富士初雪落葉松の大金屏風

金蘭・銀蘭(きんらん・ぎんらん)

2017/05/31 Wed

    金蘭に遇ひ銀蘭に遇ひ峠 /むく

        (きんらんにあいぎんらんにあい とうげ)





キンラン (2017.5.22 金時山登山道:静岡県御殿場市)


 よく登ってくる場所ですが、金蘭が咲くとは思いもしませんでした。
 咲き初めらしき一茎。





銀蘭 (2017.5.22 東山界隈:静岡県御殿場市)


 小さな展望台のある尾根の近くに来ると、こんどは一叢の銀蘭に逢いました。
 金蘭、銀蘭と同じ日に両方見たのは初めて。
 ともに自生ですので、ちょっと希少な体験、かな♪



新緑 (2017.5.22 金時山登山道:静岡県御殿場市)


 いつもはこのあたりで引き返すのですが、この日は、ふと乙女峠バス停の「富士見茶屋」の絶景の富士山を観たくなって…。


新緑 (2017.5.22 金時山登山道:静岡県御殿場市)


 ここでまた思案して、「富士見茶屋」へ行く前に、乙女峠まで登ることにしました。
 と、意気込みは良かったのですが、ここからの登りはキツイ道で、しっかりへばりました。
 御殿場側からより箱根側からのほうが登りやすいそうです。



五月富士 (2017.5.22 乙女峠バス停前:静岡県御殿場市)


 ちょっとのつもりが9時間の散歩に。
 いや、散歩のつもりが山登りに。(反省)

 「富士見茶屋」でビールを飲みながら蕎麦を食い、帰りはバスに乗ろうかとも思いましたが、結局歩いて寓居に戻りました。

 次は金時山に…。

 

カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

万緑(ばんりょく)

2017/05/30 Tue

    万緑や見晴し悪ろき展望台 /むく

        (ばんりょくや みはらしわろきてんぼうだい)

 追記: 元の句「万緑やなんにも見へぬ展望台」を推敲。(2017.11.13)



乙女峠 (2017.5.22 静岡県御殿場市)



本当は富士山が見えるべき展望台 (2017.5.22 乙女峠:静岡県御殿場市)


 仕事が片付いて、今日からまた御殿場へ。
 「小児性遠足前夜症候群」らしく、今朝は未明から起きてゴソゴソと。
 FC2の画像アップロードが出来ない不具合に往生しましたが、さきほど回復。


 追記: 乙女峠の展望台は、その後2017年9月に高木の枝を伐採して、見晴らしが良くなったそうです。(2017.11.10)

* * * * *

 標高450mの御殿場の寓居から標高1,102メートルの乙女峠まで登ったのは5月22日。
 いつもの探鳥散歩のつもりが、ついつい足を伸ばし過ぎて、往復約20kmも歩いてしまいました。
 今度は600mm望遠レンズは置いて、おむすびを持って金時山に登りたいと思います。



水木の花 (2017.5.22 東山界隈:静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

朴の花

2017/05/28 Sun

    霊峰へ捧ぐる高さ朴の花

        (れいほうへささぐるたかさ ほおのはな)


    霊峰へ奉るべし朴の花 /むく

        (れいほうへたたまつるべし ほおのはな)


 1句はこそばゆい。
 2句を是としたい…が。



五月富士 (2017.5.22 東山界隈:静岡県御殿場市)



朴の花 (2017.5.19 東山界隈:静岡県御殿場市)



新緑 (2017.5.22 東山界隈:静岡県御殿場市)



富士山と山藤 (2017.5.20 東山界隈:静岡県御殿場市)


 今日は「雛」の横須賀吟行会ですが、仕事の最後の追い込みで参加できず。
 代わりにはなりませんが、一句を以て…。



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

楓若葉(かえでわかば)

2017/05/27 Sat

    静かさや楓若葉の返す雨 /むく

        (しずかさや かえでわかばのかえすあめ)



楓若葉 (ストック写真より)



楓の花 (2017.5.21 東山:静岡県御殿場市)



キビタキ (2017.5.23 東山:静岡県御殿場市)


 寓居と隣のゴルフ場の境界の林の中を飛び交って、ひねもす鳴いている黄鶲(きびたき)くん。
 やっと撮れました♪
 庭の木立の陰に隠れて30分ほど粘ったでしょうか。

 いつも「ぽんぽこりーん、ぽんぽこりーん、ル・リ・ビ・タ・キ(えっ!)」と聞こえる君の鳴き声がサイコー!



輪投げ (2017.5.22 乙女第2キャンプ場:静岡県御殿場市)


 こんな句を思い出しました。

    白富士をわなげの的に裾野の子 /五島瑛巳



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

朴の花

2017/05/26 Fri

    朴の花匂ふ夕闇風の絶へ /むく

        (ほおのはなにおうゆうやみ かぜのたえ)


 追記:元の句「風止みて匂ふ夕闇朴の花」を推敲。(2017.5.27)


朴の花 (2017.5.25 東山:静岡県御殿場市)



朴の花 (2017.5.22 東山:静岡県御殿場市)


 昨日から雨。
 予定を変更して、今朝はガンコちゃんと一緒に横須賀に帰ることに。
 仕事は横須賀で。
 終わったらすぐまた御殿場に戻ろうかと。



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

鉄線花(てっせんか)

2017/05/25 Thu

    鉄線花藍深ければ姉のこと

        (てっせんか あいふかければあねのこと)


    鉄線花姉へ安否を問ふ電話 /むく

        (てっせんか あねへあんぴをとうでんわ)


 特に心配があってのことではなく。
 鉄線の花が咲くと姉を思い出すのは、かつて、姉夫婦が東京を離れて茨城で暮らすようになった当時、その狭庭に咲かせていた一鉢が印象的だったから。
 以来、鉄線が姉に、姉は鉄線に。


キビタキ (2017.5.22 東山界隈:静岡県御殿場市)


 5月22日(月)/御殿場/晴れ。

 まだ暗い窓の外に水木の花が白く浮かび上がって始まる明易(あけやす)の一日。
 まず雪解(ゆきげ)富士の山頂に差す朝日。
 今日もよく晴れそうな予感。

 大根と油揚げの味噌汁と朝卵で摂る早い朝食。
 朝富士と鳥を観に、寓居を出たのは5時半を回った頃。
 外に出るや、幸先良く黄鶲(きびたき)に遭遇。







キビタキ (2017.5.22 東山界隈:静岡県御殿場市)


 …と、黄鶲に始まった長い一日のことを書きかけたところに、急ぎの仕事が。
 これから4、5日、仕事に没頭で、金曜日の酒席も日曜日の吟行会も、残念ながら出席できないことに。
 昨日ガンコちゃんが御殿場に来て、明日一緒に横須賀に帰る予定でしたが、それも変更。

 記事の続きも仕事が落ち着いてからになりそうです。
 悪しからず。

* * * * *

 リンクを追加しました。

 甘んさんの俳句と短歌とバーチャルウォーキングのブログ、
どん足日記
 よろしくお願いします。



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

茶摘時(ちゃつみどき) / 茶摘(ちゃつみ) / 茶摘女(ちゃつみめ) / 一番茶 / 製茶

2017/05/23 Tue

    茶摘時朝富士晴れる昨日今日

        (ちゃつみどき あさふじはれるきのうきょう)


    御殿場のどこもかしこも茶摘時

        (ごてんばのどこもかしこも ちゃつみどき)


    田仕事の一段落し茶摘時

        (たしごとのひとだんらくし ちゃつみどき)


    自家用の茶摘一族打ち揃ひ

        (じかようのちゃつみ いちぞくうちそろい)


    茶摘女の帽子目深に頬かむり

        (ちゃつみめの ぼうしまぶかにほおかむり)


    自家用と答ふ茶摘女笑顔美し

        (じかようとこたうちゃつみめ えがおはし)


    摘む先の茶の上に篭ところどころ

        (つむさきのちゃのちゃのうえにかご ところどころ)


    頬白も角に顔出す茶摘かな

        (ほおじろもすみにかおだす ちゃつみかな)


    男衆も一芯二葉一番茶

        (おとこしゅもいっしんによう いちばんちゃ)


    男衆の俄か茶摘と庇ふ腰

        (おとこしゅの にわかちゃつみとかばうこし)


    摘むよりも休憩長し自家用茶

        (つむよりもきゅうけいながし じかようちゃ)


    その日の葉夕には製茶すると云ふ

        (そのひのは ゆうにはせいちゃするという)


    風やさし光もやさし茶摘時 /むく

        (かざやさしひかりもやさし ちゃつみどき)


 追記:一夜明けていくつかの句を推敲、追加。(2017.5.24)


五月富士 (2017.5.21 東山界隈:静岡県御殿場市)


身内の人たち総出の自家用茶摘み (2017.5.21 東山界隈:静岡県御殿場市)


小型茶摘機での摘み取り (2017.5.21 東山界隈:静岡県御殿場市)


茶摘みのお姐さん方 (2017.5.21 東山界隈:静岡県御殿場市)



茶畑のホオジロ (2017.5.23 東山:静岡県御殿場市)


 思うように野鳥の写真が撮れず、疲労困憊して山から帰ってくると、寓居近くの茶畑で茶摘みの光景に。
 「NHKに写真を送って、みんなが見られるようにして」と言われましたが、そんな力作は撮れませんでした。
 お茶の栽培に関するお話を四方山伺った上に、「おーいお茶」まで頂戴して帰ってきました。

 御殿場の旧家は庭先に茶畑を持っておられるところが多く、おうちで飲むお茶を自分で作っておられます。
 リッチですね。

 摘んだ茶葉は、その日のうちに製茶しないと赤く変色して「お茶」にならなくなるため、夕方には地区の
共同製茶場に運び込んで製茶するのだそうです。

 茶の木にとって霜は大敵ですが、霧は良い茶を作ると言われています。
 こんな句もあるほど。

    朝々や茶がむまくなる霧おりる /小林一茶

 箱根連山を真後ろに控えた東山一帯は霧が出ることが多いので、茶の栽培に適しているということです。



茶の木の霜害 (2017.5.21 東山界隈:静岡県御殿場市)


 一般的な歴史として、茶の栽培が盛んなのは傾斜地、稲などの主要作物を栽培するには水利の便が良くない土地であった、というのが私の印象です。
 したがって、茶作りは多大な労苦を要する仕事であり、継承者の育成も容易ではないようです。
 「手作り」のお茶の尊さを改めて認識する一方、経済農業としては機械化、合理化を図ってゆくこともまた当然であろうと思った次第です。

 決して緑茶ファンではなかった私ですが、お茶に対する親しみが…。
 齢のせいか、御殿場の茶畑の中に庵を結んだせいか。



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

明易し

2017/05/22 Mon

    花白き水木もつとも明易し

        (はなしろきみずき もっともあけやすし)


    明易しセットし直す炊飯器 /むく

        (あけやすし せっとしなおすすいはんき)



水木の花 (2017.5.22 東山:静岡県御殿場市)



水木の花 (2017.5.22 東山界隈:静岡県御殿場市)



水木の花 (2017.5.19 東山界隈:静岡県御殿場市)



水木の花 (2017.5.19 東山界隈:静岡県御殿場市)



朝富士 (2017.5.21 東山界隈:静岡県御殿場市)


 この数日、朝は5時前に自然に目が覚めてしまいます。
 さあ、今日も朝の富士山と野鳥を観に行くぞ!と気合が入ります。
 会社に行く場合だと絶対に考えられないことです。
 ガンコちゃんには「小児性遠足前日症候群」だと言われています。

 昼はいっぱい歩いて身体に負荷をかけ、夜はいっぱい飲んで爆睡。
 好循環、かな。
 明日もガンバルぞー!
 (今日は27,000歩も歩いてしまったので、明日だいじょうぶかな…。)



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

朴青葉(ほおあおば) / 朴の花

2017/05/21 Sun

    山の子のお面遊びに朴青葉

        (やまのこのおめんあそびに ほおあおば)


    赤飯を朴の青葉に包みもし

        (せきはんを ほおのあおばにつつみもし)


    子の頃は知らずにをりし朴の花

        (このころはしらずにおりし ほおのはな)


    足柄の尾根より朝日朴の花

        (あしがらのおねよりあさひ ほおのはな)


 追記:元の句「足柄の尾根越へ朝日朴の花」を推敲。当初の詠に戻す。(2017.5.23)


    ひとり聞く青鳩さみし朴の花

        (ひとりきくあおばとさみし ほおのはな)


    あした数へゆふべにもまた朴の花

        (あしたかぞえゆうべにもまた ほおのはな)


    朴の花匂ふ風待つ夕べかな /むく

        (ほおのはなにおうかぜまつ ゆうべかな)



朴の花 (2017.5.19 深沢:静岡県御殿場市)


 乙女峠、長尾峠、さらには金時山へと続くハイキング道。
 ところどころにある標識だけが頼りの、地図にも載っていない径。
 尾根道に沿うように深い谷があって、谷の斜面は杉林。
 見晴るかせば、つい先日まで山桜が咲いていたあたりの斜面には、朴の花が。
 季節の移ろいのなんと早いことでしょう。

 


山桜 (2017.5.7 深沢:静岡県御殿場市)



朴の花 (2017.5.20 深沢:静岡県御殿場市)



朴の花 (2017.5.20 深沢:静岡県御殿場市)



朴の花 (2017.5.20 深沢:静岡県御殿場市)



朴の花 (2017.5.21 東山:静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

巣作り / かき氷

2017/05/20 Sat

    配管の穴に巣作りするつもり

        (はいかんのあなにすづくり するつもり)


    富士に雲てんこ盛りなるかき氷 /むく

        (ふじにくも てんこもりなるかきごおり)



シジュウカラ (2017.5.16 東山:静岡県御殿場市)


 御殿場の寓居のパソコンからのインターネット接続は、今までpocket wifiを使って行っていました。
 ところが、データダウンロード量がpocket wifi基本契約の月7GBでは不足。
 容量を超えると通信速度が遅くなります。
 通常速度を維持するには追加料金を支払わなくてはなりません。
 やはりモバイル通信手段以上のものではないですね。

 昨日、光回線引込みの工事を行い、今日、ちょっと苦労しながらネットの接続設定を完了。
 やっと快適な通信環境になりました。

 初めからそうしたかったのですが、物件を購入した当初、光回線は施設されていない建物だということで断念したのです。
 寓居がある一帯は景観保護地域として市街化調整区域になっているので、それが理由かな…と納得して、それでpocket wifiにした次第でした。

 その後、お住まいになっていらっしゃる皆さんと交流が深まって、いろいろな情報が集まった結果、やっと光フレッツにすることが出来た、という次第です。
 光回線はとっくに施工済みだったんです。
 不動産会社、電話会社、プロバイダですら、こうした個別情報は必ずしも正確ではないことがあるようです。
 やれやれ。

* * * * *

 5月初めから歩く探鳥に徹して、2kg体重が減りました。(やっと)
 明日も晴れそうなので…。



花空木 (2017.5.16 東山:静岡県御殿場市)



朴の花 (2017.5.19 東山:静岡県御殿場市)



御殿場の町と富士山 (2017.5.19 東山:静岡県御殿場市)



雲も富士山形に (2017.5.19 東山:静岡県御殿場市)


 かき氷にはまだ早いですが。


カネやモノでなく、未来の大人たちに豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR