BGM: Send in The Clowns - Arve Tellefsen (Violin)


切り札を最後に使ひ花吹雪 むく

ほおじろ(頬白) / ハンカチーフ

2017/04/26 Wed

    頬白の茶人めきたる背筋かな

         (ほおじろの さじんめきたるせすじかな)


    ハンカチーフ背筋真直に拾ふ人 /むく

         (はんかちーふ せすじますぐひろうひと)



ホオジロ (2017.4.17 東山界隈:静岡県御殿場市)



茶畑 (2017.4.17 東山界隈:静岡県御殿場市)


 ホオジロは春、ハンカチーフは夏の季語。
 もうすぐ八十八夜ですね。

 天気が下り坂ではあるようですが、引っ越しの片付けも目途がついたので、明日からまた御殿場へ。
 少しゆっくりして来たいところ。



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブロッコリ

2017/04/26 Wed

    木造の校舎の昭和ブロッコリ /むく

         (もくぞうのこうしゃのしょうわ ぶろっこり)


 ブロッコリの季は冬。
 写真をと思いつつ撮る機会を逸してしまったので、ストック写真とともに、ここに。



ブロッコリの花 (ストック写真より)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

代田掻き / 代掻く / 春の泥

2017/04/25 Tue

    代田掻き鼻環の牛引きしこと

         (しろたかき はなかんのうしひきしこと)


    泥深し牛で代掻く沢の小田

         (どろふかし うしでしろかくさわのおだ)


    ジャムパンと牛乳の昼代掻く子

         (じゃむぱんとぎゅうにゅうのひる しろかくこ)


    代田掻き澄みたる牛の目に泪

         (しろたかき すみたるうしのめになみだ)


 追記:元の句「牛の眼に涙ありけ代田掻き」を推敲。(2017.4.26)


    春の泥泡吹いて哭くへたれ牛 /むく

         (はるのどろ あわふいてなくへたれうし)


 念のために、悲しすぎる最後の一句は別景を詠んだものです。


ハルジオン (ストック写真より)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

木苺の花 / ピクニック / さえずり / 銀杏若葉 / こでまり / 浜大根の花 / 十二単 / 鶯

2017/04/24 Mon

    バスの去り行きて木いちご花ま白

         (ばすのさりゆきてきいちご はなましろ)


 提出句「バスの去り行き木苺の花白し」を推敲。


    ピクニックの子「パパ、いいこと考えた」

         (ぴくにっくのこ ぱぱいいことかんがえた)


 提出せず。


    さえずりを浴びて「くるくるすべり台」

         (さえずりをあびて くるくるすべりだい)


 提出句「さえずりの下にくるくるすべり台」を推敲。


    銀杏若葉耳を澄ませばホルンの音

         (いちょうわかば みみをすませばほるんのね)


 追記:提出句「花銀杏どこからとなくホルンの音」を再推敲。(2017.4.26)


    銀色の風のフルートこでまりへ

         (ふぎんいろのかぜのふるーと こでまりへ)


 提出せず。


    こでまりのフリルを君のブラウスに

         (こでまりのふりるを きみのぶらうすに)


    浜大根の花淡色に濃き色に

         (はまだいこのはな あわいろにこきいろに)


 追記:提出句「濃く淡く浜大根の花の色」を再推敲。(2017.4.26)


    杖を手に十二単を見てをられ

         (つえをてに じゅうにひとえをみておられ)


 風人子先生選。(おまけで)


    うぐひすの近鳴き句会なごやかに /むく

         (うぐいすのちかなき くかいなごやかに)


 元の句「うぐひすの一声句会なごやかに」を推敲。(2017.4.25)

 うららかな一日となった昨日の吟行会。
 私の特選2句。

     たかんなにけものの気配ありにけり /則子

 「たかんな」は筍(たけのこ)の古語。
 「気配」を私は「けわい」と読み下しました。
 けものの「気配」を感じたところがスゴイ。
 八百屋の店先や台所の筍ではなく、眼前の竹林に生えている筍が彷彿とする一句。
 豊かな詩人の感性。

     それぞれの歩幅に渚春惜む /十四男

 「渚の砂にくっきりと印されたそれぞれの歩幅が、まるで物差しのように、それぞれの老化進行度の違いを示している」とは巧い嘘で、納得してしまった。
 うららかさの中のペーソス。

 


ピクニック (ストック写真より)



浜大根の花 (2017.4.23 鴨居漁港:神奈川県横須賀市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

初燕(はつつばめ)

2017/04/23 Sun

    初燕畦を繕ふ野球帽

         (はつつばめ あぜをつくろうやきゅうぼう)


    初燕コンクリートの畦多し /むく

         (はつつばめ こんくりーとのあぜおおし)



畦繕い (2017.4.3 東山界隈:静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

花果つ(はなはつ) / 花の果(はなのはて)

2017/04/22 Sat

    妻と聞くふくろふ花の果てし夜

         (つまときくふくろう はなのはてしよる)


    ふくろふの二夜は啼かず花の果 /むく

         (ふくろうのふたよはなかず はなのはて)



残雪 (2017.4.16 西臼塚:静岡県富士宮市)


 写真は富士山ですが、ふくろうの声を聞いたのは一昨日の夜、横須賀で。
 そんな身近なところで、しかもこんな季節に聞けるとは思ってもいなかったので、まさか、と耳を疑いました。
 青葉木菟(あおばずく)ではありません。
 「ゴロスケホー」と、何度も。
 雌を呼んでいたのでしょうか。
 また聞けるかな…。
 義母にもぜひ聞かせて差し上げたいものと。

 明日は月例の「雛」横須賀吟行会へ。
 何か月ぶりか…。
 いい加減で申し訳ありません。



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

花の雲 / 花万朶(はなばんだ) / 花の朝 / 豆桜(まめざくら)

2017/04/21 Fri

    花の雲振り返るその上に富士

         (はなのくも ふりかえるそのうえにふじ)


    一片の雲なき富士や花万朶

         (いっぺんのくもなきふじや はなばんだ)


    小鼓打たまほしき法華花の朝

         (こつづみうたまほしきほっけ はなのあさ)


    つつましきゆゑに愛され豆桜

         (つつましきゆえにあいされ まめざくら)


    背伸びして滅びし世あり豆桜 /むく

         (せのびしてほろびしよあり まめざくら)



平和公園 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


平和公園 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


平和公園 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


枝垂れ桜 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


東山観音堂 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


豆桜 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


豆桜 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


豆桜 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


豆桜 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

花すみれ / 蜂 / 花かたくり / かたかごの花

2017/04/19 Wed

    気をつけても踏みさうなほど花すみれ

         (きをつけてもふみそうなほど はなすみれ)


    刺されても未だ痛くないほどの蜂

         (さされてもまだいたくないほどの はち)


    花かたくり山の絵を描く人の庭

         (はなかたくり やまのえをかくひとのにわ)


    かたかごの花に囲まれゐし苫屋 /むく

         (かたかごのはなにかこまれいし とまや)





スミレ (2017.4.16 東山:静岡県御殿場市)


 男ですから、ふだんは「花すみれ」ではなく「すみれぐさ」です。

    山路来て何やらゆかしすみれ草 /芭蕉

 「花すみれ」と詠んだのは初めて…だと思います。

    もののふの八十少女らが汲みまがふ寺井の上の堅香子の花 /大伴家持(万葉集)

 「堅香子」(かたかご)は「かたくり」(片栗)の別称。



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

花明り

2017/04/19 Wed

    バルコニー発牛飼座行き花の宵 /むく

         (ばるこにーはつうしかいざゆき はなのよい)



秩父宮記念公園 (2017.4.15 東山界隈:静岡県御殿場市)


 また牛飼座の句を。


カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

亀鳴く

2017/04/18 Tue

    浮橋に富士を釣る人亀鳴く日 /むく

         (うきはしにふじをつるひと かめなくひ)



東山湖 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


 早朝。
 まだ釣り人も少なく、浮橋にはアオサギが。



東山湖 (2017.4.16 東山界隈:静岡県御殿場市)


 しばらく近くを散歩してから戻ってくると、広い駐車場はすでに満車状態。
 この日は釣りの大会とかで、特に人出が多かったようです。



カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ご訪問ありがとうございました。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR