旅は秋パンとチーズと地のワイン

迎春花

2014/12/31 Wed

2014.12.30 蝋梅 (散歩道:神奈川県横須賀市)
2014.12.30 蝋梅 (散歩道:神奈川県横須賀市)


    蝋梅を見つ幾たびの年迎え /むく




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

小晦日(こつごもり)

2014/12/30 Tue

2014.12.30 水仙 (散歩道:神奈川県横須賀市)
2014.12.30 冬朝日 (散歩道:神奈川県横須賀市)

 朝起きてすぐ、ガンコちゃんと歩いてパンを買いに。
 山を一つ越した向こう側の浦賀にあるパン屋までは、歩いて30分ほどの道のり。
 (食べる物が何もなかったからではなく、単なる朝の散歩です…念のため。)

 そのパン屋「
はまだぶんてん」(浜田分店) 」は、今から百年も前の大正3年(1914年)に創業されたという古い店で、昼時に前を通ったりすると、"行列の出来るパン屋さん"になっていることもある人気店です。
 かつては浦賀ドックの正門近くにあり、ガンコちゃんも子供の頃からよくお世話になったそうですが、その後現在地に移転。


    パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 /高田風人子

 昭和24年12月号で、虚子選雑詠で初めて「ホトトギス」の巻頭句に採られた風人子先生の句。

 この句を知ったのは「惜春」に入会する前のことですが…
 「作者は浦賀にお住まいの人らしい」
 とガンコちゃんに話すと、
 「あのパン屋かなぁ…。」

 私がこの句を印象深く思ったのは、若い頃に親しんだゲーテの詩のこんな一節を思い出したからでもあります。


      身持ちがいい粉屋の娘にキスをすれば、
      すぐに皆に知られますよ。
      その美しく黒い服を
      粉で白く染めたら
      ご迷惑でしょう。
                ―― 「小姓と水車小屋の娘」(ゲーテ)


 その後、このパン屋は浦賀ドック正門傍にあった頃の浜田分店だと、風人子先生から直接お伺いしました。
 先生は浦賀ドックにお勤めでしたから、浜田分店のパンはよくお買いになったようで、この句はそうした若き日の先生の生活の一コマを詠まれたものです。
 さりげない生活の中に詩を見出すことの巧みさが、風人子先生の若い頃からの特徴であったことを窺い知ることができる一句だと思います。


2014.12.30 梅蕾む (散歩道:神奈川県横須賀市)
2014.12.30 梅蕾む:神奈川県横須賀市)

 散歩の途中、もしやと思って見た紅梅の木に、蕾が膨らみ始め、一輪は花が開いていました。
 梅の種類にもよるでしょうが、暖かい横須賀ならではとも。

2014.12.30 一輪 (散歩道:神奈川県横須賀市)
2014.12.30 一輪:神奈川県横須賀市)

 大晦日(おおみそか)の前日である今日12月30日は小晦日(こつごもり)。

 
    春や来し年や行きけん小晦日 /芭蕉

 「まだ小晦日(旧暦12月29日)だというの立春になった。
 春が来たと言えばいいのか、年の果だと言えばいいのか。
 ともかく、そんなややこしい年もいよいよ終りを待つばかり」
 …という感懐は、太陽暦で暮らすようになった現代人には理解しにくいものになってしまいました。

 芭蕉19歳春の作。
 制作年代が判明しているものの中では、芭蕉最古の作品だそうです。
 言い回された類型句とされ、評価は高くありません。
 しかし、19歳の若者が詠んだとは思えない老成ぶりには「さすが」と唸ってしまいます。

 
2014.12.30 光るトンネル (散歩道:神奈川県横須賀市)
2014.12.30 光るトンネル (散歩道:神奈川県横須賀市)

 午後からはガンコちゃんの母上の年用意の買い物のお手伝い。
 「歩かなくちゃ」と仰る母上。
 お住まいからスーパーまで、歩いて往復。
 帰りはお疲れになったようでした。

 我が家用は、明日も少し買い物に行かなくては。
 と言っても、元旦はゴルフなので、朝の雑煮を食べる暇もなし。
 簡単な年用意です。

 少しは飲めるようになったので、酒を1升買ってきました。
 〆張鶴がなかったので剣菱。
 目の前にあると思うと、ソワソワ。
 もう今日からでも飲み始めたくなってきます。
 なければ忘れていられるのに…。


2014.12.30 水仙 (散歩道:神奈川県横須賀市)
2014.12.30 水仙 (散歩道:神奈川県横須賀市)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

牡蠣小屋(かきごや)

2014/12/30 Tue

2014.12.28 牡蠣小屋 (ヴェルニー公園:神奈川県横須賀市)
2014.12.28 牡蠣小屋 (ヴェルニー公園:神奈川県横須賀市)

 一昨日の吟行会で歩いたヴェルニー公園には、今年も牡蠣小屋が出ていました。
 前を通ると、小屋の中で焼いている牡蠣の、素通りし難いような匂いが。
 折しもちょうど昼餉時。
 でも句会の前。
 グッと堪えて、ショッパーズプラザのコーヒーショップでサンドイッチを食べて句会の会場へ。

 牡蠣は大好き。
 特に生牡蠣には目がありません。
 いろいろな国で生牡蠣を食べました。

 アメリカでは利用することが一番多かったシカゴのオヘア空港。
 そのトランジット・ターミナルにあるオイスターバーは、立ち寄るのがいつも楽しみでした。

 オーストラリアのメルボルンでは、滞在した2週間のあいだ、一日も欠かすことなく、合計108個の生牡蠣を食べました。
 牡蠣でお腹を壊したことはありません。

 でもガンコちゃんは生の貝類が苦手で、牡蠣もダメ。
 という次第で、我が家では滅多に食べることがありません。
 食べたい時は自分で生牡蠣を買ってきて、カクテルソースも自分で作ります。
 と言っても、ケチャップにワサビを溶いただけの簡単なソースですが。


    貝を焼く小屋の匂いも春めきて /むく

 今年2月の吟行会で詠んだ句。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

十二月の詩

2014/12/29 Mon

2014.12.21 冬耕 (大田和:神奈川県横須賀市)
2014.12.21 冬耕 (大田和:神奈川県横須賀市)

 車で通りかかった冬菜畑で。

2014.12.26 夜明け前 (久里浜港:神奈川県横須賀市)
2014.12.26 夜明け前 (久里浜港:神奈川県横須賀市)

 始発の東京湾フェリーを待つ間に、高い乗船桟橋の上から。

2014.12.26 港の朝 (久里浜港:神奈川県横須賀市)
2014.12.26 港の朝 (久里浜港:神奈川県横須賀市)

 夜明けの光が造る影が面白かったので。
 こういうシルエットを見ると、ブレーメンの音楽隊を思い出します。


2014.12.26 ゴルフ連絡船 (東京湾フェリー)
2014.12.26 ゴルフ連絡船 (東京湾フェリー)

 アクアラインのET車通行料金が安くなってからフェリーの利用客が激減。
 とは言え、朝のフェリーはゴルフ客で賑やか。
 船にはキャディバッグを数百個積める専用のラックが装備されています。


2014.12.26 門松立てる (随縁CC竹岡コース・クラブハウス:千葉県富津市)
2014.12.26 門松立てる (随縁CC竹岡コース・クラブハウス:千葉県富津市)

 昨日まではクリスマス飾りに彩られていたクラブハウス。
 その玄関に、朝着いた時にはなかった門松が、いつの間にか立てられていました。

 元旦は東京湾フェリーの船上から初日の出を拝み、ガンコちゃんと鴨川カントリークラブへ「健康祈願」に行く予定。
 それまで、しっかり風邪を治してください。>ガンコちゃん


2014.12.28 当たる宝くじ売り場(汐入ショッパーズプラザ:神奈川県横須賀市)
2014.12.28 当たる宝くじ売り場(ショッパーズプラザ:神奈川県横須賀市)

 "当たる"宝くじ売り場のようです。
 場所は汐入ショッパーズプラザ1階。
 今年の年末ジャンボ宝くじ、もう締切?
 (買えばよかった…。)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

去年今年(こぞことし)

2014/12/29 Mon

 昨日は今年最後の「惜春」吟行会と納めの句座。
 7句提出。
 風人子選に採っていただいた句は2句。


2014.12.28 原子力空母George Washington (米海軍横須賀基地港:神奈川県横須賀市)
2014.12.28 原子力空母George Washington (米海軍横須賀基地港:神奈川県横須賀市)

    原子力空母静かな年の暮 /むく


 米海軍基地に近い小高い丘に登って軍港を眺めたので、「軍艦」や「艦」を詠まれた方が他にも何人かおられました。
 そのうちの一句。


    枯草を掴み軍艦見に丘へ /くがを

 「枯草を掴み」は圧倒的な臨場感のある素晴らしい表現、と感服。


2014.12.28 軍港めぐりの遊覧船(横須賀港:神奈川県横須賀市)
2014.12.28 軍港めぐりの遊覧船(横須賀港:神奈川県横須賀市)

    鈴なりのデッキの人や冬ぬくし /むく


 2句目は風人子先生に添削していただいた句。

 以下、提出した他の5句。
 一部は推敲。



2014.12.21 鶴岡八幡宮 (太田和:神奈川県横須賀市)
2014.12.21 鶴岡八幡宮 (太田和:神奈川県横須賀市)

    年送る薪堆く里社 /むく


2014.12.28 軍港めぐりの遊覧船(横須賀港:神奈川県横須賀市)
2014.12.28 Yデッキ(横須賀中央駅:神奈川県横須賀市)

    行く年や世のバベルともソドムとも /むく


2014.12.28 水仙 (神奈川県横須賀市)
2014.12.28 水仙 (神奈川県横須賀市)

    水仙を青空市に買ひしこと /むく


2014.12.28 横須賀中央駅前 (神奈川県横須賀市)
2014.12.28 横須賀中央駅前 (神奈川県横須賀市)

    片手袋ゲーム機を手にこの人も /むく


2014.12.28 真弓の実 (神奈川県横須賀市)
2014.12.28 真弓の実 (神奈川県横須賀市)

    深霜に日の射し初むる千枚田 /むく


 句会後、忘年会を行う予定でしたが、暮もいよいよ押し詰まってからの吟行会となったため、何かと忙しい主婦の皆さんのご負担を考慮して中止。
 代わりに、1月の吟行会の後に新年会を行うことに。

 少し飲めるようになってきた私は、HさんとSさんをお誘いして久しぶりに「反省会」。
 居酒屋のあとはカラオケスナックへ。
 お二人ともお元気なこと。


2014.12.28 杉の実 (神奈川県横須賀市)
2014.12.28 杉の実 (神奈川県横須賀市)

2014.12.28 冬薔薇 (神奈川県横須賀市)
2014.12.28 冬薔薇 (神奈川県横須賀市)

2014.12.28 冬薔薇 (ヴェルニー公園:神奈川県横須賀市)
2014.12.28 冬薔薇 (ヴェルニー公園:神奈川県横須賀市)

2014.12.28 冬薔薇 (ヴェルニー公園:神奈川県横須賀市)
2014.12.28 冬薔薇 (ヴェルニー公園:神奈川県横須賀市)

2014.12.28 文旦(ぶんたん)でしょうか? (神奈川県横須賀市)
2014.12.28 文旦(ぶんたん)でしょうか? (神奈川県横須賀市)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

「惜春」掲載句・掲載記事:2014年12月号

2014/12/29 Mon

惜 春   2014年12月号 掲載句・掲載記事


 雑詠(風人子選)

         ラムネ抜く龍宮といふ停留所

          (らむねぬく りゅうぐうというていりゅうじょ)


         富士箱根丹沢も紺風は秋

          (ふじはこねたんざわもこん かぜはあき)


 2014年10月横須賀吟行会(風人子選)

           踏切にいつか見し空赤とんぼ

           (ふみきりにいつかみしそら あかとんぼ)


           旅は秋パンとチーズと地のワイン

           (たびはあき ぱんとちーずとじのわいん)


           秋雲に流れを任す老い支度

           (あきぐもにながれをまかす おいじたく)


           秋は野菊ふるさとの懐かしくなる

           (あきはのぎく ふるさとのなつかしくなる)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2015年)

2014/12/29 Mon

月刊 俳 句 界  掲載句 (2015年)




        灯籠や今も引揚桟橋と

         (とうろうや いまもひきあげさんばしと)
         2015年12月号 雑詠 茨木和生選:佳作





        小ぬか雨百葉箱に浜木綿に

         (こぬかあめ ひゃくようばこにはまゆうに)
         2015年11月号 雑詠 大串章・高野ムツオ選:佳作


        雪渓の細き一条富士の紺

         (せっけいのほそきいちじょう ふじのこん)
         2015年11月号 雑詠 有馬朗人選:佳作





        山門になくてさびしや花篝

         (さんもんになきはさびしや はなかがり)
         2015年8月号 雑詠 佐藤麻績選:佳作


        花かがり三重の塔若やぎぬ

         (はなかがり さんじゅうのとうわかやぎぬ)
         2015年8月号 雑詠 宮坂静生選:佳作





        舟板も見えないほどの刈り若布

         (ふないたもみえないほどの かりわかめ)
         2015年7月号 雑詠 京本マチ子・佐藤麻績選:佳作


        若布舟大釜の火を入れて待つ

         (わかめぶね おおがまのひをいれてまつ)
         2015年7月号 雑詠 高野ムツオ・原和子選:佳作


        若布の根そろえて戻る小舟かな

         (わかめのねそろえてもどる こぶねかな)
         2015年7月号 雑詠 辻桃子選:
秀逸





        風光る一つは友の帆なるべし

         (かぜひかる ひとつはとものほなるべし)
         2015年6月号 雑詠 有馬朗人・高野ムツオ・宮坂静生選:佳作





        湯豆腐は生醤油酒は生一本

         (ゆどうふはきじょうゆ さけはきいっぽん)
         2015年5月号 兼題「本」 能村研三選:秀逸
         大高樹海・名和未知男・森潮・山下美典選:佳作


        新しい本の紙の匂いが春

         (あたらしいほんのかみのにおいが はる)
         2015年5月号 兼題「本」 田中陽選:秀逸





        目ぢからを入れて肩凝る十二月

         (めじからをいれてかたこる じゅうにがつ)
         2015年4月号 俳句トーナメント 岸本マチ子選・準決勝

         肩が凝るほど目ぢからを入れるというのはどういう場合なのだろう。
        なんにしても目ぢからというのが大変面白い。(岸本マチ子)



        銀杏落葉踏み心地はと問われけり

         (いちょうおちば ふみごこちはわとわれけり)
         2015年4月号 雑詠 茨木和生選・佳作


        木の葉雨山出でざれば山を見ず

         (このはあめ やまいでざればやまをみず)
         2015年4月号 俳句トーナメント 辻桃子選・秀逸 高野ムツオ選・佳作 





        花野へとディズニーランドへ行くごとく

         (はなのへと でぃずにーらんどへゆくごとく)
         2015年3月号 俳句トーナメント 古賀雪江・選


        江戸前に夕富士映ゆる秋の航

         (えどまえにゆうふじはゆる あきのこう)
         2015年3月号 兼題「前」 能村研三選・佳作





        畳屋の髭また白く祭笛

         (たたみやのひげまたしろく まつりぶえ)
         2015年1月号 兼題「笛」 田中陽選:佳作


        貝塚に遊ぶ子ふたり曼珠沙華

         (かいづかにあそぶこふたり まんじゅしゃげ)
         2015年1月号 雑詠 茨木和生・大串章選:佳作




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

冬至湯

2014/12/22 Mon

2014.12.21 冬椿 (太田和鶴岡八幡宮:神奈川県横須賀市)
2014.12.21 冬椿 (太田和鶴岡八幡宮:神奈川県横須賀市)


    冬至湯の念押して出る夜明前


 柚子湯を楽しみに定時で退社してきました。
 カボチャはちょっと塩っぱかったです。



    煮たという冬至かぼちゃに見える月 /むく


 旧詠。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

冬木立

2014/12/22 Mon

2014.12.21 冬木立 (南葉山霊園:神奈川県横須賀市)
2014.12.21 冬木立 (南葉山霊園:神奈川県横須賀市)

 12月21日(日)

 12月も後半に折り返したところで急に仕事が忙しくなり、先週は帰宅時間も遅い日が続きました。
 ガンコちゃんの誕生日の日は早く帰ろうと思っていたのですが、それも叶わず。

 年内の仕事は26日までですが、勤務時間数調整のため、26日は休むことに決め、ガンコちゃんには内緒でゴルフの予約。
 叱られるだろうなぁ…と思いつつ。

 出かけていたガンコちゃんが戻った昼に報告すると、案の定…。
 なんとか上手くなだめることができました♪
 昨日、ずぶ濡れになって仕事から帰ってきたガンコちゃんに、すぐ風呂に入れるように支度しておいてあげて良かった。
 
 午後から母の墓参り。
 それからガンコちゃんのゴルフウェアを買いに。

 できるだけ派手派手のウェアを勧める私の魂胆は実らず、ウェアも冬帽子もシンプルでおとなしいデザインのものに落ち着きました。


2014.12.21 カナリー椰子の実 (南葉山霊園:神奈川県横須賀市)
2014.12.21 カナリー椰子の実 (南葉山霊園:神奈川県横須賀市)

2014.12.21 花八手 (太田和鶴岡八幡宮:神奈川県横須賀市)
2014.12.21 花八手 (太田和鶴岡八幡宮:神奈川県横須賀市)

 昨日は、ドライバーショットのバックスィングの時に右肩が首の真後ろまで回るように意識して練習。
 非距離は伸びますが安定性が課題。
 夢中になっているうちについつい打ち過ぎてしまいました。
 疲労が早く回復するようにと、今夜はガンコちゃんの施術を受けました。
 途端に血行が良くなって、あまりの気持ち良さに、そのまま深い眠りの底へ。

 睡眠中も身体が火照っていたのでしょうね。
 ふと目が覚めると、掛け布団を蹴飛ばして寝ていました。
 ずいぶんと汗も掻いていました。
 26日のゴルフに向けて、これで体調もOK!


    この頃は親しくもあり冬木立 /むく




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

横時雨

2014/12/21 Sun

2014.12.15 冬朝日 (随園CC竹岡コース:千葉県富津市)
2014.12.15 冬朝日 (随園CC竹岡コース:千葉県富津市)

 昨日は、ゴルフバッグを車に積んで、虫歯の治療に歯医者へ。
 歯医者はガンコちゃんの母上の住まいのすぐ近く。
 親子3人、同じ歯医者のお世話になっています。

 送ってくれたガンコちゃんは、車のガソリンを入れに行き、母上の御機嫌伺いに。
 麻酔を打っての私の歯の治療が済んだその足で、練習場まで送ってもらい、ガンコちゃんはそのまま仕事へ。

 小雨程度だった雨が、練習中にものすごい降りに。
 練習場の貸ロッカーにキャデイバッグを預けて、傘を差してもびしょ濡れになることは覚悟して歩いて帰宅し、すぐ風呂の支度。

 願ってもないような好天に恵まれた先日の冬ゴルフのことを、まだ思っています。

 

    はぐれ雀人工芝も横時雨 /むく




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR