渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~ 青時雨(あおしぐれ)
FC2ブログ
航跡もイルカの群も夕焼ける

青時雨(あおしぐれ)

2020/07/01 Wed


    青時雨鶴千代君と呼ばふ鳥 /むく

        (あおしぐれ つるちよぎみとよばうとり)





 センダイムシクイ (2019.5.17 山中湖村:山梨県)


  センダイムシクイ

 去年は寓居のバルコニーからもたくさん撮れたセンダイムシクイ。
 今年は一枚も撮れていない。
 声はいつも聞こえているのだが。

 「ツルチヨギミー」はこのセンダイムシクイの聞きなしの一つ。
 伊達騒動を題材にした浄瑠璃・歌舞伎の演目『伽蘿先代萩』(めいぼくせんだいはぎ)に由来する、なかなか格調高い聞きなし。

 他に有名な聞きなしに「チョチョビー」がある。
 ガンコちゃんは大抵この聞きなしを借りる。
 私が借りる聞きなしは「ショウチュウイッパイグイー」。

 皆さんはどう聞こえるだろうか。
 『
サントリーの愛鳥活動』にいろいろな野鳥の鳴き声が紹介されている。
 ご参考まで。



 ムシトリナデシコ (2019.6.27 山中湖村:山梨県)


 (2020年7月1日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

こんばんは~

センダイムシクイのさえずり聴いてみました。
「ツルチヨギミ~」よりも私も
「ちょちょちょビィー」と…

Re: こんばんは~

tanbattukoさま

> センダイムシクイのさえずり聴いてみました。
> 「ツルチヨギミ~」よりも私も
> 「ちょちょちょビィー」と…

あ、やっぱり^^
それは初心者かもしれませぬ。
中級物には「ツルチヨギミ~」で、上級者になると「ショウチュウイッパイグイ~」です。
免許皆伝になりますと、「チョトノミスギ~」(爆。
無論わたしは免許皆伝ですっ。

コメントありがとうございました。

No title

むくさん、こんばんは。

「ツルチヨギミー」は、浄瑠璃、歌舞伎の演目に由来する聞きなしとは格調高いですね。
「めいぼく」は、難しい漢字ですね。

私は、超初心者なので「チヨチヨビー」と聞こえました。
調べたら、本当にむくさんと同じように「ショウチュウイッパイグイー」と聞こえる方もおられるようですね。

No title

こんばんは。

ききなしというのはおもしろいものですね。
仏法僧や法法華経くらいしか知りませんでした。
紹介していただいたサイトで,いくつか鳥のさえずりを聞き「ああ,この鳥だったのか」と膝を打つことしきり。楽しかったです。ぼくはよく楽譜にして覚えてくるんですが,検索のしようがなくて困っていました。いいサイトを教えていただき,感謝です。

こんばんは♪

センダイムシクイのセンダイは仙台なのでしょうか?千代なのか?
大きな口をあけていますね~(笑)

※むくさんも奥様にブログの話をされるのですね。
私も夫の会話によく話題にします。
焼きそばの話はまずかったですか(爆)




Re: No title

sara2sara22さま

> 「ツルチヨギミー」は、浄瑠璃、歌舞伎の演目に由来する聞きなしとは格調高いですね。
> 「めいぼく」は、難しい漢字ですね。

宮城県で育ったので伊達騒動は子供の頃から大人たちから教わった話でした^^


> 私は、超初心者なので「チヨチヨビー」と聞こえました。
> 調べたら、本当にむくさんと同じように「ショウチュウイッパイグイー」と聞こえる方もおられるようですね。

なるべく「ツルチヨギミ~」に聞こえるように努力します^^

コメントありがとうございました。

Re: No title

リキさま

> ききなしというのはおもしろいものですね。
> 仏法僧や法法華経くらいしか知りませんでした。

ハハハ、最も高等哲学的なききなしですね^^

> 紹介していただいたサイトで,いくつか鳥のさえずりを聞き「ああ,この鳥だったのか」と膝を打つことしきり。楽しかったです。ぼくはよく楽譜にして覚えてくるんですが,検索のしようがなくて困っていました。いいサイトを教えていただき,感謝です。

ひとつ、またひとつと覚えると、次々とたくさん覚えられると思います。
どっちだったかな?とか迷うこともありますが、その時はまた声を聞いてボイストレーニングをします^^
肉眼ではよく見えないことも多い野鳥の世界。
レンズの力は偉大だなぁ、と実感しています。
でも昔の人はよく知っていた。
驚きです^^

コメントありがとうございました。

Re: こんばんは♪

miyakoさま

> センダイムシクイのセンダイは仙台なのでしょうか?千代なのか?

伊達騒動という史実に基づけば仙台でしょうが、実名を用いることは憚られた時代。
仙台は先代と言葉が置き換えられました。
鶴千代君は史実に基づけば亀千代君だったようです^^
亀を鶴にしたんですね^^
歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」でも、史実の大石倉之助は大星由良之助ですね。

> 大きな口をあけていますね~(笑)

寝覚めの寝ぼけた脳を覚ましてくれる鳴き声です^^

> ※むくさんも奥様にブログの話をされるのですね。
> 私も夫の会話によく話題にします。
> 焼きそばの話はまずかったですか(爆)

彼女はレース編みをしながら、とかいうことが多いです。
しゃべるのはもっぱら私(笑。
焼きそばは彼女の大好物です(爆。

コメントありがとうございました。
プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。商社勤務、産業技術英語通訳・翻訳者を経て現在はほぼ引退。愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。引越し回数二十六回。現在の主な発信地は東京へも富士山へも約70kmの神奈川県秦野市。俳句は2000年から。リンクはどうぞご自由に。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR