渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~渡邊むく俳句ブログ~まあおたいらに~
FC2ブログ
若葉寒灯油の匂ふ杣の家

滴り / 涼し

2019/05/26 Sun

    胸に秘す滴る森の鈴虫草

        (むねにひす したたるもりのすずむしそう)



    めづらしき野のものを野に見て涼し /むく

        (めずらしきののものをのにみて すずし)




 スズムシソウの花 (2019.5.24)


 先日覚えたばかりで、まさか出合えるとは思っていなかったスズムシソウ(鈴虫草)。
 アツモリソウ(敦盛草)同様、盗掘による絶滅が危惧されているという野生ラン。
 園芸店などで売られているとすれば、盗掘されたものである可能性が高いという。
 詳しくは
こちら
 俳句の季語にはないようだ。

 秘すべきものは他にもいろいろ。
 「人間だから。」
 …都合の良い言葉。


 (2019年5月26日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村
 FC2
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

老鶯(ろうおう) / 滝 / アイスコーヒー

2019/05/26 Sun

    老鶯や四十九日を旅に寝ね

        (ろうおうや しじゅうくにちをたびにいね)



    滝怒涛こんなところに芭蕉さん /むく

        (たきどとう こんなところにばしょうさん)




 田原の滝 (2019.5.25 都留市:山梨県)


 1句は席題の「老鶯」を、風人子先生を偲び。
 
 山中湖村の句友の皆さんと「都留市ふれあい全国俳句大会」へ。
 締切日に2句ひねり出して投句したが、入選はしていない。
 選者は一般の部が稲畑汀子、 井上康明、 大串章、 黒田杏子、 高野ムツオ、 西村和子、 星野高士、大学生・高校生の部が長谷川櫂、正木ゆう子の各先生方。
 復本一郎(ふくもと・いちろう)先生(神奈川大学名誉教授)の、『子規の内なる芭蕉』と題する講演を拝聴。
 碩学らしい素晴らしいご講演で、我が意を強くするところも大きかった。

 俳句大会の会場となった都留市中央公民館へ向う途中、桂川の「田原の滝」を望む橋で足を止めた。
 富士山の雪解の今が一番水量が多いのであろうか、雄渾な瀑布。
 滝を周囲の溶岩が作り出した柱状節理は風化によって崩れ、補修工事を繰り返して現在の景観に整備されたようだ。
 半人工の滝と言えなくもないが、砂防堰を残存している柱状節理様にデザインするなど、周囲の景観に溶け込むよう工夫がなされている。
 見事な再生事業であり、地域の人々に深く敬意を表したい。



        勢ひあり氷消えては瀧津魚 /芭蕉

 江戸大火の類焼によって焼失した深川の芭蕉庵が再建されるまでの間、しばらく谷村(都留市)に身を寄せた芭蕉が、田原の滝で詠んだとされる句。冬は氷瀑となったのだろう。都留市を流れる桂川の佐伯橋のたもとに句碑と芭蕉像が建てられている。平明な掲句から、ふと全くの初学を含む谷村藩の人々に俳諧発句を説き作句を指導している芭蕉の姿が思い浮かんだ。(むく)


    アイスコーヒー選に洩れての句座帰り /むく

        (あいすこーひー せんにもれてのくざがえり)


 (2019年5月25日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

郭公(かっこう)

2019/05/24 Fri

    郭公や妻は左を吾は右を /むく

        (かっこうや つまはひだりをあはみぎを)




 雪解富士 (2019.5.24 山中湖村:山梨県東都留郡)


 久しぶりに富士山がよく晴れた。
 今年初めての郭公の声も。



 貸し農園 (2019.5.24 花の都公園:山梨県東都留郡山中湖村)


 貸し農園の草を引きに。
 これからは雑草の伸びが早い。
 去年のことを教訓に、畝の間に防草シートを敷いた。
 ツルインゲンに支柱を立て、棚を作った。
 もう少し芽が伸びたら、棚に網を懸けることにしよう。
 日に焼けた。



        うしろむく人もありけり郭公 /正岡子規

 明治のころは「郭公」と書いて「ほととぎす」と読ませることも多かったようだ。この句も然り。カッコウもホトトギスも、分類的には同じ科の鳥。鳴き声を聞かず、目で見ただけで即座に区別するのは難しい。(むく)

 (2019年5月24日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

新樹

2019/05/23 Thu

    宮新樹安産祀る句碑一つ /むく

        (みやしんじゅ あんざんまつるくひひとつ)




 富安風生句碑 (2019.4.23 山中諏訪神社:山梨県東都留郡山中湖村)



 風生句碑解説 (2019.4.23 山中諏訪神社:山梨県東都留郡山中湖村)



 山中諏訪神社 (2018.6.5 山中湖村:山梨県東都留郡)


 山中諏訪明神(諏訪神社)には「安産祭」という一風変わった名前の祭がある。
 祭が行われるのは毎年9月の4日と5日の両日で、曜日は関係しない。

 諏訪明神を出発した「明神神輿」と呼ばれる本神輿と「御山神輿」と呼ばれる富士山をかたどった神輿が村道を練り歩く。
 二つの神輿は宵宮には御旅所に置かれ、翌日諏訪神社に宮入りする。
 宮入りのときには、男衆が担ぐ神輿の後に、安産を祈願する村の女性たち、全国各地から集まってきた女性たちが、それぞれ前の人の肩に手を載せて、長い列をなして連なる。

 去年の宵宮は大変な台風渦で、村の半分が停電。
 夜遅くになって雨風が幾分弱くなった。
 やがて真夜中を過ぎようかという時刻に、御旅所へ向かう神輿の掛け声が聞こえてきた。
 中止にはならなかったのか…なんという情熱だろう…と、揺れる蝋燭の灯の中で、私は伝統を絶やすまいとする村の人たちの執念に驚かされた。

 風生はどんな安産祭を目にしたのだろう。



        女とは母とは安産まつりかな /富安風生

 繰り返し鑑賞すればするほど味わいの深くなる一句。(むく)

 (2019年5月23日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

深山桜(みやまざくら)

2019/05/22 Wed

    葉より出で花へと深山桜かな

        (はよりいではなへと みやまざくらかな)



    山上湖望みて深山桜かな /むく

        (さんじょうこのぞみて みやまざくらかな)




 ミヤマザクラ (2019.5.22 山中湖村:山梨県東都留郡)


 山中湖の寓居があるマンションの庭に見慣れない白い花が。
 何だろうと思いながら傍に行って観察。
 一昨日のこと。


 
 ミヤマザクラ (2019.5.20 山中湖村:山梨県東都留郡)


 桜らしいが、葉が繁ってから花が咲いたようだ。
 蕾の頃には気付かないでいた。


 
 ミヤマザクラ (2019.5.22 山中湖村:山梨県東都留郡)


 昨夜インターネットで調べて、ミヤマザクラ(深山桜)だと分かった。
 先日花の都公園の園外にクマガイソウを観に行ったときに蕾のミヤマザクラを見てはいたのだが、しっかり覚えていなかった。
 「一番遅く咲く桜です」とネイチャーガイドも説明してくれたのだが、開花しないと印象が薄いものらしい。
 ましてや葉が繁ってから咲く白い桜では。

 …どこか身につまされる花。


 (2019年5月22日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

山芍薬(やましゃくやく)

2019/05/22 Wed

    山芍薬陽のまだらなる草の間

        (やましゃくやく ひのまだらなるくさのあい)



    山芍薬けふは閉ぢをり樹雨落つ /むく

        (やましゃくやくきょうはとじおり きさめおつ)




 ヤマシャクヤク (2019.5.15 山中湖村:山梨県東都留郡)


 
 
 ヤマシャクヤク (2019.5.15 山中湖村:山梨県東都留郡)



 ヤマシャクヤク (2019.5.16 山中湖村:山梨県東都留郡)



 ヤマシャクヤク (2019.5.16 山中湖村:山梨県東都留郡)


 (2019年5月22日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

雪解富士(ゆきげふじ) / お田植

2019/05/21 Tue

    雪解富士水田に雲の動かざる

        (ゆきげふじ みずたにくものうごかざる)



    お田植の明日と芥を掬ひをり

        (おたうえのあすと あくたをすくいおり)



    お田植や町住みの子も孫も来て /むく

        (おたうえや まちずみのこもまごもきて)




 代田 (2019.5.17 上吉田:山梨県富士吉田市)


 
 代田 (2019.5.17 上吉田:山梨県富士吉田市)



 お田植 (2019.5.19 上吉田:山梨県富士吉田市)



 子も孫も (2019.5.19 上吉田:山梨県富士吉田市)


 上の写真はそれぞれの水田所有者様の許可を頂いて撮影しています。
 畦からの撮影をお許しくださった所有者様、ご一家お揃いでの田植光景の撮影をお許しくださった皆様、ありがとうございました。

 水田は私有地です。
 畦(あぜ)を壊すなど所有者様に迷惑をおかけする惧れがありますので、無許可での立入りは慎みましょう。


 (2019年5月21日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

黄鶲(きびたき)

2019/05/20 Mon


 キビタキ (2019.5.20 山中湖村:山梨県南都留郡)


 今日撮ったキビタキ(♂)。
 山中湖の寓居でキビタキの声が聞こえ始めたのは4月25日頃。
 以来何度か撮ったキビタキの写真を、時系列的に下にまとめる。


 


 上の画像は左右ともキビタキ(♀)。
 4月28日、山中湖の寓居の近くで撮影。


 


 キビタキ(♂): 5月1日、山中湖の寓居周辺で撮影。
 写真は♀→♂の順になったが、キビタキが東南アジアから日本に渡来するのは♂→♀の順だと言われている。
 ♂には縄張りを決め巣を作る仕事があるからか。


 


 キビタキ(♂)。
 (左) 5月15日、山中湖の寓居周辺で撮影。
 (右) 5月17日、富士山登山道(富士吉田市)で撮影。


 


 キビタキ(♂): 左右とも5月17日、富士山登山道(富士吉田市)で撮影。

 


 キビタキ(♂)。
 (左) 5月17日、富士山登山道(富士吉田市)で撮影。
 (右) 5月18日、山中湖の寓居近辺で撮影。
 孵化したばかりのような翅のある虫を捕まえた。


 


 キビタキ(♂)。
 (左)(右)とも5月18日、山中湖の寓居周辺で撮影。
 (左) 首を大きく振り回して、虫を何度も枝に叩きつける。


 


 キビタキ(♂): 5月18日、山中湖の寓居周辺で撮影。
 (左) 捕えた餌はすぐには食べようとせず、どこかへ運ぼうとしているようだ。
 (右) その様子を、♀のキビタキが近くの木の枝で見守っていた。
 いわゆる「求愛給餌」かと思う。



 キビタキ (2019.5.18 山中湖村:山梨県南都留郡)



        黄鶲の夕日まみれの歌つづく /堀口星眠

 黄鶲は夏鳥。朝が早い鳥たちの中でも黄鶲の朝が特に早いと感じるのは、あのよく通る美しい囀りのせいだろう。標高千メートルの山中湖の五月の早朝は寒いが、標高四五〇メートルの御殿場の仮庵では、黄鶲の声を聞きたいばかりに、朝起きると顔を洗うよりも厠に立つよりも先に、いの一番に居間の大窓を開けたものだった。黄鶲は日が沈んだあとも辺りが夕闇に包まれるまで鳴きつづける。その声を聞いているだけで幸せな気持になれる。(むく)

 (2019年5月20日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

富士雪解(ふじゆきげ) / マロニエ咲く

2019/05/19 Sun

    富士雪解茄子植ふべきか待つべきか /むく

        (ふじゆきげ なすううべきかまつべきか)




 棚曇 (2019.5.13 山中湖村:山梨県南都留郡)



 五月富士 (2019.5.11 山中湖村:山梨県南都留郡)



 富士雪解 (2019.5.11 山中湖村:山梨県南都留郡)



 チューリップ (2019.5.11 山中湖村:山梨県南都留郡)


日 記 2019年5月19日(日)

 横須賀に忘れてきたと思った『俳句界』5月号の投句用紙が出てきた。
 明後日ぐらいから一度横須賀に帰るつもりだったが、帰らずともよくなった♪

 借りている花の都公園の小さな菜園にナス、甘トウガラシ、ズッキーニ、トマトの苗を植えた。
 先に植えたジャガイモは芽を出し、順調に育っている。
 今日、芽欠きを行った。
 トウモロコシ、インゲンも目を出し始めた。
 ネギも元気。
 去年は出来が良くなかったトウモロコシ。
 今年は元気に育って欲しい。

 夜、テレビの天気予報を観ると、明日は雨で日中最高気温は15度だそうだ。
 ナス、だいじょうぶかなぁ。
 特にナスだけは心配だったのだが、横須賀に帰らなくても良くなったら、つい嬉しくなって苗を買い、植えてしまった。
 仕方がない、駄目そうだったら早めに諦めて苗を買い直そう。
 遅霜だけは降りないで欲しい。



 マロニエ (2019.5.09 参宮橋:東京都渋谷区)



    飲みさしを提げマロニエの咲く大路 /むく

        (のみさしをさげ まろにえのさくおおじ)



 (2019年5月19日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

リラの花

2019/05/17 Fri

    吾子去りて山湖に二人リラの花

        (あこもさりてさんこにふたり りらのはな)



    愛しめり花ととのひし白きリラ /むく

        (いとしめり はなととのいししろきりら)




 ライラックの花 (2019.5.15 山中湖村:山梨県南都留郡)


 私の来し方の中では身近に接したことのなかった花、ライラック。
 山中湖の湖畔には、道の一部がライラックの並木になっているところがある。
 近年植えられたもののようだが。

 リラ(lilas)はフランス語名で、ライラック(lilac)は英語名。
 『リラの花咲く頃』という古い歌謡曲も知ってはいたが、私が最初に親しみを覚えたのは英名のライラック。
 オードリーヘップバーン主演のミュージカル映画『マイフェアレディ』の劇中歌“On The Street Where You Live”(君住む街角)を覚え込んだ時であった。
 将来は英語で身を立てようと考え始めた高校生時分のことである。

 … Are there lilac trees
 In the heart of town?
 Can you hear a lark
 In any other part of town?
 Does enchantment pour
 Out of every door?
 No, it’s just On the street
 Where you live.

 


 白いライラックの花 (2019.5.15 山中湖村:山梨県南都留郡)


日 記 2019年5月17日(金)

 富士吉田の富士散策公園、農村公園を少し歩いたあと、ガンコちゃんと一緒に野鳥を観ながら、標高1,100メートルの「中の茶屋」から標高1,300メートルの「大石茶屋跡」まで歩いた。
 途中二組の外国人に出会った。
 一組は動画を撮りながら一人で歩いていたフランスの青年で、英語は苦手のようだった。
 もう一組は女性一人を交えた五人組のアメリカの青年たちで、午前11時を回った頃だった。
 元気な足取りで私たちを追い越して行く。

 “You guys are strong. To where?”
 "To Gogo-me."
 "From now?"
 "Are you suspicious that we can't make it?"
 "No, I'm not. I believe that you will follow your setup time. Good luck!"

 ※ 英語のyouは一人の相手を指しているのか複数の相手を指しているのか不明の場合がある。
 上のケースがまさにそれに当たる。
 "you guys"はそれを明確にするためのネイティヴがよく使う表現。
 "You guys are strong."は「みなさん元気ですねー」ぐらいの意味。
 汗を流して頑張っている人たちに激励の気持を込めて声掛けする時にはピッタリ。
 一般にカジュアルな表現と思われているが、必ずしもそうとは言えない。
 むしろ複数の相手に声を掛けているのだなと理解してもらえる。
 そんな言い方が出来る日本人に出会うことは少ないので、かえって好感度がアップすると期待していい。
 自信を持って使ってみることをお奨めする。

 "You guys are tough."では「みなさん手ごわいですね」の意味が強まるので、ダメ。
 "You are tough."なんて言うと、「あなたは手に負えない(食えない)人だ」という意味になるので、もっとダメ。
 日本人同士の会話では「タフ」を「元気」という意味で使うが、英語でもそれが正しいと思って"tough"を誤用している人をよく目にするので、注意として記した。

 万歩計は1週間で5万歩強。
 まずまず。
 Yet climbing up Mount fuji is so tough.
 (それでも富士山を登るのはとても大変だ。)


 (2019年5月17日 山中湖にて)


 ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング: 日本ブログ村  FC2

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

渡邊むく

Author:渡邊むく
産業技術英語通訳・翻訳者。男性。岩手県生まれ宮城県育ち。人生の大半は首都圏暮し。海外生活約10年。俳句歴:2000年より。主な発信地:神奈川県横須賀市、山梨県山中湖村。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR