BGM: Aqua Harp


茱萸沢のここより棚田雪解富士 むく

ゴーヤの花

2014/06/30 Mon

2014/06/30 ゴーヤの花 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/30 ゴーヤの花 (散歩道:神奈川県横須賀市)

     甘い香のするとは意外花ゴーヤ /むく

 ゴーヤーチャンプルーが大好きという人も多いようですが、私は相変わらず馴染めないまま。
 何とか食べさせようと努力していたガンコちゃん、この頃は諦めたかな?

 香りが漂ってきたのは早朝の散歩だったからか、とも。

 花ゴーヤは季語になるのかどうか…。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

露草(つゆくさ)

2014/06/29 Sun

2014/06/30 ムrサキツユクサ (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/30 ムラサキツユクサ (散歩道:神奈川県横須賀市)

     古茶新茶食後の薬忘れずに /むく

 兼題は苦手です。
 「後」という漢字を織り込んだ句を、と。
 古茶も新茶も五月。
 季を遡って。

 古酒新酒で詠めるようになりたいものです。


     水無月の丹後の遠く踏みもせず /むく

 蕪村にゆかりの与謝に思いを馳せて。

     大江山いく野の道の遠ければまだふみもみず天の橋立 /小式部内侍

 小式部内侍(こしきぶのないし)は和泉式部の娘。
 歌は小倉百人一首の一つで、解説は
こちらに。

2014/06/19 ツユクサ (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/19 ツユクサ (散歩道:神奈川県横須賀市)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

柏葉あじさい

2014/06/29 Sun

2014/06/27 カシワバアジサイ (三崎口:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 カシワバアジサイ (三崎口:神奈川県三浦市)

 柏葉(かしわば)あじさいは釣鐘のような円錐形の房状の花の姿も、その名の通りたしかに柏にも似た葉の形も、他のアジサイと比べるとだいぶ変わっていますね。
 また、甘い香りがすることもアジサイとしては例外的で、殊に咲き始めの頃はよく匂うかと思います。

 写真に撮った花は咲き出してから日かずを経ているようでしたが、桜並木の木蔭に植えられていたので、あまり直射日光に当たらず新鮮さを保っていました。
 よく、陽当たりが良すぎる場所に植えられて葉が日焼けした柏葉あじさいを見かけることがありますが、そうした場所では花もすぐ日に焼けしてしまうような気がします。
 木陰に植えてあげたい花…という感を新たにしました。


     木漏れ陽に柏葉あじさい碧きほど /むく

 木漏れ陽に…木陰道ではなく。
 実景は雨の中でしたが♪

 ふと、アジサイとは関係のない句を…。


     仏頭の刎ねられ泰山木の花 /むく

 お訪ねしたあるブログでタイのアユタヤ遺跡の写真を拝見し、ふと思い出したので…。
 追記:元の句「仏像の首なく泰山木の花」を推敲。(2014/06/29)

 6月の投稿句を郵送しなくては…と、当月に詠んだ句を見直して纏めているところです。
 詠んだ駄句の数が今月はいつもより多いなぁ…。
 駄句ばかりであることはいつも通りですが。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

山百合(2/2)

2014/06/27 Fri

 高野山真言宗妙音寺は、寺院のウェブサイトによれば、京急線三崎口駅から徒歩で15分ほどのところにあります。
 歩みののろいカメである上に立ち止まってばかりいるウサギでもある私は、30分ぐらい歩いたような気がしますが。

 山門はなく、まだ新しい石の急階段を上って本堂前に。
 参拝の作法には疎いのですが、御手洗(みたらし)で手を浄め、口は持参のミネラルウォーターですすぎ(いいんだろうか?)、賽銭箱があったので本堂横の朱印場には寄らず(いいんだろうか?)、朱印場によく音が響き渡るように賽銭を投げ入れて合掌。

 順路に従って山百合を観に。
 雨は降ったり止んだり、傘はなし。

 参拝者はちらほら。
 今日の天気のせいでしょうか。

 裏山への階段を上り始めたところ…おや、白い茄子の花が。
 茄子を観にきたのではないのですが、知らんぷりして素通りする訳にも…。


2014/06/27 白い茄子の花(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 白い茄子の花(妙音寺:神奈川県三浦市)

 かわいい実も生っていました。
 青い小茄子?


2014/06/27 青い小茄子(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 青い小茄子(妙音寺:神奈川県三浦市)

 白い茄子の花も、青い小茄子も、見たのは初めて。
 ちょっと驚き。

 これは帰りに妙音寺の近くの畑で撮った普通の茄子。


 2014/06/27 茄子(三崎口:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 茄子(三崎口:神奈川県三浦市)

 やれやれ、やっと山百合とご対面。
 雨の中で撮った10枚ほどの中から。


 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)

 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)

 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)

 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 山百合(妙音寺:神奈川県三浦市)

     山百合の花曼荼羅のなかに居る /むく

 花曼荼羅と言うには花の数がやや少なったかもしれませんが。

 山百合には格別な愛着が…。
 子供の頃に住んでいた家の裏手は全山山百合一色となる山で、窓という窓を開け放って暮らす夏は、その山百合の香に完全包囲されていました。

 初めは「山百合の花曼荼羅の中に苫」と詠んだのですが、帰路、遥か昔の夢から我に返って推敲。
 追記:「山百合の花曼荼羅の中に立つ」を更に推敲。(2014/06/29)

 雨の降りが激しくなり、傘もないので、帰路に就くことに。


 2014/06/27 半夏生(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 半夏生(妙音寺:神奈川県三浦市)

 妙音寺の駐車場の、沢の水辺のひと隅で見かけた一本の半夏生。
 辺りを見回しましたが、群落は見当たらず。
 横須賀市内には半夏生の群生地がありますが。
 
 妙音寺のもう一つの駐車場に行ってみると…。


 2014/06/27 蓮の花(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 蓮の花(妙音寺:神奈川県三浦市)

     蓮一花辞さんとしたる雨の寺 /むく

 と詠んで、硬いかな…とソフトバージョンも。

     蓮一花帰ろうとした雨の寺 /むく

 気が抜けた風船のような…。

 2014/06/27 蓮の花(妙音寺:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 蓮の花(妙音寺:神奈川県三浦市)

 三崎口駅に戻りながら、ふと見たもの。

 2014/06/27 楓の実(三崎口:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 楓の実(三崎口:神奈川県三浦市)

 2014/06/27 楓の実(三崎口:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 楓の実(三崎口:神奈川県三浦市)

     楓の実一二の三と竹とんぼ /むく

 「酸っぱい」と言いながらよく齧った楓の実ですが、どの歳時記も季語として採っていないと思います。
 したがって、この句には季語がありません。
 季語がないから俳句とは認められません。

 季語に採られていない理由は、虚子が「実」は全部秋と決めたからだと言えるでしょう。
 (実桜は違いますが。) 
 しかし、虚子歳時記は「完全ではないが」と虚子が前書きを置いた未完の歳時記だったことも忘れるべきではないでしょう。

 歳時記にも時代とともに変化があることは当然の理。
 常に見直しを続けてしかるべき、と。

 季語になくても、万人が唸るような名句を詠めば歳時記に追加されることはあるのです。
 が、「木苺は夏の季語だけどラズベリーはどうする?」ということになると、例外がたくさん出来そうで、ややこしいことになります。
 楓の実が夏の季語にないことぐらい、仕方ないと我慢すべきことなのでしょう。

 我ながら歯切れが良くない…。
 どっちなの?

 「今までさしたる不便もなくやってこれたのだし、歳時記を見直すのは大事業だし、それには三つの協会が一つに足並みを揃えなくてはならないし、まぁ、それは次の世代の人たちにやってもらいましょうや」と先送りされ続けてきた問題のようにも。

 忙しいという字は「心」を「亡くす」と書くと言います。
 人はみな、わが身のことに忙しい。
 俳人は有名になるほど、齢をとるほど忙しい…かも。


     ナイトランプから濃き百合の香を離す /むく

 「覚えがない」と、ガンコちゃんに厳しく追及された一句。
 それは、あなたと知り合う前だったから、よ。
 色即是空…南無。

 元の句「百合の香をナイトテーブルから離す」を推敲。(2014/06/28)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

山百合(1/2)

2014/06/27 Fri

2014/06/27 立葵(三崎口:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 立葵(三崎口:神奈川県三浦市)

 「どちらまで行かれるんですか?」

 京急久里浜駅のホームで下り電車を待っていると、見知らぬ人に声をかけられました。
 私より年長と思われる、カジュアルな夏服姿にも人品の良さが漂う男性。
 同好の士かな…と、さりげなくその人の出で立ちを観察。
 が、カメラを持っていらっしゃるようには見えません。

 「三崎口の妙音寺というお寺さんに山百合を見に行こうかと。
 山百合の季節には少し早いと思われるかもしれませんが、自生のものが見頃のようなので。」

 電車が到着したので同じ車輛に乗り込み、三脚を括りつけたカメラリュックを下ろし、その御仁の隣に掛けながら話を続けました。

 「自生の山百合と植栽のものと両方あって、自生の見頃は6月25日前後、植栽は7月15日頃だとか。
 お天気がはっきりしませんが、今日あたり行かないと…と思って。」

 「黄菖蒲も自生のものは他所から持ってきて移植したものより早く咲くと聞いたことがあります。」

 「なるほど。」

 「やっぱり、フラッシュは焚いて撮るんですか?」

 「いえ、夜でもない限り…。」

 「そうですか…。」

 「私の写真は、自分の記憶のための…ほんの飾りですから。」

 「私も明日あたり行ってみよう。
 良いことを伺いました。」

 と、その御仁は電車を降りる支度。

 「花はフラッシュを焚くと佳く撮れますよ。」
 そう言い残して次のYRP野比駅で下車。

 フラッシュを焚いて花を撮る…試してみようかしらん。

 電車の中で一句。

     半島の駅のホームにカンナの黄 /むく

 カンナは秋の季題ですが、まぁ、よしと。
 長年詠もうとしている景ですが、巧く詠めません。

2014/06/27 トウモロコシの花(三崎口:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 トウモロコシの花(三崎口:神奈川県三浦市)

 長いトンネルを抜け…はせず、三崎口駅に着くと目の前はトウモロコシ畑。
 いかにも終着駅。


2014/06/27 トウモロコシの花(三崎口:神奈川県三浦市)
 2014/06/27 トウモロコシの花(三崎口:神奈川県三浦市)

 トウモロコシ、やっぱりイネ科だなぁ…と思いながら30分近く居続けたでしょうか。
 ポツリポツリと雨が。
 山百合を見に行かなくては…と思いながらも、立葵などにも目が止まって。

 妙音寺に向かって歩き出しながら、車中で開いた角川版の『季寄せ』で目にした句のことが…。


     泡立てる田川の見ゆれ喜雨祝 /宮野小提灯

 宮野小提灯(1895~1974)は盛岡出身の俳人で、「夏草」を創刊(1929)しましたが、自らは主宰の器ではないと、同郷の山口青邨(1892~1988)を撰者(後に主宰)に迎えています。
 小提灯の俳名には「自分は俳句の道を照らす提灯でよろしい」という意味が込められていたようです。


     喜雨祝父に所縁の人の詩 /むく

 元の句「喜雨祝父に所縁の小提灯」を推敲。(2014/06/29)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

かぼちゃの花

2014/06/26 Thu

2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)

 透明プラスチック容器に水耕栽培で芽を出させたサツマイモの葉。
 何に移し替えようか…と、食器棚からグラタン皿を取り出して。
 いかにも仕事をしているように見えるかと、ピースとレンズキャップを置いてパチリ。
 と、いたずらをしてみたくなったのは、昨夜
こんなブログ(『サイト紹介』に追加)を拝見したからかも。

2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 キュウリの花(散歩道:神奈川県横須賀市)

     山畑に作務の人居る朝曇 /むく

 朝ぐもりに騙されたか、日傘も持たず、帽子も被らずに散歩に出たガンコちゃん。
 日が射してきたら暑いし、それに子供たちが大勢通る頃…と通学路は避け、今朝の散歩は御林(おはやし)と呼ばれる里山へ。


2014/06/26 カボチャの花(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 カボチャの花(散歩道:神奈川県横須賀市)

 胡瓜の花を撮ったあと、見ると隣の畝のだいぶ背が伸びてきた芋の葉に朝露が。
 「芋の露連山影を正しうす 飯田蛇笏の句だね。」
 と、カメラを構えながらガンコちゃんに。

 「今どき蛇笏の句を知っているとはスゴイ。」
 そう言ったのはガンコちゃんではなく、傍の駐車場にいた四十歳手前ぐらいの男性。
 作務衣ではなく、サッカーの真っ赤なサポーターTシャツ姿の人。
 作業を終えて帰り支度も終え、車に乗ろうとしているところでした。
 それからが大変。
 蛇笏の句を知っているのはスゴくもなんともありませんが、30分ほど話し込むことに。

 話は韻文と散文の作品寿命の違い、鎌倉文士として知られた川端康成、高浜虚子、久米正雄の作品寿命、芭蕉を含む日本の古典を理解するために必要な漢文の素養、フォークナーを理解するために必要なアメリカの歴史文化の素養、欧米の若者が教養として学ぶシェークスピア劇について、学校で現代詩を教えることの難しさなどなど。

 「いやー、こんなところでこんな話が出来る人に会えるなんて」と、語り合えば何日かかっても終わらないような話の、私はもっぱり聞き役。
 顔に「早く家に帰って朝食にしたい」と書いたガンコちゃんが待っているので、頃合いを見て失礼することに。
 今朝の収穫の胡瓜を一本いただいて、芋の葉の写真は撮り忘れて…。

 それにしても、あの若さであの知識、そして能弁さ。
 「只者ではないね」と私。
 「塾の先生かな」とガンコちゃん。

 「俳句に学歴は関係ないですよ」と言ったことは、解ってもらえなかったかもしれません。
 反応がなかったので。


     文学の話の尽きず花南瓜 /むく

2014/06/26 昼咲月見草(散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/26 昼咲月見草(散歩道:神奈川県横須賀市)

 月見草も好きですが、この昼咲月見草も好きです。
 もっと楚々とした色合いに写るかと思ったのですが、鮮やかなピンク色に。
 光の一瞬の変化のせいでしょうか。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

梅雨曇

2014/06/25 Wed

2014/06/17 梅雨空 (川崎駅前:神奈川県川崎市)
 2014/06/17 梅雨空 (川崎駅前:神奈川県川崎市)

     通勤の仕事の話梅雨曇 /むく

 若い人たちと一緒に働くことは何よりの気分転換であり良薬とは思いますが…どうしたものか。
 無理は利かないので。
 今月中に回答することに。


     雨雲と入道雲を友として /むく

 空の一角に黒雲が。
 降り出す前に…と散歩に。
 帰ってくる頃にはもうポツリポツリ。
 低い雨雲は脚が早いですね。
 シャワーを浴びて、今日の仕事に。


2014/06/25 ノウゼンカズラ (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/25 ノウゼンカズラ (散歩道:神奈川県横須賀市)

     のうぜんもショートカットに散髪屋 /むく

 旧詠より。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

茄子の花

2014/06/24 Tue

2014/06/20 茄子の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/20 茄子の花 (散歩道:神奈川県横須賀市)

     愁ひある如くうつむき茄子の花 /高田風人子

 初出は分かりませんが、お若かった頃の風人子先生の詠で、マスメディアで紹介されることが最も多い句の一つ。
 素直に謳うことのお手本だと思っています。


     愁いより出ずるやさしさ茄子の花 /むく

 元の句「愁いありて人のやさしく茄子の花」を推敲。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

花南蛮

2014/06/23 Mon

2014/06/20 トウモロコシの花 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/20 トウモロコシの花 (散歩道:神奈川県横須賀市)

     花南蛮天逆鉾立つごとく /むく

 天逆鉾の読みは「あまのさかほこ」。

2014/06/20 トウモロコシの雌しべ (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/16 トウモロコシの雌しべ (散歩道:神奈川県横須賀市)

 トウモロコシの長いヒゲ(南蛮毛)は雌しべなのだそうです。

     南蛮の日当たる蕊や鏡獅子 /むく

 蕊の読みは「しべ」。
 南蛮蕊という言葉は歳時記にありませんが、夏の句のつもりで。
 元の句「鏡獅子南蛮蕊に日当たりて」を推敲。


     鹿踊りとうみぎの毛さ風吹げば /むく

 鹿踊りの読みは「ししおどり」。
 お国なまりで。
 こちらは初秋の句ということになるでしょうか。
 生まれ育ったみちのくでは、トウモロコシを「とうみぎ」と。


    海だべがど おら おもたれば
    やっぱり光る山だったぢゃい
    ホウ
    髪毛 風吹げば
    鹿踊りだぢゃい


          『高原』:宮沢賢治詩集『春の修羅』より

 この詩には私が曲を付けた歌があり、ときどき口ずさんでいます。
 俳句より遥かに出来の良い、隠れた名曲です




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

燈明堂

2014/06/23 Mon

 6月22日曇り時々小雨。

 四ヶ月ぶりに参加した吟行会は浦賀での開催。
 浦賀は十二年ぶりという東京からの句友も。
 集合時間は午前十時半でしたが、朝五時半に家を出て七時半には浦賀に着き、集合前に一人であちこち行ってこられた様子。
 「子供の遠足気分です」と。

 私はガンコちゃんに車で送ってもらって、十時前に集合場所の浦賀駅に。
 いつものように駅前のスーパーが開店するのを待って、昼食や飲み物を調達。

 集まってこられた句友の誰彼に体調を問われ、案じていただいたお礼を申し上げ、たちまち元の和気あいあいの空気の中に。
 ご自宅が近い風人子先生は、駅界隈に用事を足しに来られた奥様とご一緒に歩いてお出でに。
 本当は逆でなければならないのに、先生にも奥様にも労りのお言葉を頂戴して…。

 雨は降るでもなく上がるでもなく。
 幹事のTさんから、今日のメインの吟行地は
燈明堂と。
 
 幾人かの人と連れ立って駅からバスに乗り、降りてから15分ほど歩いて燈明堂へ。

2014/06/22 燈明堂 (浦賀:神奈川県横須賀市)
 2014/06/22 燈明堂 (浦賀:神奈川県横須賀市)

     磯涼み燈明堂の灯を見たく /むく

 『惜春』雑詠の風人子選に採っていただいた去年の夏の詠。

2014/06/22 燈明堂 (浦賀:神奈川県横須賀市)
 2014/06/22 燈明堂 (浦賀:神奈川県横須賀市)

2014/06/22 燈明堂 (浦賀:神奈川県横須賀市)
 2014/06/22 燈明堂 (浦賀:神奈川県横須賀市)

 句会提出七句は、残念ながら一句も風人子選に採っていただけませんでした。
 まだまだ嘱目諷詠の力が未熟と痛感。

 私が採った七句中の一句。


     万緑に突っ込みさうに行く電車 /信

 句会後、私の快気祝いをと言うTさん、Hさんと横須賀中央にていつものように反省会。
 二軒の店をウーロン茶で梯子。

 一気に飛ばし過ぎて疲れたかも。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR