渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 月刊「俳句界」掲載句
FC2ブログ
火のあればすなはち囲み冬花火

月刊「俳句界」掲載句(2019年)

2019/11/21 Thu

月刊 俳 句 界  掲載句 (2019年)



※ 月刊『俳句界』2019年8月号掲載句を追加更新しました。




        春風に逝きけり我が師風人子

        (はるかぜにゆきけり わがしふうじんし)
        2019年8月号 雑詠 稲畑廣太郎・加古宗谷・鈴木しげを選:佳作
        ※ 平成31年4月6日 高田風人子先生逝去



        惜春忌虚子恋と言ひ憚らず

        (せきしゅんき きょしこいといいはばからず)
        2019年8月号 雑詠 辻桃子選:秀逸



        湖うらら水陸両用バスも浮き

        (うみうらら すいりくりょうようばすもうき)
        2019年7月号 俳句トーナメント 石井いさお選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        花ミモザ巴里の土産の砂糖菓子

        (はなみもざ ぱりのみやげのさとうがし)
        2019年7月号 雑詠 角川春樹選:秀逸
        有馬朗人・稲畑浩太郎・西池冬扇選:佳作



        公魚舟あかときの雨よろこびて

        (わかさぎぶね あかときのあめよろこびて)
        2019年7月号 雑詠 今瀬剛一選:秀逸
        櫂未知子・鈴木しげを選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        頬白の背筋伸ばせとさへづれり

        (ほおおじろの せすじのばせとさえずれり)
        2019年7月号 雑詠 佐藤麻績選:佳作



        震災に戦災の廟墨堤春

        (しんさいにせんさいのびょう ぼくていはる)
        2019年6月号 兼題「災」 大高霧海選:佳作



        早咲きの銘は十郎曽我の梅

        (はやざきのめいはじゅうろう そがのうめ)
        2019年6月号 雑詠 有馬明人選:佳作



        句仲間の湯仲間となる梅のあと

        (くなかまのゆなかまとなる うめのあと)
        2019年6月号 雑詠 山尾玉藻選:佳作
        ※ 投稿後「句仇の湯仲間となる梅見あと」と推敲。



        窓に来る鳥にも与ふ寒の水

        (まどにくるとりにもあたう かんのみず)
        2019年5月号 雑詠 西池冬扇選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        とある日の妣の匂ひや寒の墨

        (とあるひのははのにおいや かんのすみ)
        2019年5月号 雑詠 夏石番矢選:佳作



        馬肉食ぶ慣はし杣の年忘れ

        (ばにくたぶならわし そまのとしわすれ)
        2019年5月号 雑詠 茨木和生選:秀逸/加古宗也選:佳作/
        鈴木しげを選:佳作/辻桃子選:佳作/行方克己選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        子の頃の重たき蒲団かけす色

        (このころのおもたきふとん かけすいろ)
        2019年5月号 俳句トーナメント 石井いさお選:ベスト4

※ 選評: 瞼に残るかけす色。(石井いさお先生)



        火のあればすなはち囲み冬花火

        (ひのあればすなわちかこみ ふゆはなび)
        2019年4月号 俳句トーナメント 五島高資選:佳作
        ※ 山中湖村にて



        初鵙のひと廻りして小谷戸かな

        (はつもずのひとまわりして こやとかな)
        2019年2月号 雑詠 辻桃子選:佳作



        しのぶ草どれも小さな屋敷墓

        (しのぶぐさ どれもちいさなやしきはか)
        2019年2月号 雑詠 茨木和生選:佳作
        ※ 忍野村にて



        善玉の足らぬと言はる秋渇き

        (ぜんだまのたらぬといわる あきかわき)
        2019年1月号 俳句トーナメント 堀本裕樹選


 カテゴリーの“月刊「俳句界」掲載句”をクリックすると、過去の全掲載句を一覧することが出来ます。

文學の森社発行の月刊『俳句界』のウエブサイトはこちら



 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊「俳句界」掲載句(2018年)

2019/05/10 Fri

月刊 俳 句 界  掲載句 (2018年)



        小鳥来る顎の疲れて歯科の椅子

        (ちょうりょくのけんさめきたり かねたたき)
        2018年12月号 雑詠 田島和生選:佳作



        聴力の検査めきたり鉦叩

        (ちょうりょくのけんさめきたり かねたたき)
        2018年12月号 雑詠 古賀雪江選:佳作



        鎮魂の八月深き海の紺

        (いただいたりおかえししたり なつやさい)
        2018年12月号 雑詠 今瀬剛一選:佳作



        いただいたりお返ししたり夏野菜

        (いただいたりおかえししたり なつやさい)
        2018年11月号 雑詠 山尾玉藻選:佳作



        山雀来ブルーベリージャム塗りをれば

        (やまがらく ぶるーべりーじゃむぬりおれば)
        2018年11月号 雑詠 辻桃子選:佳作



        パナマ帽絵を描くやうに鳥を撮る

        (ぱなまぼう えをかくようにとりをとる)
        2018年11月号 俳句トーナメント 堀本裕樹選:佳作



        サーファー老ゆその海とこしへに若し

        (さーふぁーおゆ そのうみとこしえにわかし)
        2018年10月号 雑詠 角川春樹選:佳作



        菜園の隅に拡げし砂日傘

        (さいえんのすみにひろげし すなひがさ)
        2018年10月号 兼題「砂」 京本マチ子選:秀逸


        丹塗橋右も左も蝌蚪の国

        (にぬりばし みぎもひだりもかとのくに)
        2018年9月号 雑詠 辻桃子選:佳作/西池冬扇選:佳作



        万物は生々流転朴散華

        (ばんぶつはせいせいるてん ほおさんげ)
        2018年9月号 兼題「生」 大高霧海選:佳作



        雪解富士農鳥を見つ納屋開く

        (ゆきげふじ のうとりをみつなやひらく)
        2018年8月号 兼題「解」 大高霧海選:佳作



        半島の西側に来て初つばめ

        (はんとうのにしがわにきて はつつばめ)
        2018年7月号 雑詠 今瀬剛一選:佳作



        ものの種買へば弾みのつきさうな

        (もののたね かえばはずみのつきそうな)
        2018年7月号 雑詠 櫂未知子選:佳作/古賀雪江選:佳作


※ 6月号未確認


        かいつぶり親しき汀潮満ちて

        (かいつぶりしたしきみぎわ しおみちて)
        2018年4月号 雑詠 今瀬剛一選:佳作



        落花生インドで抜いた親不知

        (らっかせい いんどでぬいたおやしらず)
        2018年3月号 雑詠 西池冬扇選:秀逸


 カテゴリーの“月刊「俳句界」掲載句”をクリックすると、過去の全掲載句を一覧することが出来ます。

文學の森社発行の月刊『俳句界』のウエブサイトはこちら



 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2017年)

2019/05/08 Wed

月刊 俳 句 界  掲載句 (2017年)




        古火山の杉万本の茂りかな

        (こかざんのすぎまんぼんの しげりかな)
        2017年12月号 雑詠 夏石番矢選:佳作
        ※ 愛鷹山にて


        さがみ野の果つる足柄稲の花

        (さがみののはつるあしがら いねのはな)
        2017年12月号 兼題「足」 中西夕紀選:佳作


        昼に切る爪やはらかし土用あい

        (ひるにきるつめやわらかし どようあい)
        2017年11月号 雑詠 角川春樹選:佳作


        なんとなく下駄欲しくなる蟬時雨

        (なんとなくげたほしくなる せみしぐれ)
        2017年11月号 雑詠 稲畑廣太郎選:佳作/大牧広選:佳作/
        古賀雪江選:佳作/辻桃子選:佳作/原和子選:佳作


        雨乞の淵に沈める藁の牛

        (あまごいのふちにしずめる わらのうし)
        2017年11月号 雑詠 有馬朗人選:佳作
        ※ 御殿場にて


        無粋にて聞こへざりしよ薔薇の嘘

        (ぶすいにてきこえざりしよ ばらのうそ)
        2017年11月号 兼題「無」 高橋将夫選:秀逸


        梅雨晴や美酒をリュックに友来る

        (つゆばれや びしゅをりゅっくにともきたる)
        2017年10月号 雑詠 大串章選:秀逸
        ※ 御殿場にて


        今年竹まづ白粉を纏ひけり

        (ことしだけ まずおしろいをまといけり)
        2017年10月号 雑詠 高橋将夫選:佳作


        摘むよりも休憩長し自家用茶

        (つむよりもきゅうけいながし じかようちゃ)
        2017年9月号 雑詠 岸本マチ子選:佳作
        ※ 御殿場にて


        花明りバルコニーより牛飼座

        (はなあかり ばるこにーよりうしかいざ)
        2017年8月号 兼題「牛」 名和未知男選:佳作


        背伸びして滅びし世あり豆桜

        (せのびしてほろびしよあり まめざくら)
        2017年8月号 俳句トーナメント 堀本裕樹選:佳作
        ※ 御殿場にて


        かつて春遠いところに雲や水

        (かつてはる とおいところにくもやみず)
        2017年7月号 雑詠 夏石番矢選:佳作


        万作はみちのくの花悲しめり

        (まんさくはみちのくのはな かなしめり)
        2017年7月号 雑詠 今瀬剛一選:佳作/鈴木しげを選:秀逸


        初電話計量カップ見つからず

        (はつでんわ けいりょうかっぷみつからず)
        2017年5月号 雑詠 西池冬扇選:佳作


        珈琲に洋酒一滴冬籠り

        (こーひーにようしゅいってき ふゆごもり)
        2017年5月号 俳句トーナメント 佐久間慧子選:ベスト8
        ※ 御殿場にて

 《選評》 紅茶に洋酒一滴は誰でも体験しますが、珈琲にという楽しさ。(佐久間慧子先生)


        山の湯に獣の出づる霜夜かな

        (やまのゆにけもののいづる しもよかな)
        2017年4月号 雑詠 辻桃子選:佳作
        ※ 御殿場にて


        師の昼はおむすび一個けらつつき

        (しのひるはおむすびいっこ けらつつき)
        2017年4月号 雑詠 大牧広選:特選/鈴木しげを選:佳作
        ※ 『惜春』横浜(舞岡)吟行会にて
        (注:失礼かと吟行会では提出せず眠らせていた句)

 《選評》 素朴な内容に共感する。おむすび一つで足る師は想像すれば決して若くない。それが何とも滅びの美学をにじませて深い俳句となっている。「けらつつき」も効果的だった。(大牧広先生)


        冬田道鳬を見つけてはしやぐ妻

        (ふゆたみち けりをみつけてはしゃぐつま)
        2017年4月号 兼題「道」 田中陽選:佳作
        ※ 御殿場にて


        すこやかな土を選みて田鳬来る

        (すこやかなつちをえらみて たげりくる)
        2017年4月号 俳句トーナメント 堀本裕樹選:佳作
        ※ 平塚にて


        鵙日和田んぼの中に小さき墓地

        (もずびより たんぼのなかにちさきぼち)
        2017年3月号 雑詠 有馬朗人選:佳作/辻桃子選:佳作/
        原和子選:佳作
        ※ 御殿場にて


        野ねずみも顔を出だしぬ日向ぼこ

        (のねずみもかおをいだしぬ ひなたぼこ)
        2017年3月号 兼題「顔」 高橋將夫選:佳作
        ※ 富士山須山登山歩道(裾野市)にて


        すすき原分け入つて富士見失ふ

        (すすきはら わけいってふじみうしなう)
        2017年2月号 雑詠 佐藤麻績選:佳作/夏石番矢選:佳作
        ※ 東富士演習場(裾野市須山)にて


        夕富士を眺めそれから新走り

        (ゆうふじをながめ それからあらばしり)
        2017年2月号 雑詠 鈴木しげを選:佳作/山田佳乃選:佳作
        ※ 御殿場にて


        稲刈りも終ふと出湯に土地の人

        (いねかりもおうと いでゆにとちのひと)
        2017年2月号 兼題「地」 中西夕紀選:佳作
        ※ 御殿場にて

※ 本号以降、『俳句界』への投句を現代仮名遣いより歴史的仮名遣いに改める。

※ カテゴリーの“月刊「俳句界」掲載句”をクリックすると、過去の全掲載句を一覧することが出来ます。

文學の森社発行の月刊『俳句界』のウエブサイトはこちら




 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励みになります。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2016年)

2016/01/30 Sat

月刊 俳 句 界  掲載句 (2016年)





        じょうびたき蝋梅の枝に止まるはず

        (じょうびたき ろうばいのえにとまるはず)
        2016年5月号 雑詠 京本マチ子選:佳作
        ※ 現代仮名遣い




        頭高老いても子らに従わず

        (あしらだか おいてもこらにしたがわず)
        2016年4月号 兼題「高」 高橋将夫選:佳作/能村研三選:佳作


        ひよどりの勧進の声高々と

        (ひよどりのかんじんのこえ たかだかと)
        2016年4月号 兼題「高」 高橋将夫選:佳作


        鯛焼の少し透けたるあばら骨

        (たいやきの すこしすけたるあばらぼね)
        2016年4月号 雑詠 角川春樹選:秀逸


        朝の市三里四方の冬野菜

        (あさのいち さんりしほうのふゆやさい)
        2016年4月号 雑詠 佐藤朝績選:佳作




        えごの実のたわわ山雀来るを待つ

        (えごのみのたわわ やまがらくるをまつ)
        2016年1月号 兼題「山」 中西夕紀選:佳作


        降り出したか山雀ついに現れず

        (えごのみのたわわ やまがらくるをまつ)
        2016年1月号 兼題「山」 名和未知男選:佳作
        ※ 現代仮名遣い




文學の森社発行の月刊『俳句界』のウエブサイトはこちら


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2015年)

2014/12/29 Mon

月刊 俳 句 界  掲載句 (2015年)




        灯籠や今も引揚桟橋と

        (とうろうや いまもひきあげさんばしと)
        2015年12月号 雑詠 茨木和生選:佳作





        小ぬか雨百葉箱に浜木綿に

        (こぬかあめ ひゃくようばこにはまゆうに)
        2015年11月号 雑詠 大串章選:佳作/高野ムツオ選:佳作


        雪渓の細き一条富士の紺

        (せっけいのほそきひとすじ ふじのこん)
        2015年11月号 雑詠 有馬朗人選:佳作





        山門になくてさびしや花篝

        (さんもんになきはさびしや はなかがり)
        2015年8月号 雑詠 佐藤麻績選:佳作


        花かがり三重の塔若やぎぬ

        (はなかがり さんじゅうのとうわかやぎぬ)
        2015年8月号 雑詠 宮坂静生選:佳作





        舟板も見えないほどの刈り若布

        (ふないたもみえないほどの かりわかめ)
        2015年7月号 雑詠 京本マチ子選:佳作/佐藤麻績選:佳作


        若布舟大釜の火を入れて待つ

        (わかめぶね おおがまのひをいれてまつ)
        2015年7月号 雑詠 高野ムツオ選:佳作/原和子選:佳作


        若布の根そろえて戻る小舟かな

        (わかめのねそろえてもどる こぶねかな)
        2015年7月号 雑詠 辻桃子選:
秀逸
        ※ 現代仮名遣い




        風光る一つは友の帆なるべし

        (かぜひかる ひとつはとものほなるべし)
        2015年6月号 雑詠 有馬朗人選:佳作/高野ムツオ選:佳作/
        宮坂静生選:佳作





        湯豆腐は生醤油酒は生一本

        (ゆどうふはきじょうゆ さけはきいっぽん)
        2015年5月号 兼題「本」 能村研三選:秀逸/大高樹海選:佳作/
        名和未知男選:佳作/森潮選:佳作/山下美典選:佳作


        新しい本の紙の匂いが春

         (あたらしいほんのかみのにおいが はる)
         2015年5月号 兼題「本」 田中陽選:秀逸
         ※ 現代仮名遣い




        目ぢからを入れて肩凝る十二月

         (めじからをいれてかたこる じゅうにがつ)
         2015年4月号 俳句トーナメント 岸本マチ子選:ベスト4

  《選評》 肩が凝るほど目ぢからを入れるというのはどういう場合なのだろう。なんにしても目ぢからというのが大変面白い。(岸本マチ子先生)


        銀杏落葉踏み心地はと問われけり

         (いちょうおちば ふみごこちはわとわれけり)
         2015年4月号 雑詠 茨木和生選:佳作
         ※ 現代仮名遣い

        木の葉雨山出でざれば山を見ず

         (このはあめ やまいでざればやまをみず)
         2015年4月号 雑詠 辻桃子選:秀逸/高野ムツオ選:佳作 





        花野へとディズニーランドへ行くごとく

         (はなのへと でぃずにーらんどへゆくごとく)
         2015年3月号 俳句トーナメント 古賀雪江選:佳作


        江戸前に夕富士映ゆる秋の航

         (えどまえにゆうふじはゆる あきのこう)
         2015年3月号 兼題「前」 能村研三選:佳作





        畳屋の髭また白く祭笛

         (たたみやのひげまたしろく まつりぶえ)
         2015年1月号 兼題「笛」 田中陽選:佳作


        貝塚に遊ぶ子ふたり曼珠沙華

         (かいづかにあそぶこふたり まんじゅしゃげ)
         2015年1月号 雑詠 茨木和生選:佳作/大串章選:佳作




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2014年)

2014/05/25 Sun

月刊 俳 句 界  掲載句 (2014年)




        霧晴れて煙突高き発電所

        (きりはれて えんとつたかきはつでんしょ)
        2014年12月号 雑詠 辻桃子選:佳作



        パン屑を鴎に投げつ秋の航

        (ぱんくずをかもめになげつ あきのこう)
        2014年12月号 雑詠 豊田都峰選:佳作/角川春樹選:佳作



        夏雲湧く日付変更線の海

        (なつぐもわく ひづけへんこうせんのうみ)
        2014年11月号 兼題「雲」 田中陽選:佳作



        遅れてはまた母を追い祭の子

        (おくれてはまたははをおい まつりのこ)
        2014年11月号 雑詠 伊藤通明選:佳作/辻桃子選:佳作
        ※ 現代仮名遣い


        古茶新茶食後の薬忘れずに

        (こちゃしんちゃ しょくごのくすりわすれずに)
        2014年10月号 兼題 山下美典選:佳作



        山百合の花曼荼羅の中に居る

        (やまゆりの はなまんだらのなかにいる)
        2014年10月号 雑詠 宮坂静生選:秀逸/辻桃子選:秀逸
        角川春樹選:佳作/保坂リエ選:佳作



        庭石菖芝やわらかく空青し

        (にわせきしょう しばやわらかくそらあおし)
        2014年9月号 雑詠 保坂リエ選:佳作/宮坂静雄選:佳作



        髪を束ね引き絞りたる春の弓

        (かみをたばね ひきしぼりたるはるのゆみ)
        2014年8月号 雑詠 宮坂静雄選:佳作



        雪椿野点の列に吾も一人

        (ゆきつばき のだてのれつにあもひとり)
        2014年6月号 雑詠 宮坂静雄選:佳作



        早春やふふめるものは色の濃し

        (そうしゅんや ふふめるものはいろのこし)
        2014年6月号 雑詠 豊田都峰選:佳作



        水仙やマリア観音なる古仏

        (すいせんや まりあかんのんなるこぶつ)
        2014年5月号 雑詠 豊田都峰選:佳作



        石蕗の花谷戸の小家に日当たりて

        (つわのはな やとのこいえにひあたりて)
        2014年4月号 雑詠 辻桃子選:佳作/豊田都峰選:佳作/
        山本洋子選:佳作



        学歴を中卒と言い燗熱し

        (がくれきをちゅうそつといい かんあつし)
        2014年3月号 兼題「学」 田中陽選:佳作    



        留学の子にセーターを編みくれし

        (りゅうがくのこに せーたーをあみくれし)
        2014年3月号 兼題「学」 山下美典選:秀逸



        五郎助ホーそろそろ煮える男鍋

        (ごろすえほー そろそろにえるおとこなべ)
        2014年3月号 雑詠 有馬朗人選:佳作/伊藤通明選:佳作     



        お前さんも相当がんこ石蕗の花

        (おまえさんもそうとうがんこ つわのはな)
        2014年3月号 雑詠 茨木和夫生選:佳作



        銀河濃し大の字になる草の原

        (ぎんがこし だいのじになるくさのはら)
        2014年1月号 兼題「原」 佐藤麻績選:佳作 // 雑詠 角川春樹選:佳作



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2013年)

2014/05/24 Sat

月刊 俳 句 界  掲載句 (2013年)




        谷戸に来て夕ひぐらしに包まるる

        (やとにきて ゆうひぐらしにつつまるる)
        2013年12月号 雑詠 辻桃子選:佳作/豊田都峰選:佳作     



        茗荷の子竹取姫と抱き上げる

        (みょうがのこ たけとりひめとだきあげる)
        2013年12月号 雑詠 宮坂静生選:佳作
        ※ 現代仮名遣い・口語


        暑くなりそうだ運河に魚跳ねて

        (あつくなりそうだ うんがにうおはねて)
        2013年11月号 雑詠 池田澄子選:秀逸/有馬朗人選:佳作/
        辻桃子選:佳作
        ※ 現代仮名遣い・口語


        坂多き半島の町枇杷実る

        (さかおおきはんとうのまち びわみのる) 
        2013年10月号 「第7期蕪村顕彰全国俳句大会」 千原叡子選:佳作



        ドアに差す新聞の音明易し

        (どあにさすしんぶんのおと あけやすし)
        2013年10月号 兼題「音」 大高霧海選:佳作



        新しい街の息吹に花水木

        (あたらしいまちのいぶきに はなみずき)
        2013年9月号 雑詠 有馬朗人:佳作/角川春樹選:佳作
        ※ 現代仮名遣い


        パトカーも弁当を買う春隣

        (ぱとかーもべんとうをかう はるとなり)
        2013年6月号 俳句ボクシング 岸本マチ子選:リングサイド(佳作)
        ※ 現代仮名遣い・口語


        駅へ急ぐ人のどことはなしに春

        (えきへいそぐひとのどことはなしに はる)
        2013年6月号 雑詠 有馬朗人選:佳作/伊藤通明選:佳作



        春暁イージス艦の粛々と

        (はるあかつき いーじすかんのしゅくしゅくと)
        2013年6月号 雑詠 池田澄子選:佳作



        雪国で暮らす予定と初電話

        (ゆきぐにでくらすよていと はつでんわ)
        2013年5月号 雑詠 奈良文夫選:佳作



        陸橋の下の列車の雪国から

        (りっきょうのしたのれっしゃの ゆきぐにから) 
        2013年5月号 雑詠 伊藤通明選:佳作



        朝日のア手袋のテと読んだ頃

        (あさひのあてぶくろのてと よんだころ)
        2013年3月号 兼題「手」 大高霧海選:佳作
        ※ 現代仮名遣い・口語


        海からの朝日よ風よ群すすき

        (うみからのあさひよかぜよ むらすすき)
        2013年2月号 雑詠 池田澄子選:佳作/大串章選:佳作




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

月刊『俳句界』掲載句 (2012年)

2014/05/23 Fri

月刊 俳 句 界  掲載句 (2012年)




        戦後直ぐの句誌に父の名八月尽

         (せんごすぐのくしにちちのな はちがつじん)
         2012年11月号 め~る一行詩 編集部選:佳作



        マロングラッセひとまず秋の遣い物


         (まろんぐらっせ ひとまずあきのつかいもの)
         2012年11月号 め~る一行詩 編集部選:佳作
         ※ 現代仮名遣い

 ※ 俳句を始めて十余年。『惜春』(主宰:高田風人子先生)に入会することを決める。同時に月刊『俳句界』購読・投句を開始。以後、『惜春』での作句は歴史的仮名遣いで行うが、数年の間、『俳句界』への投句は従来採ってきた現代仮名遣いで行うことになる。(2019年5月追記)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。約10年間の海外生活を除き首都圏の各地を転々。商社勤務の後、産業技術英語通訳・翻訳者。現在はほぼ引退し、愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。主な発信地は山梨県山中湖村。俳句は2000年から。いつもあと5kg痩せたい♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR