灯籠や今も引揚桟橋と むく

秀句鑑賞-冬の綺語: 冬木(ふゆき)

2014/01/18 Sat

January 18 2014

正岡子規

 横須賀や只帆檣の冬木立

 帆檣(はんしょう)とは帆柱、つまりマストのこと。明治21年、二十歳の青年子規が詠んだ句。大日本帝国海軍が日本国防衛省海上自衛隊に変わっても、米海軍基地もある横須賀は今も軍港の町である。灰色の艦艇の船檣(せんしょう)が並び立つ事実は今も変わっていない。ところで、調べた折に気が付いたのだが、子規がこの句を詠んだのは冬ではないようだ。夏季休暇中に、東京(のどこの桟橋からかまでは調べていない)から船で横須賀に渡り、鎌倉方面に遊んだ折に詠んだらしい。後に俳句における写生の大切さを説いた近代俳句の始祖とも言える子規ではあるが、掲句が成立した経緯をいささか知ってみると、夏の景色を冬にしてしまうあたりに、一筋縄ではいかない曲者ぶりも窺われて面白い。(渡邊むく)

 【正岡子規(まさおか・しき): 慶応3年15年(1867年)-明治35年(1902年)。愛媛県松山市出身。】



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

俳文: 雪国で暮らす予定と初電話

2014/01/17 Fri

       雪国で暮らす予定と初電話

       (ゆきぐにでくらすよていと はつでんわ)

 子供の頃、村のほとんどの家には電話がなかった。電話のある家が電話局の代わりか公衆電話のような役割をしていた。火急の用があって、それが短文の電報では埒が明かない場合に、その家まで行って「電話を借りる」のである。大抵は市外通話で、当時は遠距離電話と言っていた。通話料金を確認しなければならないので、交換手経由で相手方と接続してもらう。そんな時代の初電話とケータイで受ける近頃の初電話とでは、湧いてくる思いの深さにも違いがあろう。と言う私も手紙や葉書を書くことが少なくなっていたが、この頃、切手をよく買いに行く。俳句の結社や雑誌に投稿したりするためである。文字の通信をケータイやパソコンを使った電子メールに依存することが多くなってみると、肉筆で手紙や原稿を書いたり、宛名を書いたり、切手を買ったり貼ったりといった手作業が、懐かしくもありまた楽しい。

(2013年詠:横須賀市寓居)





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

秀句鑑賞-冬の季語: 水洟(みずばな)

2014/01/16 Thu

January 16 2014

内藤美づ枝

 水洟をかみ反論に転じたる

 季語は水洟(みずばな)で冬。どんな人が水洟をかんでいるのだろう。作者自身?深刻な夫婦喧嘩?恋人からの別れ話、あるいは恋人に訣別する言葉のもつれ?作者は学校の先生で(あるかどうかは知らない)、子供同士の情景を観察しているのか?現実の光景ではなく、テレビドラマを観ているのか?と、さまざまな状況が空想される。いや、そのような空想をするよりも、この句がなぜ私の心にグサッときたのかを書くべきだろう。理由は一つしかない。いつかどこかで、私自身がそのような捨て身の悲しい反論をした記憶を、この句が呼び覚ますからなのだ。作者自身の心情を詠んだ句と鑑賞したい。そのような悲しい体験は、普通は詠まないし、詠んでも共感を得られる句になりにくい。負の世界を切り口鋭く現代的感覚で詠み、見事に成功させた。衝撃を受けた一句。(渡邊むく)

 【内藤美づ枝: 鹿児島県在住。『月刊俳句界』2013年4月号より】



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

秀句鑑賞-夏の季語: 夏の雲

2014/01/15 Wed

January 15 2014

高島茂

 韃靼に夏雲立てて蝌蚪泳ぐ

 蝌蚪は春の季語だが初夏の句に仕立てた。作者にとって、韃靼(だったん)は思い入れが深い地のようである。モンゴルか、もっと西方の地か、冬の長い地の草原が思われる。広大な景色と小さなおたまじゃくしの取り合わせはすばらしい。夏雲「立ちて」ではなく「立てて」としたところに俳諧味を感じる。おたまじゃくしが夏雲を立てたりする訳はないので、論理的にはおかしな言い方だが、非論理的であるからこそ可笑し味が湧く。「韃靼」の言葉の響きに「立てて」が呼応して硬派な句になった。考え抜いて敢えてリスクを背負い込むことを辞さない言葉を選択したところに作者の気骨も感じられる。表現者としての面目躍如の一句。作者の句集を読んだことはないが、兵隊として大陸で辛酸を甞めた記憶を昇華して詠んだ句かもしれない。(渡邊むく)

 【高島茂:~平成11年(1999年)。俳誌のサロン「歳時記」より。】



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

俳文: バレンタインイヴ忙しき吾子二人

2014/01/09 Thu

       バレンタインイヴ忙しき吾子二人

       (ばれんたいいぶ いそがしきあこふたり)

 "My Funny Valentine"というジャズのスタンダード曲は十代の頃から知っていたが、バレンタインディにチョコレートを貰った記憶は私の青春時代にはない。まだ当節のように定着した行事ではなかったから…だと思う。これを行事として定着させた立役者は戦後昭和の女性たちである。売りたいチョコレートメーカーと告白したい女性たちの思惑が一致した、などと言っては夢がない。義理でもプレゼントを貰うのは嬉しいものだ。

(2001年詠:冨里市寓居)





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

俳文: 池の端の白梅は八重小止み雨

2014/01/09 Thu

       池の端のしら梅は八重小止み雨

       (いけのはのしらうらめはやえ こやみあめ)

 日本の早春を彩る梅の花。その昔中国から渡来したとも言われるが、起源はともかく、温暖な土地によく育つ植物であるようだ。北海道でも花は咲くと聞くが一般的な光景ではないだろう。明治維新の後、内地の人々が移り住むようになった当初の北海道に梅はなかったのではないかと思う。その北海道では梅も桜も五月に咲く。タイの高地では三月が梅の実の収穫時期だった。ところ変わればであり、歳時記は東京を中心として編まれたものという話もむべなるかなである。

(2001年詠:鎌倉市鶴岡八幡宮)





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

秀句鑑賞-秋の季語: 秋

2014/01/08 Wed

January 8 2014

来馬道代

 泳ぎくる亀は犬掻き池の秋

 スカッと心が晴れるような俳句に出会いたいといつも思う。でも実際にはなかなか出会えない。と他人の句のことを云々する前に、「おまえの句はどうなのだ」と自分に問い質してみれば、やはり「そんな句はなかなか詠めるものではない」という答えが返ってくる。掲句には思わず噴き出してしまった。確かに、池の亀の泳ぎっぷりはいわゆる犬かきである。そしてのんびり。そのユーモラスさを私も一句詠もうとしたことがあるが、残念ながらこんな楽しい句を授かるには至らなかった。俳人は「句は授かるもの」だと言う。(渡邊むく)

【来馬道代(くるま・みちよ):東京都在住。『惜春』会員。句集『空』】



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
職業:産業技術英語通訳・翻訳者。男性。俳句歴:2000年より。(主な発信地:神奈川県横須賀市、静岡県御殿場市)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR