渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~
FC2ブログ
かがやきつ羽ばたく十字揚ひばり

苔の春(こけのはる)

2020/04/04 Sat

    苔の春立止まりては屈みては

        (こけのはる たちどまりてはかがみては)






    感染す苔の春視るきみの癖 /むく

        (かんせんす こけのはるみるきみのくせ)





 苔 (2020.04.03 山中湖村:山梨県)



 苔 (2020.04.03 山中湖村:山梨県)



 苔 (2020.04.04 富士吉田市:山梨県)


  苔の国

 苔にも春がある。
 雪が解けて消えたからまつ林に分け入ると、いの一番に目に飛び込んでくるのが苔の緑。
 木の幹や岩にむす苔を覗き視ると、ふつふつと湧いてきたように胞子体が突き出している。
 その胞子体の形や様子が実に多様でおもしろい。
 砂金のように光り輝いていたり、ピンと張った動物の尾のような形をしていたり…。
 小さなルーペの中に、今まで気にも留めずに見過ごしてきた苔の王国があるのだ。

 「こけ」というやまと言葉は、もともとは「木に生える毛」という意味で、それゆえ「木毛」という漢字が当てられていたという説もある。
 苔はたしかに木にも生えるが、木のない場所の岩にむすものもあって多様である。

 昨今は、都会に住む若い人たちを中心に、苔栽培愛好家が増えているという。
 ガンコちゃんはその苔の観察にはまっている。
 が、都会暮らしでもなく若いとも言えないガンコちゃんが苔にはまった理由は、都会の若い人たちのそれとは違う。
 もともと植物観察が好きな彼女ではあるが、直接のきっかけは私が写真を撮るのを待っている間の暇つぶしだったようだ。
 だから、待つ立場が逆になっても文句は言えない。
 すっかり苔好きになったガンコちゃんに、感化され過ぎないようにしようと思っている。



 タチキランソウ? (2020.04.03 山中湖村:山梨県)


 別名ジゴクノカマノフタと呼ばれるキランソウ(金傷小草)かと思ったが、ちょっと様子が違うようなので図鑑を調べた。
 茎が立っている、花の上唇が大きく二つに割れているなどの特徴から、タチキランソウ(立金傷小草)ではないかと思う。
 知らなかった花。
 そばに落ちているのはカラマツの松ぼっくりとカラマツの枯れ枝。
 つい先日まで目いっぱい着膨れて歩いた森にも、やっと春が。


 (2020年4月4日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2
スポンサーサイト



テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

斑雪(はだれ) / 春

2020/04/03 Fri

    あぶらちやん斑雪を踏んで手折り来し

        (あぶらちゃん はだれをふんでたおりきし)





    ひと枝のあぶらちやん挿し山家春 /むく

        (ひとえだのあぶらちゃんさし やまがはる)





 からまつの芽吹き (2020.04.02 山中湖村:山梨県)


 春の雪が降り積もり、雨が続き、三日ほどろくに散歩にも出られなかった。
 やっと天候が回復した今日は、三日の間に起きた木々の変化に目を奪われた。
 カラマツも芽吹いていた。



 アブラチャンの花 (2020.04.02 山中湖村:山梨県)


 先日一本だけ花が咲いていたアブラチャン(油瀝青)。
 今朝は小さな蕾や花を付けた木が、あそこにもここにもと、よく目に付いた。
 地味だが、まぎれもない春告げ花で、健気。



 気品 (2020.04.02 山中湖村:山梨県)


 名前は知らない木。
 紫の苞の美しさに思わず足が止まった。



 遅梅 (2020.04.02 山中湖村:山梨県)


 寓居がある館の庭の梅は、ようやく満開を迎えた。
 平地とは季節がひと月近く違うように感じる。


 (2020年4月3日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

雪しまく

2020/04/02 Thu

    山巓に自由あるらし雪しまく /むく

        (さんてんにじゆうあるらし ゆきしまく)




 ブログの更新をさぼってアップしていなかった写真から…。


 冬の鵙 (2020.01.03 富士吉田市:山梨県)


 富士山を眺めていたら。
 モズではなくタカだったら、きっとスーパーに飛んで行ったことだろう。
 ナスを買いに。



 寓居からの富士山 (2020.01.15 山中湖村:山梨県)


 去年は雪が少なかった山中湖。
 今冬はその埋め合わせのようによく降った。
 雪の中で暮らしたことのないガンコちゃんには刺激的だったようだ。



 いじわる雲 (2020.01.23 山中湖村:山梨県)


 ダイヤモンド富士が見られる筈だったが…。


 ヒレンジャク (2020.01.25 山中湖村:山梨県)


 いつも通る散歩道で。
 50羽ほど群れて、ヤドリギの実を啄んでいた。



 紅富士 (2020.02.06 山中湖村:山梨県)


 真冬の夜明けの湖畔で日の出を待つのは、ちょっとつらい…なんて贅沢は言えない。
 車中で暖をとりながらとはいえ、徹夜で待っている人たちもいる。



 料峭 (2020.02.23 山中湖村:山梨県)


 風雪…氷雪…。
 なんと形容したらいいのだろう。
 身も心もシャキッとする景色。


 (2020年4月2日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

令和元年山中湖俳句大賞「入選」

2020/04/01 Wed

    赤とんぼ自由であつたはずの空 /むく

        (あかとんぼ じゆうであったはずのそら)




  俳句と新型コロナウィルス

 二月のある日。
 届いた宅配の荷を開けると、中には化粧箱に詰められた赤と白の山中湖ワインのセット。
 差出人は「山中湖村教育委員会」となっている。
 令和元年の「山中湖俳句大賞」の特選に入賞した賞品だった。

 賞状に記された入選句、詠んだことも忘れていた。

 俳句で賞品をいただいたのは初めて。
 何も考えず、思い浮かんだまま詠んだのが良かったか。
 
 自慢にはならないが、俳句大会にはほとんど応募もしていない。
 「山中湖俳句大賞」へは、日ごろ楽しく過ごさせていただいている村への恩返しという思いもあって、たくさん応募した。
 まさに、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」である。
 
 山中湖俳句大賞(山中湖村教育委員会・風生庵支援協議会主催)に応募する方法は、村内七か所に設置されている俳句ポスト(投句箱)に投句する方法に限られる。
 つまり、山中湖に来ないと応募出来ない。

 私が知っている俳句ポストは、村営日帰り温泉「紅富士の湯」、山中湖にも縁の深かった俳人富安風生を記念する「風生庵」(情報創造館)の二つ。
 他にはどこに設置されているのだろう?
 「石割の湯」というもう一つの村営日帰り温泉、四季折々の花と富士山の眺めが美しい「山中湖花の都公園」などにはありそうだ。
 宣伝めいたことはほとんどしていない(ように思える)地味な俳句大会だが、村の教育委員会に問い合わせれば、俳句ポストの七つの設置場所を教えてもらえるかと思う。

 私が投句するのは、寓居があるリゾートマンションの大浴場が休みの日に行く「紅富士の湯」。
 寓居にも浴室はあるが、目の前に聳える富士山を見ながら広い風呂にゆっくり浸かるのが一番だ。
 大抵は湯に浸かりながら句を案じて、帰りに投函してくる。

 新型コロナウィルスの感染拡大が案じられるようになった二月以降、その紅富士の湯にもほとんど行かなくなった。
 月二回の山中湖村の俳句会も、三月初めから中止が続いている。
 かねて一度は訪ねたいと思っていた笛吹市の「山廬」(飯田蛇笏・龍太の父子俳人を生んだ飯田家にある記念館)で、黒田杏子(くろだももこ)先生の講演が企画されていたので行ってみようと思ったが、その講演会も中止になった。

 私は「雛」という東京の俳句結社(福神規子主宰)に所属している。
 その「雛」の東京での吟行句会も、横須賀での先師高田風人子先生の一周忌吟行句会も中止となった。
 「雛」に限らず、日本じゅうの結社のほとんどの句会は開催中止を余儀されているのではないだろうか。

 ウィルス禍は多方面に深刻な影響を与えている。
 中国からの部品の入荷が滞っているために国内で最終製品化出来ないという業界もある。
 私事だが、昨年末から練ってきたリフォーム・プランがやっと出来上がったと思ったら、こんどは輸入建材が一部入荷しないという問題に直面。
 工事予定が遅れ、いまだに秦野の団地に転居出来ないでいる。
 トイレのないマンションには住めない。

 秦野は富士山同様に大好きな、桜が美しい町。
 楽しみにしていたその桜の開花には間に合うと思ったのだが。

 地球規模のパンデミックになってしまった新型コロナウィルスの感染拡大。
 自然発生したウィルスなのか、それとも人工のものなのかは不明だが、どちらにしても人類の在りように対する新たな警鐘とは言えようか。

 文明の発達によって、私たちはかつてなく高い利便性を享受出来るようになった。
 しかし同時に、それはウィルスにとってもまことに都合のいい時代になったと言えるようだ。

 皆さま、どうぞ自衛に最大の注意を払い続けられますよう。





 入選句の賞状 (2020.04.01 山中湖村:山梨県)


 (2020年4月1日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

マスク

2020/02/09 Sun

    幸ひにマスクの備へウィルス禍 /むく

        (さいわいにますくのそなえ うぃるすか)




  ある雪の日


 雪の忍野へ…まず忍野浅間神社にお詣り (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 観光コースの一角にある神社だが、人の姿はまばら (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 合格祈願かな…会社か、学校か (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 もっと雪まみれの貌を期待したのだが (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 富士山の湧水を集めて流れる桂川 (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 忍野八海の観光ではあちこちで橋を渡る (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 桂川は相模湖へと注ぎ、そこから相模川となる (2020.01.18 忍野村:山梨県)




 心やさしい村の人が置いている藁ぼっち (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 足跡のない雪道を辿って水辺へ (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 みちのくの故郷が懐かしくなる場所 (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 動力ポンプが普及するまでは日本中で活躍していた水車 (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 中国からの団体旅行客で一年中賑わう忍野八海 (2020.01.18 忍野村:山梨県)



 この人たちの笑顔が曇る日が目の前に迫っていたとは… (2020.01.18 忍野村:山梨県)


 (2020年2月9日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

重ね着

2020/02/08 Sat

    重ね着の尻のポケット前にある /むく

        (かさねぎのしりのぽけっと まえにある)





 シジュウカラ (2020.01.19 山中湖村:山梨県)


  コロナウィルス

 山中湖には限るまいが、立春が過ぎたら一段と寒くなった。
 昨日、今日と、朝は氷点下10度を下回った。
 やっと、この季節の山中湖らしい気温になった…と、嬉しくもある。

 が、恐れていたことが起きてしまった。
 …と言っても、新型肺炎にかかった訳ではない。
 あわてて穿いたオーバーズボンのこと。

 うしろ前だと気づいたのは3kmほど歩いてからだった。
 道理で、いくら頑張って歩いてもガンコちゃんに遅れるわけだ。

 雪のない乾いたアスファルトの道で雪靴を脱いで、オーバーズボンを穿き替えた。
 ちょっと恥ずかしかった。
 …いや、道端に立ってそれを見届けているガンコちゃんは、もっと恥ずかしかったかも。

 明日、横浜の娘のところに行く予定だったガンコちゃんは、高速バスをキャンセルした。
 高齢者ほど感染し易いというコロナウィルス。
 用心のため。



 シジュウカラ (2020.01.19 山中湖村:山梨県)


 (2020年2月8日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

氷点下 / 冬ぬくし

2020/01/06 Mon

    エンジンよ回れと祈る氷点下

        (えんじんよまわれといのる ひょうてんか)





    冬ぬくしほど良き富士の見ゆる町 /むく

        (ふゆぬくし ほどよきふじのみゆるまち)





 マックの駐車場にジョウビタキ! (2020.01.06 秦野市:神奈川県)


  標高と気温

 所用で今日も秦野へ。

 山中湖の標高は海抜約1,000メートルで、寓居の標高は少し高くて1,050メートル近く。
 神奈川県秦野市のこれから住むことになる団地の標高は海抜約150メートル。
 
 気温は標高が100メートル高くなると0.6℃低くなるという。
 1,050メートルと150メートルの差は900メートル。
 気温差ΔTは、理論上では900×0.6で5.4℃ということになる。

 山中湖の寓居を出発したのは午前9時。
 車のメーターが示す外気温はマイナス3℃だった。
 秦野に着いたのは午前10時半頃。
 到着時の外気温は覚えていないが、昼過ぎには14℃になっていた。
 一方、山中湖の最高気温は、ネットで見ると5℃だったそうだ。
 (マイナス9℃を実測したという人もいるが。)

 理論上は…
 ΔT(℃)=(1,050-150)÷100×0.6=5.4
 …となるが、実際の気温差は、時間差を加味しても10℃前後はあったのではないか、と思う。

 この違いの理由をどう説明するか…。
 気象学者などでは毛頭ない私の説明はこうだ。
 「富士山は巨大な冷蔵庫」。

 山梨県の全市町村の中でも最も気温が低いとされる山中湖での冬の暮らしは、富士山という冷蔵庫の前に座っているように凛として快適。
 富士山冷蔵庫の蓋が、日が昇ると少しづつ閉まり、日が沈むと開く。

 …あぁ、なんという稚拙な譬え。
 ΔTなんか持ち出すんじゃなかった。


 (2020年1月6日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

五日

2020/01/05 Sun

    大計のほころび始む五日かな

        (たいけいのほころびはじむ いつかかな)






    エレベーター使はず上る五日かな /むく

        (えれべーたーつかわずのぼる いつかかな)





 いつもアニメキャラだね、アカゲラ (2019.12.28 山中湖村:山梨県南都留郡)


  一年の計

 世間さまは、おおよそ明日が仕事初めか。
 いちばん先に目に触れて欲しいことはその前に…と、慣れないことをちょっと頑張った。
 その甲斐があったかどうか、神さまの審判が下るのはまだ先。(大げさ!)

 住み替えの計画を三次元言語(?)で作ったところ、「分かりにくい!」とガンコちゃんにリジェクトされた。
 で、不承不承ながら二次元的言語で作り直した。

 「うんうん、分かりやすい!」とガンコちゃんは言うのだが…。
 分かりやすさとかが問題ではなく、私はただ…
 毎晩、床の間を枕に寝てみたい…だけなのです。
 したことがないので。

 明日また苛められるぞ。。。
 枕は低く…。


 (2020年1月5日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

初電話 / 松の内 / 蜜柑(みかん)

2020/01/04 Sat

    誰よりも姉の恋しや初電話

        (だれよりもあねのこいしや はつでんわ)





    妹へ寅さんめきて初電話

        (いもうとへ とらさんめきてはつでんわ)





    初電話世間の父に遠き吾

        (はつでんわ せけんのちちにとおきわれ)





    出自なり餅には飽きぬ松の内

        (しゅつじなり もちにはあきぬまつのうち)






    蜜柑の香しばらく灯油焚きをりて /むく

        (みかんのか しばらくとうゆたきおりて)




 
 雌キジ(左)の後から雄キジ(右)も現れ、ラッキー♪ (2020.01.03 富士吉田市:山梨県)


 (2020年1月4日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

お年玉 / 年の酒 / 豆きんとん / 初詣 / 寒鯉(かんごい) / 白鳥

2020/01/03 Fri

    罪なれや野鳥へ餌のお年玉

        (つみなれや やちょうへえさのおとしだま)





    無調整豆乳年の酒代はり

        (むちょうせいとうにゅう としのさけがわり)





    悪道へ堕ちゆく快楽豆きんとん

        (あくどうへおちゆくけらく まめきんとん)





    かしは手の揃ひし今年初詣

        (かしわでのそろいしことし はつもうで)





    御神酒は「甲斐の開運」初詣

        (ごしんしゅはかいのかいうん はつもうで)





    徒歩なればこその御神酒や初詣

        (かちなればこそのおみきや はつもうで)





    寒鯉へ餌の狙ひの定まらず

        (かんごいへ えさのねらいのさだまらず)





    鯉の餌みな白鳥にとられけり /むく

        (こいのえさ みなはくちょうにとられけり)





 紋付袴の雄のジョウビタキ (2020.12.28 山中湖村:山梨県南都留郡)



 湖畔のお元日 (2020.01.01 山中湖村:山梨県南都留郡)


 (2020年1月3日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
男性。岩手県生まれ宮城県育ち。約10年間の海外生活を除き首都圏の各地を転々。商社勤務の後、産業技術英語通訳・翻訳者。現在はほぼ引退し、愛妻ガンコちゃんと二人暮らし。主な発信地は山梨県山中湖村。俳句は2000年から。いつもあと5kg痩せたい♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR