渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 2014年06月
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

言葉

2014/06/14 Sat

2014/06/12 雨上がり (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/12 雨上がり (散歩道:神奈川県横須賀市)

 ふと…。

    言葉は言霊
    語ることは呪文を唱えること
    聞くことは呪文を聴くこと

    when いつ
    to whom だれに
    of what なにを
    how どう言うかで
    人は
    有頂天になったり
    怒ったり
    励まされたり
    絶望したり
    時には命さえ絶つことも

    抜けている why なぜは
    言った自分も分かっていなかったり
    だから 自分が言ったことで
    自分が傷ついてしまったり
    することもある
    生殺与奪の剣なのです

    始に言ありき
    の言葉は




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

The U.S. Open - Hideki Matsuyama (Round 2)

2014/06/14 Sat

2014/06/12 美容柳 (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/12 美容柳 (散歩道:神奈川県横須賀市)

    梅雨晴や昨日も今日も暁の星 /むく

 ゴルフの全米オープンは予選2ラウンドが終了。
 2日目の松山は終盤にボギーが続いて1オーバー71でホールアウト。
 順位は14位タイに後退しましたが、トータル140のイーブン・パーで悠々と決勝進出。
 45歳のベテラン谷口(徹)もトータル5オーバーの60位タイでぎりぎり決勝進出に滑り込み(予選突破は60位タイまで)。

 2日目は午前中にプレーした谷口。
 ホールアウトした時の順位は80位ぐらいで、60位までに入れるかどうかは午後組が何人上から落ちてくるかにかかっていました。
 カットラインは4オーバーか5オーバーと予測されている中、特に終盤数ホールで見せた「もう一つスコアを伸ばそう」と必死のプレーを続ける気迫が印象的でした。

 初日に続いて二日目も、71歳になる青木(功)がTV中継のフィールドレポーターを務めていました。
 元気ですね。
 「自分が選手の時は思わなかったけど、時差ボケで頭がボヤ~っとしてるヨ」と言いながら。
 私も時差ボケで頭がボヤ~っ。

 ところで、人気の低迷が懸念されている日本の男子ツアーの話ですが、先ごろ、倉本(昌弘)PGA新会長は秋の日本プロゴルフ選手権(予定は9月)には海外で活躍している松山、石川(遼)などの選手に積極的に参加するよう要請すると発表。
 松山も石川もU.S. PGAでの来年のシード権は既に手に入れているので、おそらくは出場することになるでしょうか。

 松山も石川も、リオデジャネイロで開催される2016年のオリンピック大会には出場したいに違いありません。
 代表選手の選考基準には「ゴルフ世界ランキング」
(World Golf Ranking)が大きな物差しになると言われていますが、それ以外に何か「政治的な物差し」もあるのでしょうか、外野の「政治家」がかまびすしい国には。

 ゴルフがオリンピックの競技種目になるのは初めて。
 代表候補に近いところにいる選手であればあるほど、コース以外のこともしっかりマネージメントすることが必要…って、なかなか大変ですね。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

「惜春」掲載句・掲載記事:2014年6月号

2014/06/14 Sat

惜 春   2014年6月号 掲載句・掲載記事



 雑詠(風人子選)

         外人に由来問はるる午祭

          (そとびとにゆらいとわるる うままつり)


         礼者より世話人多き午祭

          (れいしゃよりせわびとおおき うままつり)


         初午の絵馬ある家に生まれけり

         (はつうまの えまあるいえにうまれけり)

 春秋箋 (一筆)

 やっと時間の都合がつくようになり、今年一月から横須賀俳句教室にも参加させて頂けるようになりました。参加者一人一人の提出句すべてに瞬時に的確なご指導をくださる先生の一言一句すべて驚嘆であり、その諷詠の極意の深さを思ってはただ茫然としています。同時に、こんなに真剣に向き合って下さる先生に対して、自分のほうが真剣さに劣ると反省することしきりです。諷詠が少しでも身につくよう、あらためて努力を重ねて参る所存です。

 風人子先生御句

         薄暑かな海も見たくて登り来し


         朴の花山のホテルはひっそりと


         老いぬればとは言ふまじく避暑散歩


         立話して朝涼の句輩


         新緑や驕る勿れと諭すかに


         新緑や生きて斯くある幸せを


         古芦の高く青芦まだ低く


         朝富士を見しは昨日や秘書名残


         幹までもしっとり濡れて梅雨に入る


         と思ふ十薬やはり梅雨に合ふ


         大夏木偶には雨も佳かりけり


         幹はまだ濡れておらずよ大夏木




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

新じゃがいも

2014/06/13 Fri

2014/06/13 新じゃがいも
 2014/06/13 新じゃがいも

    新じゃがの土を乾す風の道 /むく

 昨夜は風もあったのでしょう。
 今朝は遠富士も見えて。

 とりあえず試し掘りした新じゃがいも。
 今年は去年よりも出来が良いようです♪
 作付面積を倍に増やした(オーバーですが)ので、あちこちにおすそ分けできそうです。

 ジャガイモは大好きです。
 ラッキョウはもうこりごり。

 元の句「新じゃが掘りまず泥を乾す風の道」を推敲。(2014/06/28)
 


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

濃あじさい

2014/06/13 Fri

2014/06/12 濃あじさい (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/12 濃あじさい (散歩道:神奈川県横須賀市)

    濃あじさい卒寿の笑みの健やかに /むく

 旧詠から。

 食卓の上に昨日の朝から置いてある「黒酢」。
 ガンコちゃんが買ってきたらしい。
 これでラッキョウを漬けなさいということ?
 たしか、このあいだ普通のミツカン米酢を買って来たのになぜ?
 誰かに「黒酢で漬けると美味しいよ」とか教わったんだろうな。

 ともかく、そろそろ本漬けしなければいけない頃…と、塩漬けしたラッキョウを一昼夜水で晒すことに。
 なのに、家に帰ったガンコちゃん、開口一番に…。
 「あー、ラッキョウ臭い!」
 あ、あの、好きで臭くしている訳じゃないでしょうが…。

 昨夜も仕事で留守だったガンコちゃん。
 今日はよく晴れるのか、未明の空には明の明星がくっきり。
 U.S. Open初日の松山は競技を終了し、1アンダーの69と上々の滑り出し。
 今のうちにやっておくか…と、グラニュー糖を煮て冷まし、黒酢と鷹の爪を加えて調味液を作ってラッキョウを本漬けに。

 これでよし、と漬け終わったところで、ふと「黒酢」の酸度が気になりました。
 米酢の標準酸度は4%だったかな…と思いながら、紙パック入りの「黒酢」のラベルを見て茫然と。
 よく見ると「黒酢」のあとに小さな字で「ドリンク」と書いてありました。
 ふだん飲んだこともないものを、こんな時にわざわざ買ってきて、紛らわしいところに置くな~!

 最近読んだ『虚子俳話』の一つから抜粋で。


 ――その作品が立派だ、注目しはじめると、続いて示す作品も亦た立派だ、そんなことが暫く続く。人によって違ふが、さういふ事が一年間続く人もあり、二年間続く人もあり、又五六年以上続く人もある。
 併し、それは何年か続くとその勢ひは忽ち頓挫する。その作者は、先の盛期に意識しないで過ぎたが、その頃になって自分で自分を意識して来る。この自分を自分で意識する時代は、その句作は振はない時代にあるかもしれない。
 自分を自分で意識しない時代、さういふ時代が作者としては最も華々しい時代であるかもしれない。
 桜の花は一時に咲いたやうな時代、さういふ時代は再び来ないものであるかも知れない。

(虚子俳話:桜の咲いたやうな時代)


 俳句を始めてとうに十年を超えた私は、出来の悪いまま盛りを過ぎてしまった、という厳しい言葉にも聞こえます。
 でも、そうではなくて、「今スランプだと思うなら、もっと佳い句を詠みたいと思うなら、こういうことにも思いを致し、虚心坦懐に初心に返ることが大事」と言っているようにも。
 なぜなら、言葉の操り方はいささかでも巧みにはなっている筈だし、下手であろうと何であろうと俳句を止めようなんていう考えはさらさらないのだから。

 褒められたって実力が上がる訳ではなし、けなされたって実力が落ちる訳ではなし。
 他人の評など気にせず、無用の肩の力を抜いて、朝に見る露草のように瑞々しい気持で…と日々自分に言い聞かせることが大事と思った言葉。
 俳句ライフの第二章は外へ広くではなく、内へより深く。
 なぜなら、深さの表現には限界がないと思うから。
 深さは複雑な表現を避け、より単純な言葉で。
 なぜなら、共感を得られることが俳句の命だと思うから。
 曰く、「平明で余韻の深い句」と。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

The U.S. Open - Hideki Matsuyama (Round 1)

2014/06/13 Fri

2014/06/12 ユリ (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/12 ユリ (散歩道:神奈川県横須賀市)

ふと…。

    独房暮らしのように
    無味乾燥な人生でもないよと
    森は今日の季節に粧い
    生きる喜びや働くことの意味を
    詩人の言葉で ささやき…

 4日間通算イーブン・パーなら優勝争いという難しい設定の全米オープン。
 松山(秀樹)もさすがに苦労しています。
 が、初日途中2オーバーからバーディを二つ取ってイーブンパーに!
 残り3ホール。
 ガンバレ!
 って、まだ初日ですね。

 松山の他、贔屓のプレーヤーはGマックことGraeme McDowellとアライグマのように可愛い?Jason Dufner。

 Gマックは貴公子的な風貌が好きです。
 ガンコちゃんが私に似ているというのはお腹のことだと思いますが。
 アイリッシュなのにスコッチのCMに出ているこだわりのなさも好き。
 Ballantineはマイテーストではありませんが。
 アイリッシュ・ウィスキーであるBushmillsやJamesonは好き…って、酒は止めています。

 ダフナーは欲のない発言と"Dufnering"としてちょっとした社会現象にもなった脱力ポーズでも有名。
 こっちのほうが私に似ていると思います、お腹も。
 結婚して二年目の年に全米選手権を勝ち、その直後に出演したTV生放送で「早くゴルフから引退して違うことをしてみたい」と発言。
 奥さんがキッとダフターを睨んで一言。
 「引退は私がさせません!」
 同情の感に堪えない恐妻家ですが、やる時はやる男です。

 Gマックはペブルビーチで行われた2010年の全米オープンの覇者、ダフナーは2013年の全米プロ選手権(PGA Championship)の覇者と、"応援の甲斐があって"今や二人ともメジャータイトル・ホルダーに。
 いつか松山も…と楽しみです。

 The Memorial Tonament優勝後のインタビューで「ジャック・ニクラスのことは知っていますか?と訊ねられた松山。
 「はい、メジャー18勝ですね。」
 きっと「自分はメジャーを勝てるだろうか」ではなく、「自分はメジャーを何勝できるだろうか」と考えてゴルフに取り組んでいるんだろうなと思いました。

 また寝不足になりそう。
 …さっき起きたばかりですが。

 追記。


    ある夜古酒利きにスコッチ蒸留所 /むく

 古酒も新酒も季は秋。
 本来は日本酒のことですが。

 スコッチの利き酒大会、運よく優勝してしまったためにギフトショップで予定外の散財をすることに。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

梅雨晴れ

2014/06/12 Thu

2014/06/12 あじさいとキアゲハ (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/12 あじさいとキアゲハ (散歩道:神奈川県横須賀市)

    三日分まとめて散歩梅雨晴れて /むく

 4時間も歩き回ったのはリカバリーのため…ではなく、カメラを持って散歩したから。
 もちろん一人で。
 途中、コンビニに二軒、スーパーにも寄って。

 昨日の俳句に添えるために撮った写真ではありません。
 色の赤いアジサイにカメラを向けてシャッターを切ろうとしたところに、キアゲハが偶然に舞い込んできたのです。
 動いているものを動いているように…なんて、撮ろうと思っても撮れないのに。
 賢いカメラに感謝!
 下手でもたまには「ラッキー」があるものですね。
 写真も俳句も。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

梅雨の蝶

2014/06/11 Wed

2014/06/06 あじさい (散歩道:神奈川県横須賀市)
 2014/06/06 あじさい (散歩道:神奈川県横須賀市)

    梅雨の蝶雨具不要の身軽さよ /むく

 梅雨晴れ、やっぱり長くは続きませんね。
 午後からはまた雨。
 それでもホトトギスは健気に啼いて。

 人間の体も耐水構造になっていたらどうでしょうね?
 蝶のような光る鱗翅(りんし)を持って。
 でもギンギラギン…って、やっぱり抵抗があります。
 人生を毛虫からスタートしなければいけないというのも…。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋馬玲子句集『リラの花』

2014/06/11 Wed

 旅行から帰って郵便受けを見ると、句集が一冊届いていました。
 秋馬玲子句集『リラの花』。


秋葉玲子句集『リラの花』
秋馬玲子句集『リラの花』


 このところ時々、こうして著者から句集をご恵送いただくことが。

 秋馬さんは私が所属する結社『惜春』のベテランで、30年を超える句歴を有する方。
 感想を書いてお礼状をお出ししようと思っていますが、印象に残った俳句をいくつかご紹介します。

    露草にきのふの疲れなかりけり

 露草は花期の長い花で、6月頃から10月頃まで咲いているかと。
 秋の季題になっているのは、「月草」とも呼ばれた来歴からでしょうか。
 秋になるまで気が付かないということはなく、梅雨の頃から目にし始めますので、実際の季節感としては夏の花の印象が強いように思います。

 花期が長いと書きましたけれども、露草は一日花です。
 朝咲いて午後にはしぼんでしまいます。
 いつも朝露を載せているように瑞々しく感じるのはそのためでもあるでしょうか。

 句意は、「その瑞々しい露草には昨日の疲れなどないようだ」とも取れますが、露草が一日花であることを思うと、それだけではなさそうです。
 「瑞々しい露草を見ていると昨日の疲れも忘れてしまうようだ」という思いが伝わってきます。
 心にスーッと沁み込んでくる素直な佳句。

    愁ひありサビタの花と聞けばなほ

 作者は北海道で生まれ育った人。
 「サビタの花」を知りませんでしたが、ノリウツギ(糊空木)のことを北海道ではそう呼ぶようです。
 アジサイの仲間で、花の色は代表的には白。
 サビタはそのノリウツギのアイヌ名。

 縁が四ひらに囲まれている様子はガクアジサイのような、カシワバアジサイにも似た円錐状の花房はウツギのような風情を持った、ちょっと変わった花ですね。
 「糊空木」の名は、この木の樹液を和紙を漉く際の糊に利用したことに因んでいるようです。

 作者は北海道生まれではあっても、長年故郷を離れて暮らしていて、この花の名前をご存じなかったのかもしれません。
 愁いのあるその花の名が「サビタの花」であると教えてもらって、また名前の由来を知って、いっそう愛おしく思ったのでしょう。
 それが久しぶりに帰った北の故郷の花であってみれば、なおさら。

    風鈴の影の止まってをりにけり

 はたと風が止まった真夏の午後。
 風鈴の「影」が止まっていたという表現は見事。
 景の単純さが句を際立たせていると思いました。
 一見詠めそうでなかなか詠めない句。
 時間を止めてみせた句、とも。

 鑑賞文は省きますが、こんな句も印象的でした。

    合歓の花わたくしを待つ家ありて

    ポケットの手を出し給へ初詣

    鶏頭に一滴の露なかりけり


    いのち得て尾をふる蝌蚪を見てゐたり


 秋馬玲子句集: リラの花
 株式会社東京四季出版
 平成26年5月29日発行
 ISBN978-4-8129-0797-9
 定価: 本体2,700円 +税



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

朴(ほお)の花

2014/06/09 Mon

2014/06/06 朴の花 (箱根:神奈川県横足柄下郡)
 2014/06/06 朴の花 (箱根:神奈川県横足柄下郡)

 この写真を撮った時、実はトラブルに襲われていました。
 前日、望遠ズームレンズを宿の地下駐車場のコンクリートの床に落とし、ズーミングが機能しなくなってしまったのです。
 修理に出せば直るかどうか。
 近々カメラショップに行ってこなくては。

 宿をチェックアウトする前に、フロントでお願いして5階の空室のバルコニーから朴の花を眺めさせていただきました。
 私たちが泊まった部屋は3階で、朴の花が見えなくはなかったのですが、位置も角度もイマイチだったので。
 私など足元にも及ばないほど風雅を嗜んでこられたガンコちゃんの母上に、どうしても見せてあげたかったので。

 お世話になったBigweek箱根強羅さん、ありがとうございました。


    朴の花最上階へと誘い合い /むく

 箱根吟行はひとまずこれで終わりです。
 それぞれ推敲の余地はありますが、当座のスケッチとして。

 虚子は「9ヶ月後に見直す」ことにしていたとか。
 1年ではなく9ヶ月後…なるほど、と大いに納得できるところがあります。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR