巴里へ /むく

        (いすたんぶるふゆぎりのこく きはぱりへ)



 コガラ (2018.11.26 山中湖:山梨県)


 (2018年12月4日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

塩鮭(しおざけ、しおじゃけ)

2018/12/01 Sat

    塩鮭の切り身大きく生きにくし /むく

        (しおじゃけのきりみおおきく いきにくし)



 キンクロハジロ (2018.11.17 山中湖:山梨県)


 十二月

 月替わり早々、またシニカルな句になった。
 齢のせいにしておこう。

 今日も晴天。
 仕事漬けで出歩けないのが惜しい。

 昨日、ガンコちゃんにミヤマホオジロの写真を見せられた。
 「エーちゃん通りの林にいた」と。

 エーちゃん通りというのは、今はシニアになった有名なロッカーの家が「あった」通りのこと。
 建物はだいぶ以前に撤去されたそうだが、その径は今もエーちゃん通りと呼ばれている。
 なんでも、某週刊誌にスクープされてから彼の熱狂的なファンが昼夜分かたず押し掛けるようになって、家族がノイローゼになるなどして住めなくなったそうな。
 お気の毒。

 今は、珍しい野鳥もやって来るほど静かな場所になっている。
 ミヤマホオジロ、私はまだお目にかかったことがない。



 朝の富士山 (2018.11.23 山中湖:山梨県)


 (2018年12月1日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。約10年間の海外生活を除き首都圏の各地を転々。商社勤務の後、産業技術英語通訳・翻訳者。現在はほぼ引退し、愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。主な発信地は山梨県山中湖村。俳句は2000年から。いつもあと5kg痩せたい♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR