BGM: Aqua Harp


茱萸沢のここより棚田雪解富士 むく

凍豆腐(しみどうふ)

2016/01/31 Sun

    汁の実の凍豆腐なる流離の日 /むく

         (しるのみのしみどうふなる りゅうりのひ)


 推敲2(2016.1.31): 元の句 「汁の実の凍豆腐なり流離の日」
 推敲1(2016.1.31): 元の句 「味噌汁の実に凍豆腐流離の日」

 高野豆腐とも呼ばれる凍み豆腐は好物の一つ。
 食べる習慣のなかったガンコちゃんも最近は美味しさが分かってきたようで、よく炊いてくれるようになりました。
 インゲン、ニンジン、それにスライスした椎茸と一緒に、かつお出汁で炊きます。
 季節には筍なども。

 凍み豆腐は、私が育った陸奥(みちのく)では古くからあった食品ですが、子供の頃からよく食べていた訳でも好きだった訳でもありません。
 日本食の食材が限られた単身赴任の海外で、自炊生活をしているうちに食べるようになりました。
 食べ慣れるにしたがって美味さが分かってくる、不思議な食べ物です。

 今は、健康に良さそうという思いもあって食べています。
 さすがに、味噌汁の具にすることはありませんが。


雀
夕雀 (散歩道:神奈川県横須賀市 2016.1.28)



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

風冴ゆる

2016/01/30 Sat

    また一基原発稼働風冴ゆる /むく

         (またいっきげんぱつかどう かぜさゆる)


 2011年3月11日に発生した東日本大震災の地震と津波の影響で、東京電力福島原子力発電所は炉心溶融事故(メルトダウン)という、原子力発電所においては凡そあってはならない重大事故を起こしました。
 作為的に起こしたのではないとしても、天災ではなく明らかな人災として「起きた」のです。
 日本中を、いや世界中を恐怖に陥れたこの恐ろしい事故を、私たちはフクシマの名前で呼ぶようになりました。
 あれから5年が経とうとしている今、経済優先政策の足掻きの中で、フクシマは早くも過去の不幸として葬られようとしています。
 悪魔に魂を売り渡した化け物どもが、既存原発を続々と再稼働させるべく暗躍、跋扈(ばっこ)しています。


雀


雀
雀 (散歩道:神奈川県横須賀市 2016.1.28)



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

「雛」掲載句(2015年~2016年)

2016/01/30 Sat

   掲載句・掲載記事




(2016年12月号)



 雑詠(風人子選)

         来し方の思ひ出の縷々曼殊沙華

          (こしかたのおもいでのるる まんじゅしゃげ)


         葛の花こぼるる小谷戸水早し

          (くずのはなこぼるるこやと みずはやし)


         妻に名を訊ねてばかり草の花

          (つまになをたずねてばかり くさのはな)


 10月23日横須賀吟行会(風人子選)


         一輪の茶の花留守を守る母へ

          (いちりんのちゃのはな るすをもるははへ)


         野のものの常かな油点草こぶり

          (ののもののつねかな ゆてんそうこぶり)



(2016年11月号)



 雑詠(風人子選)

         銀輪に親しみ街へ夕立あと

          (ぎんりんにしたしみまちへ ゆだちあと)


         オムレツを返すは苦手避暑の朝

          (おむれつをかえすはにがて ひしょのあさ)


 9月25日横須賀吟行会(風人子選)

         曼殊沙華思ひは徐々に昔へと

          (まんじゅしゃげ おもいはじょじょにむかしへと)


         久々の朋みな笑顔小鳥来る

          (ひさびさのともみなえがお ことりくる)




(2016年9月号)



 雑詠(風人子選)

         金蘭花溶岩の樹海の木漏れ日に

          (きんらんか らばのじゅかいのこもれびに)


         茱萸沢のここより棚田雪解富士

          (ぐみさわのここよりたなだ ゆきげふじ)


         茱萸摘みて先の戦の話など

          (ぐみつみて さきのいくさのはなしなど)




(2016年8月号)



 雑詠(風人子選)

         山笑ふ噴煙のやや鎮まりて

          (やまわらう ふんえんのややしずまりて)


         往来を雉悠然と渡りけり

          (おうらいを きじゆうぜんとわたりけり)




(2016年5月号)



 雑詠(風人子選)

         雪だなやくらんこむくりして遊ぼ

          (ゆきだなや くらんこむくりしてあそぼ)


         胼薬捨てようとして母のこと

          (ひびぐすり すてようとしてははのこと)


         同郷の女将嬉しや凍大根

          (どうきょうのおかみうれしや しみだいこ)


         凍つる夜の回つてゐない観覧車

          (いつるよの まわっていないかんらんしゃ)




(2016年4月号)



 雑詠(風人子選)

         引いてから山雀の来る初御籤

          (ひいてからやまがらのくる はつみくじ)


         海に日の薄き一日かいつぶり

          (うみにひのうすきいちにち かいつぶり)


 2月11日東京吟行会(風人子先生後選)

         ひと回り雀小さくなつて春

          (ひとまわりすずめちいさくなって はる)


         二ン月の原爆ドームに行くと言ふ

          (にんがつの げんばくどーむにゆくという)




(2016年2月号)



 12月27日横須賀吟行会(風人子選)

         メンバーズカード流行りや街師走

          (めんばーずかーどばやりや まちしわす)




(2016年1月号)



 雑詠(風人子選)

         母も外へ出でて見上ぐる鷹柱

          (ははもとへいでてみあぐる たかばしら)


         落城の悲話に十月桜かな

          (らくじょうのひわに じゅうがつざくらかな)




(2015年12月号)



 雑詠(風人子選)

         嫌はれて自由の風に悪茄子

          (きわわれてじゆうのかぜに わるなすび)


         草の名を訊ね訊ねてホ句の秋

          (くさのなをたずねたずねて ほくのあき)


 10月25日横須賀吟行会(風人子選)



         また一羽鵯の来る寺庇

          (またいちわひよどりのくる てらびさし)
          ※ 「俳句四季」2015年12月号掲載句


         教会のバザー賑はふ秋一日

          (きょうかいのばざーにぎわう あきひとひ)




(2015年11月号)



 9月27日横須賀吟行会(風人子選)

         桐一葉平和憲法危ふき世

          (きりひとは へいわけんぽうあやうきよ)




(2015年8月号)



 6月28日横須賀吟行会(風人子選)

         灯台の螺旋階段夏の雲

          (とうだいのらせんかいだん なつのくも)


         近ごろの髪のカラフル合歓の花

          (ちかごろのかみのからふる ねむのはな)





                月刊「雛」: 編集・発行人 高田風人子 福神則子
                発行所:   〒155-0033 東京都世田谷区代田6-9-10 雛発行所
                誌代:    月900円(年間10,800円)。

 ※ 「雛」の見本誌をご希望の方は上記発行所にご請求ください。
    (または、当ブログのコメント欄にその旨をお書き込みくだされば取次いたします。)
 ※ 「雛」は、長年高濱虚子、星野立子に師事し、ホトトギス本流の諷詠の道一筋に歩んで来られた高田風人子先生主宰の「惜春」の後継誌です。(「雛」主宰:福神則子先生)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2016年)

2016/01/30 Sat

月刊 俳 句 界  掲載句 (2016年)





        じょうびたき蝋梅の枝に止まるはず

         (じょうびたき ろうばいのえにとまるはず)
         2016年5月号 雑詠 京本マチ子選:佳作





        頭高老いても子らに従わず

         (あしらだか おいてもこらにしたがわず)
         2016年4月号 兼題「高」 高橋将夫・能村研三各選:佳作


        ひよどりの勧進の声高々と

         (ひよどりのかんじんのこえ たかだかと)
         2016年4月号 兼題「高」 高橋将夫選:佳作


        鯛焼の少し透けたるあばら骨

         (たいやきの すこしすけたるあばらぼね)
         2016年4月号 雑詠 角川春樹選:秀逸


        朝の市三里四方の冬野菜

         (あさのいち さんりしほうのふゆやさい)
         2016年4月号 雑詠 佐藤朝績選:佳作




        えごの実のたわわ山雀来るを待つ

         (えごのみのたわわ やまがらくるをまつ)
         2016年1月号 兼題「山」 中西夕紀選:佳作


        降り出したか山雀ついに現れず

         (えごのみのたわわ やまがらくるをまつ)
         2016年1月号 兼題「山」 名和未知男選:佳作




文學の森社発行の月刊『俳句界』のウエブサイトはこちら


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

胼薬(ひびぐすり);皸(あかぎれ)

2016/01/29 Fri

    胼薬捨てようとして母のこと

         (ひびぐすり すてようとしてははのこと)


    皸とこぼしつ扱く布の音 /むく

         (あかぎれとこぼしつしごく きぬのおと)


 推敲1 (2016.1.29): 元の句「皸とこぼしつ扱くの衣の音」

ゴルフボール


 ゴルフ場にも練習にも行かなくなって、指がひび割れすることもなくなりました。


「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

日脚伸ぶ

2016/01/28 Thu

    東京の味の海苔巻日脚伸ぶ /むく

         (とうきょうのあじののりまき ひあしのぶ)


 推敲1: 元の句「海苔巻は東京の味日脚伸ぶ」(2016.1.29)

 先日の吟行会で、提出時間までに仕上がらなかった句。
 季題を変えて。

 仕事から開放されて、今日は久々に戸外を満喫。
 万歩計もしっかり回ってくれました。
 明日から天気が下り坂と言う予報が恨めしく。


メジロ
メジロ (散歩道:神奈川県横須賀市 2016.1.28)


白梅
白梅 (散歩道:神奈川県横須賀市 2016.1.28)


白梅
白梅 (散歩道:神奈川県横須賀市 2016.1.28)



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

2016/01/26 Tue

    雪だなヤくらんこむくりして遊ぼ /むく

         (ゆきだなや くらんこむくりしてあそぼ)



 めまいがする…と、医者に行ったガンコちゃん。
 診察結果は「良性発作性頭位めまい」という病気だとか。
 耳の中の耳石器という頭の位置を感じる感覚器官の中にある耳石の一部が剥離して、三半器官の内部に迷入することによって起こるめまいだそうです。
 「良性」ということで、比較的治りは早いということです。
 有効なリハビリ法は、積極的にめまいが起こりやすい頭の位置をとるなどして、三半器官から早く浮遊耳石を追い出すようにすることだとか。
 乗り物酔いに似た症状のようです。
 処方してもらった薬は「トラベルミン」?

 修学旅行の前の夜、乗り物に弱い子供は寝る前に布団の上で「でんぐり返り」をすると良いと聞かされたことを思い出しました。
 でんぐり返りのことを、陸奥(みちのく)の私が育った地方では「くらんこむくり」と言います。
 ググってもちゃんと出てこないところを見ると、今はもう言わなくなったのかな。

 あれ、前の「野水仙」の記事をコピッたつもりで書いていたら、上書きされて前の記事が消えてしまいました。
 失礼しました。
 仕事の手を休めて書いていたもので、うっかり…。



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

BGM

2016/01/25 Mon

 BGMがInternet Explorer以外のブラウザでも鳴るようにHTMLタグを書き直しました。
 Microsoft Edgeで鳴ることは確認しました。
 Google Chromeでも鳴るだろうと思います。
 鳴らないようでしたら教えてください。


寒月 2016.1.25
寒月 2016.1.25


 一服しにベランダに出たら、ちょうど山際から月が昇るところでした。
 撮ろうかなと思って部屋に戻り、カメラのシャッター速度やF値を設定。
 それこれしている間に月はどんどん高く…。
 山の端を入れて撮ろうと思いましたが、今夜は失敗。



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

寒の月

2016/01/25 Mon

    寒の月軟着陸のた易からず /むく

         (かんのつき なんちゃくりくのたやすからず)


 推敲2: 元の句「寒の月軟着陸の易からず」(2016.1.25)
 推敲1: 元の句「寒の月軟着陸は夢の夢」(2016.1.25)

 天心に寒月。
 昨日は吟行会に行けず、残念。

 今日は何が何でも仕事を終わらせ…たいが、終わるかなぁ。
 まずは寝ることに。


水仙 2014.1.11
水仙 (ストックから)



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

寒暁(かんぎょう)

2016/01/24 Sun

    寒暁のシチューに感謝空港へ /むく

         (かんぎょうのしちゅーにかんしゃ くうこうへ)


 これも忙しく飛び回っていた頃。
 インドへ行く朝だったかと。

 コルコタ(=カルカッタ)から先は列車で移動。
 列車内では大きなスーツケースの置き場所がありません。
 網棚に載せるのは万一落ちたら危険。

 インドへの旅行はいつもスーツケースなし。
 必要に迫られてのTravel Lightでした。

 シチューが俳句になったのは、インドに居る間、何度も思い出したから…かな。


白梅 2014.1.27
白梅 (ストックから)



「違憲安保法廃止」、「原発ゼロの日本」を求める超党派の市民運動を応援します。(渡邊むく)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR